2016/11/05

今日の日経新聞の朝刊に「いつも誰かに振り回される」の広告を載せていただきました!!

 

すっご〜い!

 

めちゃくちゃ堅い本の間にどか〜ん!

 

たくさんの人に読んでいただけますように。

 

昨日もある方とこの本に書いてある”本音モード”についてお話をしていたのですが、人っていきなり”本音”で感謝なんか出てこないもんなんですよね。

 

まずは「嫌だ〜!」とか「不快だ〜!」という本音の叫びで自分のしたくないことから自由になって、そこから初めて”本音”は自分のしたいことへと導いてくれるような気がするんです。

 

だから、本の順番的にも「ミラーニューロンがあなたを救う」から始まって「不快だ〜!」を吐き出して、そしてこの本に至っています。

 

この本の”本音モード”は「ミラーニューロンがあなたを救う」の時とは違っていて”本当に自分がしたいこと”や”本当に自分が感じていることを相手に伝える”という体になっています。

 

”本音モード”で”吐き出す”から”本音モード”で”委ねる”や”明け渡す”という感覚に至るように、と願いながら書いています。

 

どなたかがレビューで書いてくださいましたが「回復した姿」は、その結果だけ見せるのではなくて、始まりからの自由になっていく過程がとっても大事なような気がしています。

 

「ミラーニューロンがあなたを救う」のあのドロドロした世界から、”本音”ですべてをゆだねて「いつも誰かに振り回される」の本では、こんなにシンプルになった文章が私の回復のプロセスを物語っています。

 

そして、この本の”本音モード”は「ミラーニューロンがあなたを救う」と同じことを語っているようで、その質が全く変わっていきます。

 

”本音モード”で執着していたものを吐き出して、やがて本音で委ねていったときに「すげ〜!」が出てくるこの流れって、面白いんです。

 

一つだけ残念なことは、この流れを作っているのは私自身ではない、ということです。

 

これを読んでくださっているみなさんの脳につながって浮かんでくるアイディアなので全てみなさんから頂いたアイディアです。

 

そして、呪文に至っては、何一つ私自身で考えたものは無く”心”に聞いて、心が教えてくださったものを試して、使ってみたら「すげ〜!」となって”心”に許可をいただいて載せさせていただいています。

 

流れは全て皆さんとの回復の中の流れ。

 

それがめちゃくちゃ美しい、って感じるんです。

 

本当にありがとうございます!!

 

これからも、応援よろしくお願いいたします!!!

 

たくさんの方に本を読んでいただけますように。

 

大嶋 信頼

 

 


2016/11/05

今日は、ジョギングをしながら長崎漁連(魚屋さん)で夕食の買い物に立ち寄りました。

カワハギがめちゃくちゃ美味しそうだったので、欲張って2匹も買ってしまいました。

ここは、ちゃんと3枚におろしてくれて、肝もちゃんとつけてくれるので楽ちん。

 

夕食がものすごく楽しみです!!
 


2016/11/04

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!のアマゾンのレビューを書いてくださってありがとうございます!!

 

めちゃくっちゃ深いですね〜!

 

回復者が回復した姿を見せる、っていうのがすごくうれしいですね。

 

どんどん自由に、もっと自由に!!

 

そんな世界が書いてくださった方と一緒に見られるような気がしています。

 

感謝!!

 

大嶋 信頼お礼

 

 


2016/11/04

アマゾンのレビューを書いてくださってありがとうございます!!

 

素晴らしいです!!

 

不快な気分って「他の人からの贈り物〜!」だったりするんですよね〜!

 

そこから解放されると私自身も「今まで何を背負って来たんだろう?」って思ってしまいました。

 

相手のことを思うと相手の脳と繋がっちゃうから、本当に手枷足枷を付けていているような感じですよね〜!

 

そこから解放されてみると、しばらくは「巨人の星」に出てくる大リーグボール矯正ギブスから解かれた感じで「動きやすい〜!」ってなるんですけど、すぐに「それが当たり前〜!」になるから面白いですよね。

 

お話を読んでいると、上司からからの不快感も「関係ない!」ってなったのは凄いですね〜!

めちゃくちゃうれしいです。

 

そして、周りの人の態度が変わっていく、っていうのもすごく興味深いです。

私もそれを体験して「すげ〜!」ってなりました。

 

顔が変わるからでしょうかね?

緊張感がなくなるからかな?

何ていろいろ考えていると本当に面白くなってきます。

 

言葉を唱える、で体験を書いていただけたのは本当にうれしかったです。

 

私もこれから頑張ります!!!

 

大嶋 信頼お礼

 


2016/11/04

昨日は久々に銀座の街を歩いてみました。

人がたくさんいて、見ているのが楽しかったです。

みんなにドラマがあるから面白いですよね。

今朝は、ちょっと寒かったけど、走っていると気持ちよかったです。

でも、スピードが上がらない〜!ヒエ〜!

毎日連続して走っちゃうと、スピードが上がらなくなっちゃうんですよね。

3日に一回ぐらい、筋肉を休めることをしなきゃいけないんですけど、どうしても走りたくなっちゃうんですよね。

 

何をやっているんだか。

 

「いつも誰かに振り回される」の本の中の”本音モード”のことを考えていたら、フッとアメリカ映画の”最高の人生の見つけ方”の中に出てくる歌が頭の中に響いてきました。

 

John MayerのSayという曲です。

 

この映画は、癌になった大金持ちと普通の町工場で働いていた男性が「死ぬまでにやっておきたい10のこと」というリストを作って、一緒にやりに行く、という内容だったと思います。

 

その中でのこの曲の歌詞は「Say what you need to say」と繰り返される。

 

これって”本音モード”なんだよな〜!って、聞きながら涙が出てきてしまいました。

 

”本音モード”って自分を守るための”武器”的なイメージになりがちですけど、本当は「本音モード!」で自分が本当にしたいこと!や普段一緒に居て恥ずかしくて口にしたことが無い本音の気持ちなんかも言葉にしてしまうことで世界が変わります。

 

そんなイメージが”本音モード”にはあるんです。

 

否定的なものを避けるだけじゃなくて、自分が本当に求めていることを”本音モード”で口にすること。

 

本当に感じている大切な感情を”本音モード”で相手に伝える、なんて素敵ですよね。

 

「ミラーニューロンがあなたを救う」から”本音モード”を書いていると思いますけど、自分の中にあるものを吐き出していくと、やがて”本音モード”は自分が本当に求めているものを言葉にしてくれます。

 

誰が何と言おうと。

 

そして、言葉にしたときにそれが現実になっていきます。

 

それが素敵なんですよね〜!

 

 

 

 

 

 


2016/11/02

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!のアマゾンのレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

会社で困っていた方が、本音モードを使ってくださったのは、本当にうれしいです汗

 

会議中に”心”に聞いて「トイレに行けた!」っていう気持ちものすごくわかります〜!

 

書いてくださった方、すげ〜!

 

本当にありがとうございます。

 

大嶋 信頼お礼


2016/11/02

皆さんの応援のおかげで名古屋での展開が大成功!!(わ〜い!)

そして、増刷が決まりました!!

 

中日新聞の広告です。

http://firestorage.jp/download/b9411cb3876d466323b6178cdcd9f4b850dba6e4

 

「いつも誰かに振り回される」の本が全国的に品薄で在庫がほぼない状態になっています。

 

応援、ありがとうございます。

 

そして、今週の11月5日の土曜日の日経新聞の5段広告にて、どどんと広告が掲載されることになりました!!(ひえ〜!)。

 

すごいですね〜!

 

本当にうれしいです。

 

あの本は、私も大好きです。

 

本の中のあの言葉で、言語性、動作性の知能のバランスを取っていくだけでも、全然違いますよね。

 

私の好きなアメリカのドラマで人工知能が監視カメラやコンピューターの情報を使って人を監視する、という話があるんです。

 

その中で興味深かったのが、人工知能の生みの親である人と人工知能は仲良く協力しながら人助けをやっていたのに、データが時間軸に合わせて整理されなくなったら、突然生みの親を「敵だ!」と人工知能がみなして攻撃して排除しようとしたんです(お〜!)。

 

そして、困った人工知能の生みの親が「データをちゃんと時間軸で整理して!」とコマンドを入れたら「仲間!」と認識して攻撃することなく協力し合うようになった、という面白い話。

 

このドラマ作った人すげ〜な!って思うんです。

 

私なんかも、過去にあった嫌なことが頭に浮かんできて、嫌な人のことが頭の中をぐるぐる回り始めてしまいます。

 

その嫌な場面だけがぐるぐる回っていて、そこに至る経過や、そこから自分がどのように成長して来て、相手も時間の経過とともにどのように変化しているのか、という情報がすっぽり抜けてしまっていて、過去のある一部のデータだけが頭の中にこびりついてしまって私を苦しめるんです。

 

そこで、私の中にあるデータを時間軸で整理するために、言語性知能と動作性知能のバランスをとるコマンドを唱えてみます。

 

「知恵と力のほにゃらら」を唱えてみると、過去に固着しなくなり”今”に注目するので、過去の出来事はただの私の記憶の一部として処理できるようになります。

 

そして、頭の中が”今の自分”になった時に、自分が求めていたものが、自然と自分の方へと引き寄せられてくる、っていう現象がものすごく面白いんです。

 

”今、この時の自分”になった時に、まるで一つの星の重力が強くなったように、どんどん必要なものが私の方へと引き寄せられてきて「これって、すげ〜!」ということが次から次へと起きていきます。

 

「なんで自分は不幸なんだ!」と思っていたのは、”今”に生きられなかったからなんだ〜!とちょっと後悔しそうになっても「知恵と力のホニャララ」と唱えて”今”という一点にしてしまいます。

 

「すごいぞ〜!これ!」ってなるから面白いです。

 

時間軸で記憶を整理するだけで、こんなことが起こるなんて。

 

人間の仕組みって本当に面白いです。

 

 

 


2016/11/01

救命ボートの比喩は分かりやすいですね。

 

確かにたくさんありすぎてわからなくなっちゃいますよね!

 

私も緊張が高くて、ミスばっかりで人間関係苦手なんです。

 

クライアントさんから「先生も私と同じダメ遺伝子を持っている!」って言われちゃいました(確かに!それはちょっとうれしかったんですけど)。

 

でも、心に聞いてみると「そんなの関係ない!」って言ってくれるから面白いんですよね〜!

 

何が関係ないの?って質問しても「すべて!」と言われます(へ〜!)。

 

その答えを聞いたら、やっぱり「心ってすげ〜!」って思うんです。

 

私の大切な救命ボートです(ほぼ、乗りっ放しですが)。

 

ありがとうございます。

 

大嶋 信頼お礼

 


2016/11/01

「人からどう思われているのか?」ということが気になって集中できない、というのを”自己評価”が気になって集中できない、それにはどんな遺伝子コードが?という質問をいただきました。

 

”自己評価”で集中できない、っていう発想が「面白い!」と思いました。

 

「他人からどう思われているのかが気になって」というのだったら”他者評価”になるのかもしれません。

 

でも、ここで仰っていただいているのは「自己評価が低いから他人の目を気にしてしまったり、未来が不安になる」ということと解釈しました(ホ〜!)。

 

確かに自分に自信があったら他人の評価なんか関係ないし、未来は楽しみで仕方がない、ということとなる、という予測になるのかもしれません。

 

ちなみに英語で”自己評価”はSelf-evaluationになります。

これだと遺伝子の検索ではヒットがありません。

 

だったら自己評価が高い、低いの”Self-esteem"で検索したら遺伝子が41個ヒットします。

 

検索結果のトップが強迫性障害や躁うつ病、気分障害に関連する遺伝子のSLC6A4になります(強迫性障害=潔癖症とか完璧主義や確認癖なんかに関連します)。この遺伝子は摂食障害や社会不安障害なんかにも関連しています(へ〜!)。

 

二番手が神経性無食欲症、アルコール依存症、そして、大うつ病性障害なんかに関連する遺伝子でHTR2Aでした。やっぱり強迫性障害とかにも関係しています。

 

そして、三番手に来たのがTTF2で自己愛性人格障害や性的サディズム障害に関連する遺伝子です(へ〜!)。

 

4番手の遺伝子がDRD4になります。この遺伝子はチック症、注意欠陥多動性障害、そして分離不安障害(愛着のある人物や場所から離れることに対しての不安を感じる障害)に関連しています。

 

SLC6A4はセロトニントランスポータ(セロトニンを運ぶ)の遺伝子でHTR2Aはセロトニンの受容体の遺伝子になります。セロトニンは血管の緊張を調整する物質として発見されて、人では体内リズム、神経内分泌、睡眠、体温調節に関与しています。

消化管のセロトニンが過剰に分泌されると下痢になって、少ないと便秘になります。

 

ドーパミンやノルアドレナリンなどの感情的な情報をセロトニンはコントロールしていて、精神を安定させる役割をしています。

 

ちなみにDRD4はドーパミン受容体の遺伝子になります。ドーパミンは運動調節、ホルモン調節、快の感情、意欲、学習なんかにも関わっています。

 

中脳皮質系のドーパミンってプロラクチンの分泌を抑制しています。

男性の場合は、プロラクチンの分泌によって急速に性欲を失っちゃいます。

女性の場合、高プロラクチン血症で妊娠しにくい状態になります。

 

こんな感じで見ていくと「自尊心って何?」という仕組みがだんだん見えてくるような気がしますね(って誰がこんな情報で見えるっちゅうねん!)。

 

面白いですよね〜!(だから、誰がこんなの面白いって思うねん!)。

 

ちゃんと説明しま〜す!

 

でも、この仕組みを説明したら大変なことになるかも?

 

迷う〜!本音モードの発動か?

 

一応、つづく


2016/11/01

(事務方より。すでにセミナー参加費をお振込みいただき、申込手続き完了の連絡を受けとられた方へ)

11月19、20日開催 FAP療法セミナー上級コースへご参加いただく方へ懇親会のお知らせです。
セミナー1日目終了後に、参加希望者がある程度の人数集まりましたら、懇親会を行います。
会費5,000円は、当日開催場所にて集めさせていただきます。

参加ご希望の方は弊社までご連絡下さい。
      TEL: 03-3433-2721
      メール: support@insight-counseling.com


申込期日:準備のため11月14日(月)18時までにお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開催日時:11月19日(土)19:30〜21:30(飲み放題)

会場: 中国酒家 大天門

     港区浜松町1-24-7 第一田中ビル1F TEL 050-5796-8671

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インサイト・カウンセリング スタッフ行きつけのおいしい中華料理のお店です。

FAPに関する感想や質問などお互いにシェアし合い、楽しい時となりますように!

 

                 



著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR