2016/06/03
「ファ〜ン!」という爆音(ストレス刺激)を聞いていただいた時に、普通だったらストレスホルモンを分泌させるためのホルモンが脳から分泌される。すると、心臓がバクバクして「なんだ!この野郎!」とアントニオ猪木のテーマ曲が頭に流れる(猪木ボンバイエ!猪木ボンバイエ!)。
ストレスホルモンで戦闘態勢になったり、一目散に逃げる態勢ができる。

検査をしていて、ストレス刺激直後にはちゃんとストレスホルモンが分泌されて、15分後に測ってみるとストレスが無い状態にホルモンが戻る。でも、40分後に測ってみると「あれ!ストレス直後と同じぐらいストレスホルモンが分泌されちゃってる〜!」というのパターンを”共依存タイプ”と命名した。

このタイプの方は常に人のことばかり考えている。だから「ファ〜ン!」という爆音を聞いたら「○○ちゃんがこれを聞いたら大変!」とストレスホルモンが分泌される。そして一旦ストレスホルモンが刺激前の状態に戻っても、後からストレスホルモンが分泌されてストレスが消えなくなってしまう。

近所の「いや〜ね!あのうちの○○さんは〜!」といつも人のうわさ話ばかりしているおばちゃんに、ゴミ出しのことで注意をしたら「だって○○さんだってちゃんとできていないじゃないですか!」と逆切れされる。この時点では”他人から注意される”というストレス刺激に反応しているかのように見える。でも「○○さんだって」と他人を立ててしまうから、本人のストレスはその場で処理されず、後からストレスホルモンが分泌されて「あの野郎にあんなことを言われた〜!」と逆恨みになる。さらに、ストレス反応時に「○○さんだって」と”他人”にすり替わってしまっているので、本人には学習されない。だから、注意されてもゴミ出しのマナーは修正されずに同じことを繰り返す、という仕組みがこれになる。

性格が悪いとかではなくて、出産時の母親のオキシトシンの分泌量でこのような反応になっちゃう。

でも、もっとちゃんと言ってしまうと、母親のオキシトシンの分泌量だけではこのような反応にはならなくて、共依存の遺伝子を持っていて、オキシトシンの分泌量の問題からのネグレクト状態で遺伝子のスイッチが入るとこのような反応になるのでは?という仮説がある。

なぜこの仮説を立てたかというと、

共依存の遺伝子を唱えた後に「あ!人間の姿がちゃんと見える!」となった(やっぱり僕にも共依存の遺伝子があった〜!だからこんな仕事をしているのか〜!きゃ〜!あは!)。

そして、他の方にも唱えていただいたあとに”人間”ってイメージしてもらったら「あ!目の前の大嶋さんが見える!」と仰っていただけたから(僕って人間だったんだ〜!やった〜!やっと人間になれたぞ〜!)。

成長ホルモン関係の遺伝子でもオキシトシン関連の遺伝子でもちっとも変わらなかった”人間”のイメージが、ご本人も知らないまま共依存関連の遺伝子を唱えたとたんに3Dの人間がイメージできるようになった、というのは興味深かった。

それも後になってびっくりするのが、人間に見えるようになる遺伝子コードはすべて、オキシトシンの効果を阻害するかもしれないβカロチンの代謝に関連するものだった。

何で、こんなに難しい話を書いちゃっているのか〜!

みんなさんの脳に引っ張られている〜!

本当は、もっとアホなのに〜!

きゃ〜!
 

2016/06/02

トラウマちゃんの本にも書いたが、赤ちゃんの時に精神的なネグレクトをされちゃうとストレス刺激に適切に反応できなくなる。

高校の頃に、街で不良連中に絡まれて町の裏に連れて行かれた時に、なぜか私はヘラヘラしてしまった。
多分、普通の人だったら怯えるのだろうけど、ストレス刺激でストレスホルモンが逆に下がってしまう。だから、緊張しなければいけない場面で緊張できなくなって力が入らなくなりヘラヘラして「おまえ!おれたちをなめてるだろ!」といちゃもんをつけられて殴られた。
「馬鹿にしてヘラヘラしているわけじゃないんです!」、「ストレス刺激で普通の人とは逆の反応をしてしまうんです!」なんてその時は分からなった。ずっと、自分のその反応が疑問だったが、ストレス刺激検査をやってみて「やっぱりそうなんだ!」と分かった。

だから、試験の時に「はい!始め!」と言われた瞬間に頭が真っ白になって、それまで覚えたことが全部抜けてしまったりする。
試験勉強をしなければ!と思ったら、普通だったら気合を入れて集中できるはずが、できない。
”試験勉強”というストレス刺激でストレスホルモンが分泌されれば集中できるのだが、脳の機能が壊れてしまっているために、分泌量が下がってしまうから「まあ!どうでもいいや!」と投げやりになり、足のつめの手入れに専念してしまったりしていた。

結局、これも生まれた順番が関係しているということになる。
第一子で男子だったら母親の遺伝子で母親は授乳時に「オキシトシンの分泌〜!」となるから「愛情を持って抱きしめられている〜!」となる。
第二子男子だったら父親の遺伝子だから母親は「オキシトシンがあまり出ない!」となって「あれ?冷たいぞ!愛を感じられないぞ!」となってしまう、なんていう仮説である。

母親のオキシトシンの分泌量により、精神的なネグレクト状態が作り出されて、脳の緊張のホルモンの分泌のタイミングの調整機能が壊れてしまう。本来出されるべき時に緊張のホルモンが出されずに、必要ない時にドバドバと分泌されて嫌なことを次から次へと思い出させて不快の沼へと引きずり込む。

そして、同時に母親のオキシトシンの分泌量の問題で、他人が”人間”と認識できなくなる。

だったら、オキシトシン関連の遺伝子のスイッチに問題があるから”人間”に見えなくなってしまっているのでは?と仮説を立ててオキシトシンに関連する遺伝子を唱えてみたら、影から今度はスライムみたいなドロドロが噴出してくる化け物に変身してしまった(ホラーじゃ〜!)。

「お〜!マッドサイエンティストみたいだ〜!」

影から化け物に変身したのなら、遺伝子のコードは有効かもしれない!(ってどんだけ楽観的なんだ〜!)

「だったら成長が止まってしまっているのでは?」と成長ホルモンに関連する遺伝子も試したら、湯煙の中の女の人の後頭部だけが見えてきた(なんじゃそりゃ!)。遺伝子のコードと出てくるイメージの関連性が全く分からない。
まあ、影とかスライムよりはましか、と思いながら、次々と試したがあまり変わらなかった。

(つづく)
 

2016/06/01
素晴らしいレビュー!をありがとうございます。

絆創膏のお話は素敵なスクリプトですね〜!
催眠のお師匠さんのようなスクリプトが込められていて、ちょっとびっくり。
そして、うれしくなってしまいました。

無意識さんとつながるって素敵ですね。

本当にありがとうございます。

こうして皆さんに応援していただいているので、私もつい「本で書くのにとっておこう!」と思っているネタをいつの間にかブログに書いてしまっています(あれ〜?私も皆さんのスクリプトでいつの間にか動かされいている〜!)。

感謝です!

大嶋 信頼お礼
 

2016/06/01

生まれた順番で授乳時の母親のオキシトシンの分泌量に変動が起きて「愛されていた」か「愛されていなかった」の感覚が変わる、と仮説を立ててみると面白い。
そして、母親と同じ遺伝子でないとオキシトシンの量が変わって「愛されていなかった」となり、0−1歳の発達課題である「人間に対する信頼感」に問題が生じて目では自分と同じ人間を見ることができるのに、感覚的に「自分と同じ人間」という認識ができなくなってしまう。

感覚的に自分以外は”家畜”だったり、類人猿だったり、トイレのマークだったりする。

「アニメの少女しか愛せない!」と言っていたりするのを普通の人は理解できない。
「生きている人間の女の子の方がいいじゃない!」と突っ込みたくなるが、本人にとって”人間”は”ゾンビ”の認識だったら「接触するのが気持ち悪い!」となってしまうから「アニメの方がいい!」となるわけである。

ペンライトを振ってアイドルを応援しているときは”神聖化”していて、拒否されたりすると「この悪魔が〜!」となって”こき下ろし”に変わってしまうのは「自分と同じ人間」と見えていないから。
相手が自分と同じように痛みを感じるとか、不快感を感じる、なんて認識が持てないのは「自分と同じ人間である」と思えないから。だから酷いことを言っちゃったりやっちゃったりする。

でも、0−1歳でそれがセットされてしまっているので自分でその認識を変えることは困難である。

「”理想化とこき下ろし”を繰り返しているから人と親密になれない」と多くの人は思っているのだが、実際は、相手のことを”人間”として認識できないから親密になれない。

どうしたら人間に見えるようになるのだろう?と考えた時に、ストレス刺激検査の結果のことが思い浮かんだ。

普通の人だったら、ストレス刺激でちゃんとストレスホルモンが上がって、そして時間の経過とともにストレスホルモンは減っていく。
人間関係で苦しんでいる方々は、普通の人と逆の反応をしてしまったり、ストレスホルモンが全く動かなくて、家に帰ってリラックスをしたときに急激に上がってしまって「あの野郎!」と怒りが収まらなくなってしまう。

もしかして、そこにヒントがあるのかもしれない、と考えた。





 

2016/05/31
レビューを書いてくださってありがとうございます。
書いてくださって本当にうれしいです。
みなさんの苦しみから生み出された手法なので、本当に興味深いです。
みなさんの脳って本当に素晴らしい!

回避性人格障害の遺伝子コードは687個あってその中でも、不安が止まらない「HTR2Aの還元」や嫌なことを考えるのが止まらない「SLC6A4の還元」などがあります。「もう嫌!」と半分切れて逃亡しちゃうタイプは「MAOAの還元」か「COMTの還元」になります。

視線恐怖症は、婦人科系のホルモンである「PRLの還元」があります。そしてやっぱり人の目を見た瞬間に嫌なことを考えてしまう「SLC6A4の還元」や、上下関係を自動的に決めてしまう「DRD2の還元」もあったりします。自分を傷つけてしまう傾向の人は「TPH1の還元」が有効だったりします。

回避とか人の目がというのもものすごく深くて、脳内の電気発射の問題だったり、動作性と言語性知能のバランスの問題でもこの問題が起きたりするので奥が深いです。

ここらへんも出版社の方が許してくださるならば本にしたいです。
ものすごく面白いんですよ!!本当に。

ありがとうございます。

大嶋 信頼お礼

2016/05/31

学生時代にアドラーの勉強をしていた時に、第一子、第二子、第三子の話が面白かった。
アドラーのセオリーをものすごく短縮してしまうと、次男はダメダメっ子になる、ということだった。
実は、アドラーも次男で、長男と三男は母親から愛されていてアドラーは母親から注目されなかった、という話が出てくる。

一般の人だったら「親はどの子どもでも大切に思っているから、それはあなたの甘えでしょ!」と言う。

臨床をやりながら、クライアントさんの家系図を取るようになると一つのパターンが見えてくる。
第一子が長男の場合は、母親の遺伝子を受け継ぎ、長女の場合は父親の特徴的な遺伝子を受け継いでしまう。

第二子になると母親と父親の遺伝子の特徴が入れ替わる。

アドラーの兄弟の場合。
長男=母親、次男=父親、三男=母親となる。

女性の姉妹の場合
長女=父、次女=母、三女=父となる。

混ざっている場合はちょっと複雑だから
長男=母、長女=母、次男=母と男女が入り混じると順番が変わる。
またそれはそのうち書きますね。メンデルの法則を思い出す。

母親は同じように子供に注目しているつもりなのだが、自分と同じ特徴の遺伝子を持っている子を抱きしめた時にオキシトシンが分泌されて、父親の遺伝子を持っているとオキシトシンの分泌量が変わるから、次男は「注目されていない!」となってしまうのでは?という仮説を立てた。

だったら私は長男なのになぜ?となるのだが、実は私の母親は死産をしているから、実質次男となる。
流産とか中絶とかしていても順番が変わってしまう。

母親のオキシトシンが分泌されると「人間だ〜!」と三次元の人間の姿が浮かび、人に対しての緊張感があまりなくなる。そして、オキシトシンが分泌されないと「母親から愛されていなかった〜!」という感覚が強くなって、人間と言われてもトイレのマークしか出て来なくなり、人前で安心感が得られない子になってしまう、と考えたら面白い。

だから、母親の意識はあまり関係なく、遺伝子の一致とホルモンの分泌が関係している、となると興味深い。


 

2016/05/30
アマゾンでレビューを書いてくださってありがとうございます。

こうして本を読んでつながってくださる皆さんの知恵を使わせていただいて書いているので、私自身ではないのですが、素直につながってくださってうれしいです。

ちなみに、ブログの中でこれまでの本の内容を読んでいただいても、本になった後から読んで下さっても、読んでくださっている方の脳は内容に影響します。

なぜなら、脳のネットワークは時空を超えるから。
私は、脳のネットワークが存在すると仮説を立てています。でも、今の人間の科学ではその波長を測ることができません。
となると「光よりも早いのでは?」と思うのです。
無線LANは光よりも遅いですが、脳のネットワークのLANはそれよりも早かったら、時間を越えて過去、そして未来へとつながっていきます。

現在思ってくださったことが、過去の文章を書いている私の脳に影響して内容が変わっていく、という仕組みがあるかもしれない、ということです。

読んで共感してくださった時に、文章を書いている私(過去)の脳のネットワークがつながって、私自身が想像もしなかった世界を紡ぎ出していきます。

今、ここで読んで共感してくださる方々の脳のネットワークで、過去の私が変わっていく。
そして、どんどん未来が切り開かれていく、ってものすごく面白い気がしてます。

ですから、これまでの本はみなさんのおかげ。
これからの本も、みなさんの脳と繋がって自由に美しく輝くための道しるべが出来上がっていく予感がしております。
なぜなら、私はそれをずっと求め続けてきたから。

そして、同じ思いを持った方々とつながって、どんどん自由になっていきます。

本当に感謝します!!

本をたくさんの人に手に取っていただいて、脳のネットワークを広げてさらなる可能性を広げたくて「本がたくさんの人に読んでいただけたらセミナーや講演会」とたわけたことを言っていましたが、これだけたくさんの方々が応援してくださるので、その感謝として9月11日の日曜日 9時から「読者感謝祭!!」を開きたいと思っております。

トラウマ治療のこと、催眠療法のことなどをお話ししながら、皆さんとつながって素敵な時間を過ごすことができたら、と思っております。

楽しみにしております。

大嶋 信頼お礼

2016/05/30
波にのまれてばかりで全然サーフボードに乗れないのに満足そうにボードを抱えています(アホでしょ!)。

「人間ってイメージしてください!」と言われているのに、影しか浮かんでこない。
自分の想像力の無さなのか?と思って「自転車」とか「車」をイメージするといくらでもイメージできてしまう。
「○○さん」と誰かを特定すれば3Dで人のイメージできるのだが「人間」となると陰になってしまう。

自分以外の人間が影、だから人と一緒に仲良く話していても”孤独感”が消えない。
「自分はみんなと違っていてどこかおかしい」と思って緊張しちゃうのも、自分以外の人間が陰にしか見えていないから。
「誰も自分のことを覚えていないし、誰からも相手にされない」と思ってしまうのも「みんな影」と頭の中のどこかで思ってしまっているから。

だから、他人に対してちょっとでも「すごい!」と思うと、影が神の存在のように思えてしまう。
「この人はネ申かもしれない〜!」となるのは自分と同じ人間である、という認識ができないから。

でも、ちょっとでもその人がミスをしたり、不快な言動をしたりすれば「得体のしれない黒い存在」に見えるから、恐怖で相手のことをこき下ろしてしまう。

これが「理想化とこき下ろし」の仕組みとなる。

理解ができないものに対しても「得体が知れないもの」となるから、必ず人はこき下ろしたくなる(面白い!)。

0歳の時に母親から愛情を持って抱きしめられたか?否か?というのが、自分以外の人間を自分と同じ人間と認識できるかどうか、に影響する。これは発達心理学者であり精神分析家のエリク・H・エリクソンの心理社会的発達理論からヒントを得た。
エリクソンは0−1歳で心理的な課題が、基本的信頼感 vs 不信 であると提唱している。

学生時代は「え〜?人間に対する信頼感とかは18歳ごろまでに形成するんじゃないの?」と反発してみていた。
でも、臨床の中で実際にクライアントさんの話を聞いていると「エリクソンってやっぱり天才かも〜!」となる。

もっと面白い話がある。

(つづく)


 

2016/05/28
さっきまで書いていた大量の文章が消えてしまいました。

あは!

諸行無常の響きあり。

ち〜ん!

また、書きます!

2016/05/28

朝から夕食の事を考えてしまう。
市場にGO!

今日は、今が旬の生桜エビをゲット!!
桜エビの桜色のピンクががものすごくきれいだった。


 


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR