2016/05/09

アマゾンの新しい本のレビューを書いてくださってありがとうございますおてんき
遺伝子コードを唱えていると確かに性能アップするけど、始めのうちは負荷があって慣れるまで大変なんですよね。
でも、そこまでやってくださっているのはすごい!

これは余談なのですが、カウンセリングをやっていて、遺伝子コードを特定していく時に、コードを唱えてくださるクライアントさんも疲れるのですが、その場にいるカウンセラーもものすごくダメージを受けるんですよね。
“変化”というのは、やっぱり何らかのエネルギーが介在していると思うんです。変化が大きければ大きいほど、その変化に関わるエネルギー量は大きくなり、それに曝された時にものすごくダメージを受ける気がするんです。

「たかが遺伝子コードを適当に探しているだけでしょ!」と思われるのですが、変化を起こすコードを探し当てたときは、何もしていないのに「ドーン!」と倦怠感が襲ってくるから興味深いです。まるで10kmを全速力で走ったような倦怠感です。

だから、正直な話、カウンセリング中に遺伝子コードを探すのもちょっと怖い。
でも、興味深いのは、トラウマ治療でも同じなのですが、治療時にあまりにも辛いと記憶が飛んじゃうから「あの治療のときは、辛かった!」と覚えていない(あまりにも辛いと記憶は解離する)。治療をやり始めて苦しくなってから「あ!前回の治療が辛いから“もう嫌だ!”と思っていたんだ!」と思い出す。遺伝子のコードも探すのは必要に迫られてなのですが、最初は「何が出てくるのかな?ワクワク!」なのだが、クライアントさんにコードを唱えていただくと、だんだんとカウンセラーの顔が苦痛で歪んで来てしまう。

「あれ?なんかおかしいぞ!首肩が凝ってきてものすごい倦怠感が襲ってきた」あ!そうか!唱えて頂いて変化が起きると、そのエネルギーで被爆しちゃうんじゃん!と途中から思い出すかのが面白い(アホでしょ!)。

遺伝子コードを自分で試してみて面白いのが、自分がどんどんヴァージョンアップされていく感じ。
変化を感じながらも「でも、この変化って一般の人が感じ取るのって難しいよね」とか思ってしまう。
自分でも「以前からこの機能はついていたでしょ!」という体で、変化を当たり前のことのように思ってしまっていて過去の不便だった時のことがすっかり記憶から抜け落ちちゃっている。

人はどんどん高みを目指していく。

レビューを読ませていただいて「これだけ、真面目にやっていただけるんだったら、遺伝子コードを使った治療法をちゃんと構造的にまとめて書けばすごいことが起きるかもしれない!」とちょっとワクワクしてきました。
こうしてレビューを書いていただくと「早く書かなきゃ!」と思えるようになるから嬉しいです。

早く企画書を作って出版社に相談しよう!
企画書を出版社に出す時までに本がたくさんの人たちに読んでいただけていますようにアセアセ

いつも応援ありがとうございますプレゼント





 

2016/05/07

アマゾンでの新しい本のレビューをありがとうございます楽しい
レビューを書いてくださると、本を手に取って読んでくださる方も増えるみたいです!
たくさんの方が読んでくださったら、新しい本の企画もどんどん進んでいきますので出版できると思います。

これまでの本の仕組みを明かしてしまったら、その効果がなくなる、と書いてくださってとても嬉しかったです。

種明かしが最大の催眠療法というのが、催眠のお師匠さんの手法だったような気がしている。
お師匠さんは、いつも、種を明かしているようで、実は、その種明かし自体にスクリプトが組まれていて無意識さんに働きかけて、いつの間にか意識の世界から自由になっていく。

そこをわかってくださる人がいるなんて。さらに、サポートまでしてくださって。

「感動!」

もし、たくさんの方に読んでいただいて、出版社の方が興味を持っていただけるのならば、遺伝子コードを使った更なる治療法を書きたいんですよね〜。
ものすごく面白いことがわかって来ているんです!

嫌なことを言われた時に「その場では頭が真っ白になって何も言えなくなる」そして「後から怒りがどんどん湧いて来て頭の中で復讐タイムが終らない〜!」という反応を“退行タイプ”と呼んでました。

ストレス刺激の直後に本当は上がらなければいけない、ストレスホルモンが逆に下がってしまう。
だから、頭が真っ白になる。
その原因も見えて来たし、それに関連する遺伝子のコードも「あ!これなのか!」とわかって来たから面白い。
改めて、あのストレス刺激検査のデータを振り返って見るとものすごく興味深い。なぜなら、遺伝子のコードと一致するから。

「書きた〜い!」

え?こんな仕組みになっていたんだ!とわかったらものすごく面白くなって、さらに治療をしてビックリ!
人と共感できなかった理由がこれなんだ!と見えてきます。

もっともっとたくさんの方にこれまでの呪縛から解かれて自由になって頂きたい!

自由になって羽ばたいていく姿はとても美しい!


 

2016/05/06
小学生の方の治療を遺伝子コードを使ってやってみると、改めて治療者の仮説の見当違い、に気づかされる。

まあ、治療者によってさまざまであるが「学校の中でうまく喋れない」という訴えがあったら「母親との関係で緊張感があるのかも?」とか「両親の夫婦関係に問題がある」などと結論付けてしまったりする。

でも、遺伝子コードを使ってみると「ミラーニューロンの太さの問題」と小学生の方から教えていただけた。
意地悪をする子の脳と脳をつなぐミラーニューロンのパイプが太すぎて情報が処理しきれないからうまく喋れなくなる、と仰っていただくと「なるほど!」と思ったりする。

さらに遺伝子コードを試してみて、普通だったら「情報処理の問題は”海馬”が原因』となるのだが、小学生の方は「海馬のコードじゃなくて扁桃体がおかしくなって記憶の整理がうまくいかなくなっているんですよ!」と修正してくださる(かなりダメ出しに近い)。
確かに、扁桃体は怒りとか恐怖反応の処理と記憶に関係している。
イラッとした後に「あれ?俺今何をしようとしてたんだっけ??」と前の記憶が抜けてしまうのは、扁桃体が影響している。

ここですべてのパズルのピースがはまる。
意地悪をする子の脳は怒りや恐怖で脳内に電気が帯電している。
その子の脳とミラーニューロンの太いパイプでつながってしまうと、小学生の方の扁桃体が意地悪をする子の脳を真似て帯電状態になってしまうので「ビビビッ!」と電気発射を起こしてしまい、記憶がうまく整理できなくなり、うまく喋れなくなる、という現象が起きてしまう、ということになる(めちゃくちゃ難しいことを書いていますが、これは小学3年生とのやり取りです)。

遺伝子コードを使わなければ、こんなストーリーを小学生の方と一緒に組み立てることはできなかった。
「ストーリーを一緒に組み立てている」というよりも、私がダメ出しをされて、修正されてこのストーリーに行きついたのだから本来は全て小学生の方の手柄となる。

ちょっとうれしくなって、小学生の方に「ブログで○○さんとのやり取りを書いていいですか?」とおたずねしてみた。

すると「ブログに書くと何か意味があるんですか?」と言われてしまった。

「いや〜!」と言葉につまっていたら、小学生の方からは「あ!そうか!インターネットで僕のケースを読んだ遺伝子の研究者の方が僕に合っている遺伝子を教えてくれるかもしれませんね!」と言われてしまった。

あちゃ〜!

そんなに私のブログは有名じゃないから。
さらに、こんな遺伝子コードを唱えるなんてアホなことを考えるのは私ぐらいしかいないから!

だれか〜!遺伝子の研究者の方〜!情報をくださ〜い!


 

2016/05/02

幼稚園生とか小学生の治療をやらせていただくとものすごく勉強になる。
勉強になる、っていう表現はおかしいのかもしれないが、お子様方は、正直に治療が「効いている」か「効いていない」を教えてくださるから、治療の戦略を立てやすい。

例えば「学校のお友達とうまくしゃべれない」という方がお母さんに連れられてやってきたときに「学校のお友達とのおしゃべり」とイメージしていただく。するとお子様は「頭がごちゃごちゃする!」とちゃんとフィードバックして下さる。

そこでコミュニケーション問題だから単純に言語障害関連の遺伝子である「NAGPAの還元」を一緒に7回唱えていただく。
そして「もういちど“学校の友達とうまくしゃべれない”と頭の中で思ってください」とお聞きする。

「変わらない!」とかわいそうな人を見るような感じで、私を見ながらそう答えてくださった。
確かに「いい大人がこんなバカなことをやって!お母さんも変なのに引っかかっちゃって!」というあきれ顔であった。
「こんなことで変わるんだったら僕なんか学校で苦労しないよ!」というのが正直な気持ちだと思う。

次に試したコードでは、完全ににやけながら「変わらない!」と仰っていた。
正直、お子様相手だけど焦る。

いくつか試して「変わらない!」をいただいて「え〜い!こうなったらダメ出しの遺伝子だ!」とFOXP2の還元を唱えていただいた時に、お子様が初めて「あれ?これは良いかもしれない!」と仰ってくださった。

「おー!この方は頭がいいから他の子たちの言動に対して色んなダメ出しが湧いてきてしまって、それで頭がごちゃごちゃしてうまくしゃべれない!」となっているのでは、と仮説を立てた。
これでうまく喋れるようになるかどうかを検証していただくことをお願いした。

次の週になって「これ以上は同じ暗号だと治らない気がする!」と仰っていただいた。

「おー!いきなり!」

頭の中にカエルさんが出てきて「周りのいじめっ子と自分のミラーニューロンの太さが太すぎるから、いじめっ子からデータが流れ込んできて、自分の頭の中での処理が追いつかない!いじめっ子のデータを一生懸命に追い出そうとしているから頭が混乱する」と教えてくれた。

何じゃそれは〜!

小学2年生だから私のミラーニューロンの本は読んでいないと思う(あの本の内容はR−18)。
それなのにミラーニューロンが出てきちゃったし、かえるちゃん(のちに”こころ”になる)が原因を教えてくれるなんて、すごい!

確かに上下オリーブ体のギャップが短いと言葉を必要としないぐらい相手からの感覚が脳に伝わってきてしまうのかも?と思って「HOXA1の還元」を唱えていただいた。
すると「なんか流れてくるデータは同じ感じ」と言われてしまって「ショック!」。
いい仮説だと思ったのに。

相手の情報が流れ込んできてしまうのだったら、自我境界の問題かも、と思って唱えていただいたが、しょっぱい反応だった。

様々なミラーニューロンに関連する仮説を立てて遺伝子を探して唱えていただいたが、変わるものは見つからなかった。

そんな時に「あ!そういえばトラウマで脳が過活動を起こしているからミラーニューロンのパイプが太くなっているのかも?」と思って、唱えていただいた。

すると「これだったらミラーニューロンで入ってくるのを遮断できる可能性がある」と仰っていただけた。

なるほど〜!と感心する。トラウマでミラーニューロンのパイプが太くなるなんて思いもしなかった。


 

2016/04/30

完全に休みモードに入ってしまって、頭がリラックス状態に入っています。

こんなのもたまにはいいな〜!

やらなければいけないことはたくさんあるのですが「まあ、いいか!」と脳を休めている自分。

「何も考えない」って贅沢なことなのかも。

なぜなら、こんなに素敵な気分になれるから。

あは!

2016/04/28

ある男性を見ていたら「栄養失調状態なの?」という状態が見受けられた。
よくよく男性から話を聞いて見ると「暖房費にお金が掛かってしまって食費に回せなくなっている」ということを仰っていた。

「え?今、夏ですけど!冷房じゃなくて暖房なの?」とビックリしてしまった。

でも、この仕事をやっているとこの症状はそんなに珍しいことではない。

人とのコミュニケーションに問題があるアスペルガー障害の疑いがある方は、夏なのにフリースを何枚も重ねて着て寝ている、とお母さんたちから相談されることがしょっちゅうある。

アスペルガー障害のご主人と暮らしている奥さんがあまりにも夜中に暑いのでクーラーのスイッチを入れたらご主人に切れられてしまった、というケースもある。

発達障害の特徴を持った方達の体感温度が普通の人とは全く違っているから興味深い。

そこで、その男性に「BDNFの還元」×7を寒気を感じた時に唱えていただくようにお願いしてみた。
夏に暖房費がかさんで食事がまともに食べられない、というのは問題である。

次の回にいらっしゃったときは、暖房をつける必要がなくなっていたから興味深い。

おー!BDNFは面白い!とちょっと感動。
BDNFは脳内神経栄養因子で最近の研究だとストレスでこの値が減ってしまうとうつ状態になってしまう、と言うことだった。
よくよく調べて見ると、痛風や歯の問題や自閉症とも関連があるかもしれない、と研究されているものだった。
その男性の場合は、本人はあまり自覚がないのだが、やっぱり人とのコミュニケーションに問題があった。だから、商売をやっていてもお客さんが定着しないという悩みを抱えていた。さらに、家系には痛風の方がいて、そしてご本人も尿酸値が高くて痛風を疑われている、ということだった。

「おー!やっぱりBDNFなんだ!」

興味深かったのは、BDNFを唱えていただいていたら、コミュニケーションが改善したのか、お客さんが定着するようになって来た。
人間関係にもBDNFって重要なんだな〜。

ちなみに、寒気とアスペルガー障害で遺伝子の検索をして見ると24個の遺伝子がヒットした。

トップ10は

1. SLC6A4
2. WFS1
3. MET
4. COMT
5. TSC2
6. TSC1
7. SNRPN
8. MICE
9. HOXA1
10. MTHFR

でした。
なぜかBDNFはランクインされなくて、24個の中にも入っていませんでした。でも、BDNFって結構効くのよね。
そこがまた興味深い。

2016/04/27

「栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった」

この言葉に“究極の美しさ”の秘訣が隠されている気がしている。

それは、このソロモンの節の一つ前に「なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない」と書いてあるから、単純に言ってしまえば「頭を使ってあれこれ戦略を立てて様々なものを極めるよりも、己の知恵と力を捨てて全て委ねている方が美しい」となる(言葉で説明してしまうとなんと味気ない)。

「無意識さん」を読んでいただいた方が“心に聞く”をしたときに、自分の頭で考えて行動したときよりも、心に聞きながら行動したときの方が遥かに美しいことを体験することができる。

己の知恵や知識を全て脇において、心に聞きながら、その心の答えのままに揺れ動いた時にどんどん美しく輝いていく。

興味深いのは、この「自分の知恵や力に頼らずに“心”に委ねる」という意味を持った言葉で一部の人は脳内で電気発作を起こす。

昔、アルコール依存症のミーティングをやっていた時に、ファシリテーターがお題を決めて、みんなそのテーマに沿って一人一人が順番にその一週間感じたことを話していく。

アルコール依存症の場合「自分で飲酒欲求をコントロールできる」と思っていると必ず再飲酒してしまい、生命の危険が出てくる。
だから”酒に対して自分が無力である”ということを認めることが大切、ということでテーマを「無力」とすると、依存症さんたちの脳で電気発射が起こって怒り出す。

「おまえ〜!そんなこと言っていると飲んじゃうぞ〜!」

この現象は実に興味深かった。

”無力”でも発作が起きるし“万能感”なんてテーマにしたらさらに発作が激しくなったことがあった。

この“無力”が、美しさのサウンドバリアーになっているような気がしている(サウンドバリアーとは音速の壁で一度それを越えてしまったら自由に飛べることが出来る、という意味合い)。

実は、これまで書いて来た本の中には、その“無力”のエッセンスがちりばめてある。
無意識さんの本などは特に( )のツッコミの中に練り込んであった。
プラスマイナス0という“無力”であるが、そこでたくさんの人が電気発射を起こして怒り出すから「やっぱりここなんだ〜!」となる。

アルコール依存症さんの回復率はおよそ10%と言われたりしていますが、何となく“無力”の壁を超えられる人の比率ってそんなもんなんだろうな〜!と思う。

この“無力”が一番美しいのだが、多分、このキーワードを連発しているだけで問題が起こる。

そこで一見、無力とは全く正反対の手法である遺伝子コードを唱えるで美しさを追求しようとしている。



 

2016/04/26

美しいお花を送ってくださり、ありがとうございます。

わたしも精進します。

美しい花っていいですね〜!

花を見るとあの言葉が思い浮かんできます。

「栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほど着飾ってはいなかった」

このソロモンとはイスラエルの王様だった人で、英知の人と呼ばれていた。

だから、子どもの頃に「ソロモンのように賢くしてください」と毎日のように祈ったものでしたお願い

子供の頃から賢くなかったから「ソロモンのように賢くなりたい」とずっと思っていて、毎日必死に祈る自分を思い出すと何だかちょっとかわいそうな気がしてきます雨

そして、大人になっても「賢くないから賢くなりたい」という願いは持ち続けていたのですが、催眠のお師匠さんとの出逢いがあって、お師匠さんから“バラの詩人”の詩を聞かせていただいた時に私の中の何かが変わったんです(無意識さん参照)。

新しい本のレビューを書いてくださった方が「大きく(美しく)変わっている」と仰っている意味が本当によくわかるようになりました。

これからも、みなさんと一緒に美しさを追い求めていきたいです。

感謝笑

大嶋 信頼



 

2016/04/25

一人でいると、過去の嫌なこと、悔しかった思い、恥ずかしかった思いがフラッシュバックのようにシュッと襲って来て「畜生!」とか「クソ!」とつぶやいてしまうのは、実は脳内に帯電している電気がビビビ!と発作を起こしているから、と考えると興味深い。
それがトゥレット症候群(チック)の遺伝子を持っているとストレスで脳内に電気が帯電していって、そしてビビビ!と頻繁に発作を起こして、過去の嫌な記憶や恥ずかしかった思いが突然思い出されて、目をぱちくりしたくなったり「畜生!」と汚言を発したくなったりする。

トゥレット症候群のトップ10の遺伝子は〜!
1. SLC6A3
2. SLITRK1
3. COMT
4. GTS
5. DRD2
6. CNTNAP2
7. SGCE
8. FGF10
9. IMMP2L
10. HTR2A
でした!

一位のSLC6A3はパーキンソンやコカイン依存そして統合失調症などに関連する遺伝子だから、ドーパミン関連の問題で脳が帯電して電気発射が起こっている可能性が考えられる。ドーパミンが足りないとパーキンソンで固まって動きづらくなってしまうイメージで、多すぎると統合失調症の妄想という説明は単純すぎるがわかりやすいのかもしれない。

興味深いのが第2位のSLITRK1である。この遺伝子はトゥレット症候群の代表的ともいえる遺伝子かもしれないが、実は強迫性障害と身体醜形障害(自分は醜い〜!と思ってしまう障害)や窃盗症に関連する遺伝子である。これを見るとものすごく興味深くなってくる。
もしかして、この遺伝子によって脳に帯電した電気が強迫的な行動をさせて何度も何度もドアの鍵を確認させたりしているのかも?と仮説を立てたら興味深い。一度鍵を閉めたはずなのに、ちょっと不安なことを思い出したりすると脳内でビビビ!と海馬が刺激されて記憶が飛んでしまうから「あれ?鍵を閉めた記憶がなくなっちゃった〜!」となるのではと考えられる。ビビビ!で「なんだこの野郎!」じゃなくて、ビビビ!で記憶が飛ぶ。そして、ビビビ!で「私は醜い!」と自分の姿が歪んで見えちゃったりしている、と思ったら、ただの電気のせいなの?と楽しくなってくる。
一番興味深いのは、窃盗症である。よく、ストレスが溜ったらお金を盗ってしまった、とかお店で万引きをしてしまった、というケースがある。要するに脳に帯電してビビビ!で「ものを盗っちゃった〜!」となる。強迫性障害があって身体醜形障害もあってさらに汚言症もある男性を治療していた時に、その方の姉が窃盗症だったのを知って「お〜SLITRK1だ〜!」と感動してしまった。

それらの症状が「SLITRK1の還元」×7を唱えていたらビビビ!がなくなって来たかも〜!となるから興味深い。
(つづく)

新しい本のアマゾンでのレビュー!を書いてくださってありがとうございます。
レビューを読ませていただいたら、ブログを書く意欲が湧いてきました。
脳のネットワークって恐ろしいですね〜!
音声とか動画での配信って「このみっともない姿をさらせない〜!」と思ってしまうのですが、それもSLITRK1ですよね。
このSLITRK1を僕は還元していいのだろうか? 😅

本当にありがとうございます。

大嶋 信頼




2016/04/23

あのお笑い芸人で映画監督をやっていらっしゃる方が「なんだ○○やろう!」と言ったりするのは笑いを取る為、と思っていたが、あの方には肩や首をすくめたり、そして目をぱちぱちさせる癖があるから「あの罵声ってチック症状なのかも?」と思ったりする。

チック症状には、顔面の素早い動きなどの運動チックや、咳払い、短い叫び声、汚言症などの音声チックがある。
「なんだ○○やろう!」というのは汚言症になるのかもしれない。
このチックの遺伝子は私の家系にもあって、父親があの元都知事のように片目だけぱちぱちさせる。
医者からは、脳の欠陥の問題で、と言われているのだが、私にも同じような症状があるから「本当に脳の欠陥の問題か〜?」と疑っている。

この遺伝子を持っていると面白いことが色々わかる。
脳にストレスが溜った時に、頭の中に不快な記憶が湧いて来て、その不快感を打ち消す為に罵声が自動的に出てくる。
これって、意図的にやっているのではなくて、脳内の溜った電気が「ビビビ!」と発射して発作によって発言するものじゃないかな?と思っている。

自分の感情表現がうまくいかなくて、脳内にどんどんストレスが溜っていくと電気が脳に帯電する。
ある方が、その状態で怒った時に、電気発射が起きて電球が3つ同時に切れた、という話をしてくださったのは興味深かった。

そんな電気発射が脳の言語野をビビビ!としてしまうと「なんだ!○○やろう!」と汚言が出てくる。
海馬にビビビ!とすれば過去の嫌な記憶が出て来て、それでさらにビビビ!が増幅して、言語野や身体感覚野を電気刺激すると、顔面がぴくぴくしたり、攻撃的な言葉が一人でいても出てきてしまう。

(つづく)


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR