2016/04/15

「人が話している8割の言葉に実が無いから疑って話を聞け」というのは面白くない。

小学生の頃にピアノを習わされていて、ピアノの練習がものすごく嫌だった。
特に黒鍵(♯♭)が出てくるとややこしくなってしまっていた。白い鍵盤を弾いているだけだったらいいのだが、間にある黒い鍵盤が出す音が妙に嫌だった。
だから、白い鍵盤が正直な言葉で黒い鍵盤が嘘つき、と自分の中で役割を付けて物語を作るようにピアノを弾いていた。
正直者が白鍵で嘘つきが黒鍵って、今考えると面白い。
そして、ピアニストが白鍵と黒鍵を弾きこなすと、ものすごく美しいメロディーを奏でる。

人の言葉にも白鍵と黒鍵が混じっていて、よく聞いているとそれらがうまく混ざって美しいストーリーが作られていく。

人とのコミュニケーションの中で白鍵と黒鍵の音をうまく聞き分けながら、それらが奏でるメロディーを楽しめたらストレスなく生活ができるはず。

それができるようになる遺伝子を探してみる。
Rigidity(堅いこと、頑固さ)があると冗談が通じない。その遺伝子を検索してみると1520も出てきてしまうのだが、その中には性格的な特徴以外のものが必ず混ざっている。そこである賢い方からの助言でFidelity(忠実さ、忠誠)で検索してみたら、と教えていただいた。すると301の遺伝子がヒットした。これも性格特徴以外のものが混ざっているので、RigidityとFidelityの二つが重なるもの、と検索してみると36の遺伝子がヒットした。
上から
1.PRNP
2.PARK2
3.PINK1
4.POLA1
5.POLG
6.HPRT1
7.SUN2
8.RPS27A
9.TP53
10.BRCA1
1位はプリオン病に関連する遺伝子で、2,3位がパーキンソン病関連の遺伝子となる。4位のPOLA1は知的障害などにも関連する遺伝子で、あまり言語的に関連がある遺伝子が出てこない。興味深かったのは9位と10位の遺伝子は両方とも罪悪感に関連する遺伝子が入っていた。
これらのリストを見るとドーパミンの分泌問題や脳神経系の問題から「楽しいものを受け取れない」という遺伝子の要素が入っているから、言葉を杓子定規に受け取ってしまうから冗談を受け取れない、というのが見えてくる様な気がする。

でも、言葉の色を見分ける遺伝子とはちょっと違っている。
(つづく)


 

2016/04/14
子どもの頃から「人の話を真に受ける」という傾向があった。
「○○ちゃん家で一緒に遊ぼうよ!」と言われて、長時間掛けて○○ちゃんの家に行ってみたら誰もいなかった。
「あの時、みんな本気で言っていなかったのがわからなかったの?」と言われて「自分だけわからなかったかも?」と思ってショックを受けた。
キリスト教の家庭で育ったから「人に嘘を言ってはいけません!」があって。嘘を言ったら地獄に堕ちる、と教えられていたから「みんな嘘をつかない!」と思っていた。

大学の時に、運動部のいけてるグループの中に入って勉強をしたことがあった。
その時に「うちの学校がNewsWeekの雑誌でリベラルアーツのトップ10に入っていたんだぜ!」と言われて「へー!」とその時は思ったが、それを真に受けて図書館で調べまくったのは私だけだった。
みんなはその口調や表情で冗談だとわかっていたのだが、私だけが冗談と本気の判別ができず「これは重症だな〜!」と思った。

当時は、宗教的なバックグラウンドや英語力の問題があるのかもしれない、と仮説を立てていた。
でも、日本に帰ってきて企業で働いてた時、私以上に冗談が全く通じない人を見た時に「あ!これって色彩が判別できない問題と同じなのかもしれない」と思い始めた。

音痴というのは音の判別があまり得意ではない、色彩を判別するのが苦手な人もいる、そして味音痴の人は味の判別が難しい。
これって遺伝的なものだよね、と思っている。

それらの判別の中でも、本気の言葉と冗談を判別する、というのがものすごく一般社会でストレスなく生きていくのに重要な能力なのかもしれない、と思うことがある。

私の好きな海外ドラマでドクターハウスというのがあるのだが、その主人公の医者が最初に「患者は嘘をつくから直接あっても無駄である」と断言する。この言葉のニュアンスから人の会話の8割ぐらいが嘘や意味のない会話である、という感じになる。

もし、人の会話の8割が嘘や意味のない言葉だったら、それを真に受けてしまったら、ものすごくその言葉に振り回されてしまい、感情が常に乱されて、常に本来の自分自身でいることができなくなってしまう。

逆に考えたら、言葉の判別さえできたら、人の中でも自由に生きられる、と言うことになる。
人の会話の8割は意味がない、というのに楽に生きるための遺伝子のヒントがあるのかもしれない。

(つづく)
 

2016/04/13
興味深いのは遺伝子の名前を唱えて症状が変わるということである。
 
最近では、檜花粉でまるで風邪のような症状になってしまい、鼻水が止まらなくなってしまっていた。
以前だったら、これがものすごく長引いてしまって、薬を飲む。すると今度は頭がボーッとしてしまい胃腸の調子が悪くなり食欲が落ちて最悪な気分となる。

すぎ花粉のパニックのときは「IL6 & IL10の還元」でピタリと喉が塞がっていくような症状がスーッと治まって安らかに眠ることができた。

でも、檜花粉のときは、これを唱えてもびくともしない。

色々試してみて、トラウマの遺伝子であるTNFの還元を七回唱えたら、風邪のような症状が治まった。
多少鼻水の問題は残っているが、症状は結構治まっている。

興味深かったのは、自分でもこの“唱える”の効果を信じていないことである。
「時間が経って慣れたから良くなったのだろう!」と頭のどこかで思っている。

苦しかったときはあんなに一生懸命に唱えて「効いてくれ!」と心から願っていたのに、効果が出てしまうと「な〜んだ!唱えるぐらいで」という感じになっているのがとても興味深かった。

花粉症のようにこれだけ症状がはっきりしていて、変化が顕著に出るものでも「な〜んだ!唱えるぐらいで」と思ってしまうのだから、自分の頭の中の変化は、もっと信じがたいのかもしれない。

でも、やって見ると興味深い。

自分も回避性人格障害の傾向があり「電話を掛けるのをあとにしちゃおう!」と先延ばしにしてしまうことがある。
やっぱりどこかで恥をかくのが怖いのがあるような気がしている。
メールの返信などもそうである。相手に不快感をあたえてしまったらどうしよう?と考えてしまうから書くのが億劫になる。
そして、いつまでたっても返信せずに、結局相手に不快な思いをさせてしまって「失礼な人!」と判断されてしまう(自分の思い込みです)。

もっと躊躇なくバンバンできればいいのに!と思って「COMTの還元」×7を唱えてみる。
でも、やっぱり電話をかける気にはなれないし「面倒臭い」と思って番号に手を付けることができない。
「SLC6A4の還元」×7を唱えてみると、次の瞬間何も考えずに相手の電話番号を手に取って番号押している自分がいる。
さらに、何も考えずに相手に話して、用件だけを的確に伝えて電話を切っていた。

「おー!おもしろい!」

やっぱり、自分は回避性人格障害で強迫性障害の傾向があるけど、どちらかというと頭の中で嫌なことがグルグルしちゃう、というのが特徴なんだ、と遺伝子のコードから明らかになる。
この嫌なことをいつもグルグル考えちゃうっというのが自分のダメな所、とずっと思ってきたが「遺伝子の特徴なんだ!」と思ったら何だか救われた気分になる。だって、その遺伝子のスイッチをオフにしちゃえば自由になれるから。

嫌なことを考え始めたら「あ!SLC6A4だぞ!」と思って唱えてみる。
嫌なことを考えなくなったらその場では「やっぱり!」と思うのだが、気がついたら朝になっていてその効果のことを忘れちゃっている。

「自分って嫌なことがあっても朝になれば忘れられる結構楽天的な性格だよね〜!」とSLC6A4のことを忘れてそんなことをシャーシャーと思っていたりするから「自分は結構図々しいかも!」なんって思ったりする。
 

2016/04/12
回避したくなっちゃう!というのは遺伝子の特徴によって全く違うような気がしている。

回避性人格障害でMAOA(戦士の遺伝子)を持っている場合は、自分が周りの人から責められて、そしてそれに対して戦っている場面を想像してしまう、ということを繰り返す。色んな人に責められて、そして戦ってとやっているうちに四面楚歌状態になってしまう。頭の中で戦っているだけなのだが想像しているだけで様々なホルモンを出し切って疲れ切って「外に出るのが嫌〜!」となってしまてっている、と考えられる。

摂食障害に関係するBDNFだったら自分の容姿に対する完璧主義から「外に出るのが嫌〜!」となる。ここで面白いのは「摂食障害だから自分が醜いと思っている」だから回避したくなっちゃう、と思って身体醜形障害の検索を掛けてみてもBDNFは入っていない。だから“醜いから”というわけではない。じゃあ、摂食障害だから人の視線が怖いのかも?と思って視線恐怖で検索をしてもやっぱりBDNFは入っていない。やっぱり容姿に対する完璧主義って言うのが一番ピンと来ることになる。

TPH1だったら統合失調とか双極性障害そして切腹に関連しているが、統合失調といえば“世界没落体験”が特徴的な症状になる。ちょっとしたきっかけで「この世の終わりだ〜!」的な感じになってしまう。世界が崩壊していく感じ。双極性障害もあれだけものすごく世界が自分の為に開けていたのに突然、全ての希望を失ってしまう、というのは世界没落体験に共通するのかもしれない。そうなると切腹も同じで、ちょっとした失敗で「終わりでござる!」になってしまうことになる。物事の受け止め方、というよりも、遺伝子の特徴で全てが終ってしまった感じになってしまい、何もかも投げ出して回避してしまう、と考えると「なるほど!」と思える。

どれも自分に当てはまるようだから興味深い。

2016/04/11
回避性人格障害は言葉のニュアンスからすると「肝心な場面で逃げちゃう人!」となるが近年は“不安パーソナリティー障害”と呼ばれるようになって、広範に渡って持続してきた社会的な活動の抑制、自分なんかふさわしくないという感覚、否定的な評価に対する過敏さ、社会的な交流の回避パターンなどで特徴付けられる(Wikipediaの回避性人格障害から)。

改めて読んで見ると「俺もこれあるな〜!」と思う。
この回避性人格障害の遺伝子を検索して見ると520もある。
トップ点は
1.COMT は強迫性障害(潔癖性や完璧主義など)などに関連がある。
2.HTR2A 不安障害などに関連。
3.MAOA 戦士の遺伝子で頭の中ではいつも戦っちゃう。
4.SLC6A4 これも強迫性障害だがどちらかというと「嫌なことが頭の中をグルグルしちゃう!」というタイプ。
5.DRD2. 妄想性障害とか薬物依存なんかに関連。
6.BDNF 摂食障害などに関連。アスペルガー障害にも関係していたかも。
7.HTR1A 全般性不安障害や広場恐怖とか記憶喪失にも関連。
8.SLC6A3 パーキンソンなどに関係する遺伝子で、コカイン依存にも関連。
9.TPH1 統合失調とか双極性障害に関連するが、もしかしたら切腹にも関連してる遺伝子かもしれない。
10.CRH うつ病とか産後鬱に関連している。

である。

人前で恥をかくのを気にしてしてしまうのは、もしかしたら、恥をかいている場面を妄想しちゃうから?となるとDRD2が有力になる。完璧主義や潔癖の人が人前に出て自分のペースを崩されてしまうことでパニックを起こしてしまうのだったらCOMTなんてことになる。パーキンソンやコカイン依存に関連してるSLC6A3だったら、ドーパミンの不安定が関連している可能性があるから、基本的な意欲が普通の人と比べたらないのかも?と仮説を立てることができる。

回避性人格障害って下手するとものすごくたくさんの人が当てはまってしまうのだが、それぞれ症状は違ってくる、というのは遺伝子の種類を見ているとよくわかるような気がしている。

2016/04/09

海で板に乗るサーフィンをやっていらっしゃる方が薬物の問題で相談に来られることが多かったので「サーフィンと薬物のセット」という主観が私の中に出来上がっていた。もちろん、サーフィンをやっていても薬物をやらない方もたくさんいるのだが、なぜか私の中ではそれが頭の中にインプットされてしまっていて治療の邪魔をしていた。主観を排除しなければ的確な治療が出来ない。

そう思って「サーフィンを始めてみよう!」と始めたのが去年の9月のことだった。
普段から、ジョギングをして電動一輪車に乗ってバランス感覚も鍛えているから「結構早くサーフボードに乗れるかも?」と思っていたら大きな間違いであった。
陸上で鍛えていた筋肉とは全く違っていて、うまくバランスが取れないし波に乗ることなんて到底出来やしない。
サーフボードを持って歩きながら、ちょっと沖を目指していると「ド〜ン!」と波に飲まれて「ブクブクブク〜!」と海の中で大量の海水を飲む。

こんな体験小学校以来かな?と思っていたが、高校のときも一度だけ鎌倉の七里ガ浜で友達と手漕ぎボートを借りて沖に出て、ボートが転覆して海水を飲んだことがあったな〜!なんて考えていた。

現地でお友達になったサーファーからコツを教えてもらおうと思ったのだが、そのサーファーは「自転車と同じで反復練習ですから」とだけ教えてくれた。
何だか催眠のお師匠さんのような、とても優しい教えのような気がした。

でも、何回練習してもなかなかボードの上に立つことができず、毎回、波に飲まれて海の水を大量に飲んでいるような気がしていた。

大量の海水を飲んでいて、気がついたことが一つあった。

「あれ?俺ってちょっとアホになっている!」

このアホって何かというと、それまではいつも休みの日でも常に仕事のことを考えていて、自己反省をして「次の治療の展開は?」とか「どのように誤解を生まない文章を書いたらいいのか?」などをずっと考えていた。それと同時に周りの人の気持ちを考えたり、と頭の中は常に忙しく働いていた。でも、いつの間にか、それがなくなっていた。

「面白い!」と思った。

これって海水に含まれる様々な菌をサーフィンをやるごとに摂取しているから起こっていることなのかも?と仮説を立てた。
様々な菌を摂取することで、腸内の免疫機能が暴走しなくなり、正常細胞を攻撃しなくなる。これって目に見えるような変化なのだが、見えない部分では免疫機能と同様に、自責感も正常細胞を攻撃しなくなっているのでは?と考えた。

この発見がちょっと嬉しくなって、サーフィンを始めるきっかけになったサーファーの方に話をしてみた。
すると、サーファーの方も「サーフィンをやるようになってからアトピー性皮膚炎の症状が出なくなった」とおっしゃっていた。その方はサーフィンでストレス解消しているから症状が出なくなったと思っていたから「菌が関係しているのかも?」という話には懐疑的だった。

でも、そこにいた奥さんが「娘もアトピー性皮膚炎だったのに、公園の砂を口に入れるようになってから症状がピタッと止まったから、それってあるかも!」とおっしゃっていた。

こんな話を、アトピー性皮膚炎のお孫さんを抱えた女性に話してしまった。

すると、その方はさっそくお孫さんに泥遊びをたくさんさせて、母親も同様に泥遊びをさせるようになったら、症状に変化が見られた!と報告してくださった(これは確実に個人差があるかもしれませんからマネをなさらないように!)。

菌って興味深い。

いい菌、悪い菌、と意識的に判断して排除することで、免疫システムが暴走することがある。

そのことを考えると“正しい” or “間違っている”と間違っていることを排除することで、自責感や憎しみが暴走するって考えたら面白くなってきた。

だから、心は常に「正しい、間違っているを越えて”楽しいことをしなさい!”」って言ってくれているんだ!

こんなことは色んな所で語り尽くされていることなのかもしれないが、波に飲まれて実体験して見ると、そこにカウンセリングの奥義があるような気がした。
 

2016/04/08

檜花粉との死闘はやっと決着がついた。

檜花粉からの風邪のような症状で頭がボーッとして集中力に欠けてしまう。だから、なかなか集中して遺伝子コードを検索できない。でも「苦しい〜!」となって、集中して遺伝子コードを探してみたら、自分が「トップ10!」とか書いていたNO.1の遺伝子であるTNFだった。

TNFはトラウマの遺伝子と共通している。

「やっぱりトラウマじゃん!」

赤ちゃんの頃に砂嵐状態になっているテレビの前で放置されている自分の姿がフッと頭に浮かんできた(昔は早い時間にテレビ番組が終了してその後に画面が砂嵐状態になっていた)。
子どもの頃から、いつもちょっとした両親の悲しい顔や不機嫌な顔で自分のことを責めてきた。「自分が悪いから両親が苦しんでいる」といつも自分を責めていた。自分が悪いから、と責めれば責めるほどその罪の重さに苦しんで、そこから逃れる為に白昼夢の世界に入ってしまう。勉強や片付けに集中できなくなり、さらに両親から責められる。罪意識から逃れる為の白昼夢の世界の中で罪を犯している自分の罪深さに絶望し、いくら懺悔をしても救われない絶望感が常にそこにあった。

自己免疫も本当は外部から入ってきた悪いものを退治する為に存在しているのに、暴走してしまうと自分の正常細胞を攻撃してしまう。まるで「自分が悪い!」と自分を責めるように、本来自分を守るべき免疫が自分の細胞を攻撃してしまう。そして、鼻水と涙にまみれていく。

フッと、こんな罪悪感を感じるような特徴的な遺伝子なんか無ければよかったのに、とその遺伝子を持っていない人がうらやましく思えた。

でも、この遺伝子のスイッチが入っていなければ「癒しと赦し」をここまで探求しなかっただろうな、と思った。
そんな時、あの貝がフッと思い出された。貝殻の内側に異物が入ると、その痛みから逃れる為に真珠層を巻いていく(痛みからかどうかはわからないけど)。そしていつしか真珠層が幾重にもなって白く輝く丸いものが生み出される。

その貝から取り出された、あの丸くて白く不思議な色を醸し出すものは、ある人にとってはとても貴重なものだと感じる。

でも、ブーちゃんブタにそれを与えてしまうと足で踏みつけてこちらに向き直って噛み付いてくる(マタイ7章)。

この現象がとても面白い。

2016/04/07

杉花粉は何とかクリアしていたのだが、檜が〜!
突然、喉が痛くなって鼻水が止まらない〜!となってしまった。
すぎ花粉で効いていた。遺伝子コードが効かない。「ヤバい!」
杉のときは、気道が狭くなってくるようなアナフィラキシー的な症状だったのだが、檜の場合は完全に風邪のような症状で前回とは全く違っていた。

この前の花粉症のリストで楽になった方から「ちゃんと自分のコードを探したら良いんじゃない!」といわれて「くやし〜!」となる。

なんだろうな?と検索しているうちに面白いことを発見した。

共依存と駄目出しの共通遺伝子はMAPK1とMAPK3だったが、なんとこの二つは花粉症とも共通していた。
こんな仕事をしているから「共依存は絶対あるよね!」と思って恐る恐るMAPK1を唱えてみたが「違った!」とちょっと嬉しくなってしまった。「俺は共依存じゃない!」って鼻声で叫びたくなった。MAPK3を唱えても変わらない。
もしかして、共依存と駄目出しと花粉症が入っているから遺伝子コードが違うのかもしれない、と思った。
高校生の頃は「確かに俺って駄目出しの遺伝子があるよね!」と思ったが、それは大学に入ったら消えてしまったので、もしかしたらあの駄目出しの現象ってばあちゃんの脳に影響されていたのかも?と思った。振り返ってみたら、確かにばあちゃんと一緒のときしか駄目出しの暴走が起きていなかった。

共依存と花粉症だけだったらMAPK1とMAPK3、そしてHMOX1という遺伝子が出てくる。
もしや〜!と思って「HMOX1の還元」×7を唱えてみた。

あれ?鼻が通るようになってきた!とちょっぴり愕然としてしまった。
「やっぱり共依存があるじゃ〜ん!」

でも、朝になってもう一度唱えてみたら、昨日とは効果が違っている。
やっぱりもっと奥深くに何かがあるんだろうな、とさらにコードを探してみることになった。

 

2016/04/06

今日はシャケ弁を美味しくいただきました(^○^)

2016/04/06

以前、「ファ〜ン!」という爆音を聞いていただいてストレス刺激検査をした。
普通の人だったら、安静時にストレスホルモンは低くて「ファ〜ン!」という爆音を聞いた直後にストレスホルモンが急激に上がって、そして15分、40分後には元の状態に戻る。
でも、共依存タイプの人は、ストレス刺激に対してはちゃんとストレスホルモンが上がって15分後には元の状態に戻って「お〜!この方は健康なのかも?」と思っていると40分後に急上昇してしまう。要するに爆音を聞いた時に「うちの○○ちゃんがこの爆音を聞いたら大変だわ〜!」とストレスホルモンが上がっていて、健康な人が「何じゃこの爆音は!うるせーなー!」と感じるのとは違う。
自分で感じていないで、共依存で他の人に憑依して感覚を感じているので一見まともに見えるが、その場でちゃんとストレスを自分で感じていないので、あとからストレスホルモンが急激に上がってしまい「何であいつあんな音を聞かせやがって〜!」と怒りが湧いてきてしまう。
この共依存タイプの方に「○○の恐怖」×7を唱えていただき一ヶ月後に「ファ〜ン!」ともう一度爆音を聞いていただいたら、今度はストレスホルモンが全く上がらない無反応タイプに変化した。この無反応タイプの特徴は世間体を気にする人で、同時に常に人に駄目出しをしてしまうタイプとなる。世間様の目で物事を見ているので、全てが批判的に見え、聞こえてしまう。

興味深いのは、共依存の状態から変化したと思ったら、今度は世間体を気にしてしまう駄目出しに変化したということである。
でも、遺伝子のコードで見て見ると、あるある!共依存と駄目出しが共通している遺伝子が。それが「MAPK1(マップK-1)である。

共依存は夫や子供に執着しているからなるのではなくて、遺伝子があるから常に人の気持ちを考えてしまう、という状態になってしまう。世間体を気にしてしまうのも肝っ玉が小さいから、とかエエカッコシイ(関西ではいきっている)だからそうなってしまう、のではなくてやっぱり遺伝子があるから、と言うことになる。

問題は、それがあるからその場でちゃんとストレスに反応できなくて、あとから怒りが湧いてきてしまうので、他の人と違った怒りの表現の仕方になって理解されづらくなる。周囲からちゃんと怒りを受け止めてもらえなければどんどん脳内にストレスが蓄電して、その電気が様々な症状を生み出してしまう。

「MAPK1の還元」や「MAPK3の還元」を唱えてみてストレス刺激に適切に反応できるようになると、ストレスが発散できて脳内の蓄電がなくなり、症状が消失するという仮説がここにある。


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR