2016/12/19

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!のレビューを書いてくださってありがとうございます!!

 

「いかに人を見下して生きてきたか分かった」というのを読んで、ものすごくうれしくなって泣けてきてしまいました。

 

私もずっとそうでした。

 

そこから解放されていくと、心にちょっとずつ聞けるようになって、どんどん自由になれるんですよね。

 

本当に、素晴らしいです!!

 

感謝!!

 

大嶋 信頼お礼


2016/12/19

"算数障害”ってものすごく面白いんです。

 

ある女性が「どうして付き合ってすぐに男女関係になってはいけないのでしょうか?」と仰っていました。

 

出会って、すぐに男女関係になると、男性の態度が冷たくなって捨てられてしまう、というのはなぜ?っていうことなのかもしれません。

 

「う〜ん?どうやって説明したらいいのか?」と悩みます。

 

出会ってすぐ、っていうことは、男性から女性へのサービスや気持ちを数値化してみると1〜5ぐらいかな?という感じになります。

 

それに対して、女性の男女関係を数値化してみると80〜90ぐらい。

 

男性は1しか支払っていないのに、80ぐらいのものを簡単に手に入れられてしまうと「なんだ!価値が無いんじゃン!」ってなって「大切にしない〜!」ってなっちゃいます。

 

って、説明をしてみました。

 

すると、その女性は「う〜ん?わかんない!」ってきっぱり!

 

「え〜?!嘘〜!」

 

違う角度から説明しようとしましたが「これって、算数障害のせいなんじゃないのかな?」と思って、とりあえず、算数障害の遺伝子を7回唱えていただきます。

 

唱えていただいた後に「もう一度、なぜ?って考えてみてください」ってお願いすると「あ!そうっか!」って納得していただけます。

 

「ヒョエ〜!自分を大切にできないって、やっぱり算数障害のせいなんだ!」って目からうろこ状態。

 

自分の価値の計算がちゃんと頭の中でできていない。

 

相手のこちらに対しての思いの価値に対して、自分の価値がちゃんと合っているものなのかどうかの計算。

 

算数障害の問題がなければ、それを考えなくても自動的に計算ができちゃって、相手の想いに合わせた付き合い方、というのが自然とできて、そして、相手の”想い”が高まったところで自分の価値と一致して”一体感が得られる”ようになります。

 

説明してもちっとも理解してくださらなかったけど、算数障害の遺伝子を唱えていただいたら「あ!」ってなります。

 

これって説明してわかることじゃない!って知って、改めてびっくり!

 

算数障害がどれだけ人の足を引っ張っているんだ!ってちょっと怒りすら感じます。

 

も〜!(ってウシか!)


2016/12/17

「あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!」のレビューを書いてくださってありがとうございます!!

 

内緒なんですけど「支配されちゃう人たち」が私の一番書きたかった本なんです。

 

何か、それをわかってくださる方がいて、本当にうれしいです。

 

あれを書き終わったら「私の使命は終わりかな?」と思っていたんです。

 

でも、書き続けていたらどんどん楽しくなっちゃって「あれ〜!」っていう感じになっちゃいました。

 

みなさんと一緒に歩んできた道。

 

何だか、どんどん豊かになれている気がします。

 

なぜなら、どんどん自由になることができているからです。

 

こうしてフィードバックをしていただけると「本当に一緒に自由になっているんだな〜!」って感じられるからうれしいです。

 

確かに、“効く遺伝子コード”は覚えられないんですよね。

 

それが「支配されちゃう人たち」とつながっているから面白いです。

 

本当にありがとうございます。

 

大嶋 信頼お礼

 

 


2016/12/17

この近くにいる子鴨ちゃんがものすごくかわいいのですが、すぐに水の中に潜ってしまうので写真が取れませんでした。親鴨は優雅です。

 

「肝心な場面で頭が真っ白になっちゃう!」だから、みんなちゃんとできているのに、自分だけちゃんとできない、って自己評価が低くなってしまう。

 

私もそんな感じでした。

 

「ファ〜!」という108デシベルの爆音を聞いた時も、本当はストレスホルモンが「ぴゅ〜!」って上がらなければいけないのに、逆に「ひゅ〜ん」って下がってしまいます。

 

「肝心な場面で戦えない腑抜け野郎!」って自分のことを呼んでいました。

 

でも、今になって考えてみると「ビビビ!」の遺伝子だったんだ〜!ってわかります。

 

家系を調べてみると、父方はアルコールの問題がある人がいて、薬物の問題の方もいらっしゃいました。

 

お酒を飲むと「ビビビ!」の発作で「キャッピ〜!」ってなっちゃって「止まらないぜ〜!」って逸脱行為に走ってしまいます。

 

この「ビビビ!」の遺伝子を唱えてしまうと、ストレス刺激で発作を起こすのではなくて、ちゃんとストレスホルモンが分泌されて「頭が真っ白にならな〜い!」ってなります。

 

ストレスホルモンが適切に分泌されるから、その場、その場で冷静に判断することができて「戦えちゃうぞ〜!」ってなるから自己評価も低くならなくなります。

 

その場でストレスホルモンが分泌されて、時間がたてば、ストレスホルモンの値が下がっていきます。

だから、後から「あの時、ああしておけばよかった〜!」ってぐるぐる考えることが一切なくなります(これがめちゃくちゃ面白いです!)。

 

いつもだったら、一人反省会でダークサイドに浸っていたのに、それが無い!

 

ストレス刺激に反応したら、後を引かない。普通の人って、こんな生活をしていたんだ!ってびっくり!

 

いいな〜!普通の人って!

 

そんな感じになれるからとっても楽しくなります。

 

人間って本当に面白いですね。

 

もっと、面白いのは言葉の力。

 

昨日も「なんで遺伝子のコードを唱えてこんなに変わるんですか?」って質問していただきました。

 

そんな時「初めに言葉があった!」とあのフレーズが、頭に響いてくるんです。

 

 

 

 


2016/12/16

今日から京王線に電車広告が開始されます!

 

ババンと!ドアの横に大きく載せていただけるみたいです。

すごいです!

 

今日から一か月間、1月15日までになります。

 

びっくり〜!

 

皆さんの応援のおかげです!!

 

感謝!!

 

これからも、バンバン応援してくださったらうれしいです。

 

大嶋 信頼

 

 


2016/12/16

今朝は、月がめちゃくちゃ大きくてきれいで「うわ〜!」って思いながら「パシャ!」って撮ったら「ちっちゃ〜!」でした。

肉眼で見る感動とはちょっと違っていましたが、でも綺麗。

 

月を見てテンションが上がったのか、今日のタイムはちょっと元に戻ってきて10kmの平均速度は4分34秒/kmでした(狼男か!)。最近、ずっと5分台ばっかりだったので、もしかしたら若返りの遺伝子効いているかも〜!ってアホなことを考えています。

とりあえず4分20秒台に戻したーい!です(なんのこっちゃ!)。

 

自己評価を上げて、貧乏くじから卒業しよう!って意味を込めて「年末ジャンボ」って書いたのですが「ギャンブル依存の方には、それってまずいのでは?」っていう突込みが入りました。

 

「確かに!」

 

以前、ギャンブルの悩みを抱えた方からもレビューの中で質問されたではないですか(すみません!)。

 

ここで、ちょっとギャンブル依存のことも考えてみます。

そこに、もしかしたら共通する幸せになるヒントが隠くれているかもしれませんから。

 

ギャンブル依存の問題って、いくつかに分かれているって思っています。

 

一つは「勝つことで脳内麻薬が出ちゃって〜!」っていう脳内麻薬依存症っていうのが、たぶん一般的な見方だと思います。

 

二つ目に「負ける」とか「勝」っていう刺激で脳内で「ビビビ!」の発作が起きちゃうタイプの人たち(「ビビビ!」っていうのはあの発作なんですけど医学的に証明できないのでビビビ!にしております。詳しくは「あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!」参照)。

 

アルコール依存や薬物依存症も「ビビビ!」の発作で、それまでの人格が変わってしまって「止めよう!」と硬く決心していても手を出してしまいます。

これは、普通の人でもあって、糖尿病家系なんかの方でINSの遺伝子に問題があると、お腹が空いていて、ちょっとでも「イラッ!」とする刺激があると「どっか〜ん!」って人格が変わって怒り出してしまうことがあります。INSはビビビ!と関連しているので、空腹で「ビビビ!」が起こって「人格が変わっちゃう〜!」ってなるんです。

 

それと同じで、アルコール依存症の場合は、お酒のコマーシャルを見ただけで「ビビビ!」って。そして「飲ませろ〜!」って変身しちゃう。

 

ギャンブルは「勝ち or 負け」で「ビビビ!」の発作になって「賭けさせろ〜!」になってしまいます。

 

3つ目の問題が”算数障害”の問題です。算数障害があると自分がそこにいる時間数と得られるお金の計算がちゃんとできません。

人間って無意識でものすごい緻密な計算をしていて、算数障害の問題が無ければ「これってやってても無駄じゃん!」ってすぐにそこから離れることができます。でも、算数障害の問題があると、お金がどんどん無くなっているのに「取り戻せるかも〜!」ってなってしまうんです。

 

私は、統計の計算とかは結構得意な方でした。ですから大学時代は、同じクラスの連中が「俺のも解析してくれ〜!」って私の所にデータを持ってきていました。でも、私にも算数障害があると思っています。

どうしても意識しないと計算できないし「計算が苦手〜!」ってどこかであります。そして、数々の症状が。

だから、表面的な算数障害の問題と多分私が語っている”算数障害”ってちょっと違っているのかもしれませんが、問題の本質はそこにあるような気がしています。

 

この算数障害の面白さはもっと詳しく書きたいですね〜!

 

ちょっとギャンブルに戻って、「ビビビ!」の発作の遺伝子があって算数障害の遺伝子があったら「ビンゴ〜!」になってしまいます。

ちゃんとお金の計算ができなくて「あれ?お金が!」って思った瞬間に「ビビビ!」の発作が起きちゃって「全部使っちゃえ〜!」って、気が付いたらおけらになっています(おけらって無一文の空っぽのことです)。

 

そして、借金なんかしちゃって「返済期限が〜!」って迫ってくると「ビビビ!」の発作が起きちゃって「え〜い!ギャンブルで勝って返せばいいじゃん!」って別人格になってしまいます(悪夢じゃ〜!)。

 

奥さんなんかに「あなた、大丈夫なの、お金」って痛い人を見るような目で見られちゃったら「ビビビ!」の発作が起きて「ギャンブルして〜!」ってフラフラっと行ってしまいます。発作が起きて別人格になっている、というのもありますが、それをしたらどんなに大変なことになるか、というリスク計算が算数障害のせいでできないんです(ヒエ〜!)。

 

ここで書いているのは全部私の仮説なんですけど、遺伝子のコードで確かめてみて、この仮説がだんだんと私の中でクリアになってきました。

 

ここで「自己評価」の問題に戻ってきますが、ギャンブル依存の方って、非常に人当たりが良くて真面目で、っていうタイプの人が多かったりします(テレビに出ているベテランのアナウンサーや、ちょっとおどおどした漫画家の人はそうは見えないんですが。あくまでも私の主観です)。

 

人当たりが良くて真面目で、というのをやっているから「ストレスが溜まる〜!」ってなるのですが、自己評価が低くて「いい人」を演じ続けなければならないので、ストレスを発散できる場所がありません。家でもいい人を演じてしまったら余計にストレスが溜まります。

ストレスが脳内にたまっていると「ビビビ!」の発作が起きやすくなって、という悪循環になるから、ギャンブル依存の問題があるのかも?って考えます。

 

そこで、昨日の自己評価の遺伝子で悪玉コルステロールに関連するほうは「ビビビ!」の遺伝子には関係していないので「違うのかな?」って思ったりします。

 

CASP1の方は「ビビビ!」と関係があるので「もしかしたらギャンブル依存の方でも使えるかも?」って思うんです。

 

自己評価が上がったら、ストレスが溜まらなくなり「ビビビ!」の発作で変身する必要が無くなる、って仕組みです。

 

「CASP1の還元」×7をストレスたまるたびに唱えていたら「ビビビ!」の発作であそこに条件付けがされなくなり「なんで私があんなところに行かなきゃいけなんだ!」なんて強気になったら面白いですよね。

 

すいません、ちょっと長く書き過ぎちゃいました。


2016/12/15

素晴らしいレビューを書いてくださってありがとうございます!!

 

自己暗示のことをここまで理解してくださっているとめちゃくちゃ気持ちがいいです。

 

その自己暗示が一気にとけるといいんですけど、やっぱり、脳のネットワークが絡んでくるから本当に厄介なんです。

 

いや〜!そんなことを読書会を開いて語り合いたいですね〜!皆さんと。

 

やってみたらすごいことになりそうですね。

 

本当に感謝いたします!!

 

大嶋 信頼お礼


2016/12/15

以前、アマゾンでレビューを書いてくださった方が「自己評価の遺伝子」というリクエストをしてくださいました。

 

ずっとそれを探していて「もしかしてこれかも!」っていうのをやっと見つけることができました(でも人によりけりなんですけどね)。

 

題して「年末ジャンボ当たったらいいよね!特別遺伝子!」です(なんちゅうタイトルを付けるんじゃ!)。

 

いや、自己評価ってすごく大切なんです。

 

自己評価が低いと、確かに貧乏くじをおのずと引いちゃうんです。

 

スティーブン・セガールの「Hard to Kill」というアクション映画の中で、スティーブンが「強気な態度がすべてを制す!」と言いながら「バン!バン!バン!」って拳銃を撃つ場面があります(でも、あの方って強気すぎですけどね〜!)。

 

このセリフだけが私の頭にこびりついていて「確かにそうだよな〜!」って時々思うんです。

 

弱気でいると、どんどん貧乏くじを引いちゃう。

 

そこで〜!自己評価を上げちゃお〜!って「LDLRの還元」×7と「CASP1の還元」×7を唱えちゃいます。

 

LDLRって悪玉コルステロールに関係する遺伝子ですけど、大丈夫なの?ってなります。

 

でも、関係しているんですよね〜!これって。

 

やっぱり、大変な目に合っている人って、そんなに悪いものを食べていないはずなのに悪玉コルステロール地の値が高かったりするんです。

 

これまで「ストレスなのか?」と考えていたんですけど「自己評価が低いのと関係していたの〜!」ってちょっと興味津々。

 

CASP1(カスプワンって呼んじゃっています)の説明も面白いのですが、難しくなりそうなので、すごい遺伝子です!とだけ書いておきます。

 

自己評価を上げて強気になっていこう!ってなったらいいな〜!っていう遺伝子コードです。

 

 


2016/12/14

鴨ちゃんがいっぱいでした〜!お食事をしている姿を眺めていると時間を忘れてしまいます。あ!いけない!走っていたんだっけ!

 

最近、「時間が無いな〜!」って感じることが多いんです。

 

朝、5時ごろに起きて、ちょっと筋トレして、そして走って、仕事に行って文章を書いて、そしてカウンセリングの時間であっという間に夜になって、そして、食事をして寝て、ってやっていると「時間が無い〜!」ってなっちゃうんですよね〜!

 

何か、新しいことをやる時間が無い、と不平不満を言いたくなるんです。

 

日曜日は、修行に行かなければならなくて、それで疲れて一日が終わってしまうし「どうしたらいいんだ〜!」ってね。

 

普通、こんな話を人から聞いたら「お忙しいんですね〜!」って言うしかなくなってしまいます。

 

でも、実はこれは”算数障害”の問題で「時間が無い〜!」ってなっているだけだったりするんです(???算数障害って?)。

 

算数障害って、算数や推論が困難であるっていう学習障害になります。

 

でも、私は数学を勉強すればそこそこできちゃいます。

数学はできるんですけど、日々の生活の中の目に見えない計算が「苦手〜!」ってなっているので、ちゃんと計算ができていない。

 

私の場合、時間的な計算がちゃんとできないから「時間が無い〜!」って焦ってしまうから、余計に時間が無駄に過ぎちゃいます。

 

ここで興味深いのが、算数障害の遺伝子を「時間が無い〜!」って焦っているときに唱えてみると、頭が「しーん!」となって、てきぱきと物事をこなしていて「何もやることが無くて暇〜!」ってなるから面白いんです。

 

さっきまで「たくさんやることがあるのに時間が無い!」って言っていた人が「やることが無くて暇〜!」っていうのは変なんですが、時間的な計算がちゃんとできるようになると、そうなっちゃいます。

 

算数障害の遺伝子は〜!

 

「TREM2の還元」×7 「ADD3の還元」×7 や 「ADRA2Aの還元」×7 なんかだったりします。

 

どれぐらい唱えたら定着するのかは、現在実験中ですが、私の「時間が無い!」っていうのには確実に効いていて「暇〜!」を感じられるような状態になっています。

 

人間の機能って本当に面白いですね〜!

 

でも、この算数障害のせいでどれだけこれまで苦労してきたことか、って唱えて始めて思うんですよね〜!

これが無かったら、もっと効率よく勉強できただろうに、って後悔するのも算数障害の影響なのかも?

 

あはは〜!

 

 


2016/12/13

若返りの遺伝子で検索したらSIRT1(さーてぃーわん or さーとわん と読んでいます)とPARP1(ぱーぷわん と読んでいます)がヒットしたので、さっそく使っています。

 

何でも試してみたがりなんですよね。

 

でも、結構これが面白いかも!

 

おとといのサーフィンでも、いつもだったら3時間で「もうだめだ〜!」ってなってしまうのに「SIRT1の還元」×7ってずっと唱えていたら、また沖の方へと身体が自然と動くんですよね。

 

さすがに、お昼の時間になったから「お腹が空いたから帰ろう〜!」って帰ったぐらいで「まだやりた〜い!」ってなっていました。

 

そして、昨日は、そんなことで調子に乗って長時間海にいたので全身痛。

 

筋肉痛で身体がギスギスしていて「これ以上動けないかも〜!」って思っていた時に「SIRT1の還元」×7って唱えると「あれ?大丈夫かも?」ってなるから「なにこれ〜!暗示にしてもすご〜い!」って感動しちゃいました。

 

そして、今朝も元気に走っていて、朝からジョギングおじさんとデットヒートを展開していました(抜かされないぞ〜!って何を朝からやっているんだ!)。

 

って、頭は相変わらず成長していません。

 

本当に若返りってあるのかな?

 

ちょっと経過が楽しみです。

 

でも、唱えたいコードがたくさんあって大変です〜!



著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR