2017/06/14

片付けて美しくなる〜!は面白いかも!

 

片付けができない、ものが捨てられない!部屋の床が見えない〜!なんていう方の表情筋には特徴があります。

 

ちゃんと笑顔は作れるのですが、一部の筋肉が動いていなくてどこか不自然な笑顔になってしまうんですよね。

 

これって、これまで「自分の部屋を人様に見せられない、人には言えない自分の姿があるから”自分を演じている”」という体で表情筋が動かないのかな?と思っていたんです。

 

「まあ!あなたって綺麗ね〜!」と言われても「あの部屋を見られたら絶望されるかも!ヒクヒク!」という感じで笑顔がひくつくみたいな感じ。

 

共通して小頬筋(頬のあたりの筋肉)が動かないんですよねー!

 

でも、最近「私は間違っていたかも!」と思うようになったんです。

 

部屋が片付けられない、ものが捨てられないって、もしかしたらすごい大変なことなのかも!って。

 

きっかけは、引きこもりの研究なんです。

 

脳にmDiaというタンパクが溜まっちゃうと「どんどん外に出るのが怖くなっちゃう〜!」と引きこもりが酷くなってしまう、という面白い研究。

 

昔だったら「親に甘えていつまでも赤ちゃんでいたいから、外に出られないんでしょ!」と言われていたのが「え〜!仕組みはアルツハイマーと一緒なんだ〜!」となるんです。

 

アルツハイマーの場合もアミロイドβタンパク質が脳内で凝集しちゃって沈着して脳細胞に影響を及ぼしてしまって起きるもの、という研究が出ています。

そのタンパクが増えちゃうと「物忘れが〜!」という状態になってしまいます。

 

引きこもりの場合は、外に出ないで人と接触しなければしないほどmDiaが増えちゃって「人が怖い〜!」となる仕組み。

 

興味深いのは「外に出るのが怖い〜!」となっている方がmDia関連の遺伝子である「PAX6の還元」を7回唱えていただくと(なんセットも)「あれ?怖くないかも!」となるから興味深いんです。

この説明を事前にしなくても。

そんな時は「お〜!本当にタンパクが“怖い〜!”に関係しているんだ!」と感動します。

 

甘えじゃないのよ!タンパクの問題なのよ!

 

この「タンパク質が蓄積して、怖さが、とか物忘れが!」なんていう症状を考えてみると「捨てられない!」とか「片付けられない!」というのは、タンパクが蓄積してる象徴なのかも!と考えたんです。

 

捨てられない物=危ないタンパク質の蓄積

 

というような仕組み。

 

その蓄積したタンパクが表情筋に影響を及ぼしちゃって「笑顔が〜!」となるのかも?

 

引きこもりが「外に出るのが面倒くさい!」と外出して人と接することをしなければしないほど、タンパクが脳に蓄積して「怖いぞ〜!」という症状を作り出してしまうように、「もったいない!」と捨てないことで、特殊なタンパクが脳内に溜まって「片付けられない!」という症状を作って、ついでに表情筋にまで影響を及ぼしているのかも?っていう仮説(まあ、妄想なんですけどね!)。

 

逆に考えてしまうと、ボンボン捨てちゃうようになると「タンパク質が排出される〜!」ってなるかも!

 

引きこもりの子が外に出ればmDiaの循環が良くなるように。

 

だから、断捨離、断捨離、って言っていたのね!

 

こう考えてみると面白いですよね!

 

でも、皆さんはショートカットが欲しいはず。

 

引きこもりの子がPAX6を唱えたら外出できたような裏技。

 

行っちゃいましょう!

 

「CLEC3B(クレックスリービー)の還元」×7か「APOE(アポイー)の還元」×7かも?

 

たくさん唱えて小頬筋が動くいて美しくな〜れ!

 

ついでにお部屋が片付いて綺麗にな〜れ!

 

 

 

 

 

 

 


2017/06/13

「私は、人の中に入っていくのが苦手なんです!」と悩んでいらっしゃる方の多くが「あ!嫉妬されて攻撃されちゃうから緊張しちゃうのよね!」とその容姿を見たり、また知的能力を測っているうちにわかってきます。

 

「あ!知的能力が高いからだ!」と潜在的な知的能力が高いことはわかるのですが、母親から嫉妬されて攻撃されちゃったから、見事に「文字が読めなくなる!」の遺伝子のスイッチが入ってしまって「学校の成績が最悪だ〜!」となってしまいます。

 

子供の中に知的に光るものがあると、母親の中で“嫉妬の発作”が起きちゃって「なんでちゃんと本が読めないの!」と攻撃しちゃいます。すると「本が読めない!」という暗示とともに、文字を読もうとするときに関連する遺伝子の問題が起きちゃって「うまく文字が読めない!」となります。

そうすると学校の成績は最悪で、さらに、学校でも周りの子から嫉妬されるから攻撃されまくって「文字を読む遺伝子のスイッチが壊れちゃう〜!」となり、勉強ができない子が出来上がります。

 

母親の“嫉妬の発作”のポイントって、それぞれ違うんですよね!

母親が容姿で嫉妬の発作を起こすと、その子供は「私はブッサイクかも!」とあんなに綺麗なのに容姿に自信が持てなくなり「もっと痩せなければ〜!」なんてわけのわからないことをやってしまいます。

 

母親の容姿に対する嫉妬の発作で、その嫉妬の発作を受けないようにするために「食べるのが止まらない〜!」となって嫉妬されない体型を作ることもあります。すると社会人になって、人間関係のストレスで食べちゃう!となるのかも。人間関係のストレスが母親からの嫉妬と重なって「嫉妬されないように太っちゃお!」という条件付で、人から嫉妬されたら食べる、という循環になるんです。

 

どんなに太っても、人は、その人の潜在的な“可愛さ”や“美しさ”に嫉妬したりするので「え?こんなに大きな体型なのに嫉妬?」と理解できないから「太っているからいじめられるんだ〜!」と勘違いしちゃいます。勘違いして「太っているからダメなんだ!』と思って“下”の立場になればなるほど、相手からの嫉妬の攻撃が激しくなるので「何でこんなにいじめられるのかがわからな〜い!」となるんです。

 

よく会社などのグループを観察していると、潜在的に能力が高い方が、周囲の人の嫉妬を受けて“視線”などで攻撃されて「うまく喋れな〜い!」という状況に落とし込められます。「お〜!こうやって封じ込められるんだ!人の能力って!」とびっくりした瞬間。嫉妬で攻撃されると「あわあわ!」となって自分の思っていることが喋れなくなるんですよね。そして、本人は「自分は人前でうまく喋れない!」なんてコンプレックスになってしまうんですが、それはただ嫉妬の攻撃を受けて言語障害の遺伝子のスイッチを入れられちゃっただけ!

でも、これが最初じゃなくて、母親からもやられているんだろうな!とちょっとゾッとします。

 

親も発作だからどうすることもできないんですよね。

 

あ〜!美しさは罪!

 

 あ〜!賢さは悪!

 

      なんってね!

 

「緊張しちゃう!」という人は、周囲の人から嫉妬の発作を受けちゃうから、という体で「SCN1Aの還元」×7を唱えると「ステルスモ〜ド!」になります(ステルスってレーダーに感知されないシステムのこと。要するに嫉妬を発生させる、優れた部分を感知されないようにする便利なシステムです)。

「緊張する!」というのは、ビリビリと相手の嫉妬が起きているとき。だから、SCN1Aを唱えるとそれが起きなくなり「発作がないと私ってこんなに自由なんだ!」と感動する瞬間!がそこにあります。

 

自分がおかしいから攻撃されている、と思っていたのが、実は、攻撃されていたからおかしくなっていた、という衝撃の事実が発覚します(ガッが〜ん!)。

 

お〜!本当は「片付けて美しくなる〜!」を書こうと思っていたのに、また“嫉妬で発作”のことを書いてしまった〜!

 

まあ、確かにステルスモードを使って、嫉妬されなくなったら、本来の自分らしく生きられるようになるから「美しくなる〜!」と確かになりますよね。先にそっちか!

 

この遺伝子のことは詳しく「あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!」(青山ライフ出版)に書いています。

 

あの本の中では、嫉妬の発作を起こさない、起させない呪文が書いてありましたね!

 

こう書いていくとあの呪文の意味がよくわかるようになりますね!

 

面白いです、皆さんと一緒に書いていくと!!

 

 

 

 

 

 


2017/06/12

子役女優さんが、他の子役女優さんが現れた瞬間に「ビビビッ!」と発作を起こして、それまでのテレビ向けの笑顔が消えて「あ〜!冷たい顔になっちゃった〜!」ということが起きます。

 

冷たい態度を取られた側は「私、何か悪いことをしちゃったかしら?」とか「嫌われちゃったかしら?」と悩んでダメージを受けてしまいます。そんなことをたくさんやられていくと「私はみんなから嫌われるダメな子!」とせっかくの能力が潰されちゃいます。

 

この“嫉妬の発作”って面白くて「私の方が上のはずなのになんでこの子が優れているの!」という時に起きます。

 

一番わかりやすいのが、親子関係です。

 

もし、子供の方が優れていたら、親の脳内で“嫉妬の発作”が自動的に起きちゃって「なんであなたはそんななの!」と理不尽なことで怒り始めます。「あなたはちっとも勉強ができないんだから!」と怒って子供に呪いの暗示をかけて、その能力を封印しちゃいます(ヒエ〜!)。でもこれって“発作”だから親はわざとやっているわけじゃないです。

だから「なんでお母さんはあの時あんなことをしたんだ!」と後で怒ったって「え?なんのこと?」と覚えていないことが多いんです。発作時の記憶って抜けちゃいやすいんです。

 

あとは、よくあるのが教師が生徒に嫉妬して潰しちゃう!ということです。

容姿端麗で歌も上手い子がいたら、音楽の教師が「あんたの歌はひどい!」と突然怒鳴り出しちゃったりします。

もちろん、この発作を起こす前に、前日の夜に夫の浮気が発覚して、眠れなくなって、職場に着いたらみんなから白い目で見られていて、など脳内で怒りが帯電する、という状況があります。

電気ショックを与える時のように「ビュ〜ン!」と脳内に電気がチャージされていて、そして、自分よりも可愛い子を見ると「ビビビッ!」と電気ショック!!

嫉妬でその子を感電させて、歌を歌えなくしちゃいます。

 

でも、これも自動的に起きちゃうからどうしょうもないんですよね。

 

そして、ここからがポイントになります。

嫉妬で感電させられた子は、二つの道があります。

一つは“どんどん性格が悪くなっていく〜!”というものです。要するに、相手から“下”に見られている時に“嫉妬の発作”が起きちゃってるわけですから、発作を起こさせないためには「何あんた!キモいんですけど!」と高飛車になって性格を悪くすることで”下”と見られることがなくなり“嫉妬の発作”で感電させられて動けなくなることを防げます。

 

でも、この「性格を悪くする」という戦略には問題があって、性格を悪くすればするほど「私の方が上よ!」となりますよね!

すると〜!今度は〜!「私の方が上のはずなのに、なぜあの子は優れたものを持っているの”ビビビッ!”」と自分が嫉妬の発作を起こす可能性が高くなってしまうんです。

 

嫉妬で感電させられた子のもう一つの道は「嫉妬されないように地味に謙虚に目立たないように生きなければ!」となります。自分の隠れた能力を相手に察知されることで「ビビビッ!」と嫉妬されて潰されるようなことをされちゃうわけですから、できるだけ目立たないように、って自分の能力を削っていきます。アルコールや薬物などを使って脳を破壊して能力を削る人もいます。

これの問題は、それをすればするほど、謙虚に生きれば生きるほど「下!」と見られちゃうこと。下!と見られちゃうと嫉妬の発作を誘発しちゃいますから「やっぱり自分はダメだ〜!」という悪循環に陥っちゃうんです。

 

謙虚に生きれば生きるほど相手の嫉妬を誘発しちゃうなんて、ひどい話ですよね〜!

 

どっちに転んでも「大変!」なんです。

カウンセリングをやっていて、非常に興味深いのは、嫉妬されていて潰されているのに、ご本人は全くそのことに気がついていない、という現象。「私なんかそんな嫉妬される素晴らしいものなんか持っていない!」と思っていらっしゃる。

でも、両親との関係でなんらかの問題を感じたことがあったならば“嫉妬の発作”を誘発していた可能性が大になります。

相手が突然キレるとか体験したことがあったら「アウト〜!」なんですけど自分じゃわかりにくいんですよね。

 

そして、相手の嫉妬の発作に怯えれば怯えるほど、相手の発作はひどくなる、という悪循環も付いてきま〜す!

 

そんな時は「SCN1Aの還元」が効くかもしれません。

以前「ビビリの遺伝子」と書いていましたが、メカニズムを詳しく説明しちゃうと「相手の嫉妬を誘発しちゃう!」という遺伝子をスイッチオフにしているのでは?と妄想しています。

 

ビビる、というのは嫉妬の発作に怯えているんですよね。

でも、怯えれば“下”になり、相手の嫉妬を誘発するから、それをなくしちゃえば「嫉妬から自由になった〜!」という仕組みがここにあるということなんです。

 

そう考えて見ると面白いですよね〜!! 

 

 

 


2017/06/10

昨日、テレビ番組表を見ていて、子役の女優さんが有名中学校に入学して「頭が相当いい!」ということで「その番組をみたい!」とビデオに予約までして観てしまいました。

 

車とかメカニック的なものが大好きで「燃費効率がいい!」とか「馬力が高い!」や「乗り心地が相当いいらしい!」なんていうのを聞くと買えもしないのに「興味がある!見てみたい!」となってしまうんです。

 

人についても「頭がいい!」という情報から「本当かよ!」と疑うところから始まって、番組内で使われる言葉遣いや文字などから「お〜!確かにこの子は知能が高いのかもしれない!」と高いスペックにちょっと羨ましくなるのです。

 

頭が良くて場の空気も読める社会性を備えていて「この子はすごい!」と思っていたら、番組の最後の方で、その子役の子の友達というていで、同じ年齢の子役の女優さんが登場します。

 

その時です「お〜!頭のいい子役の女優さんが嫉妬の発作を起こした!」とびっくりします。

それまで終始、自然な笑顔でこなしていたのに、表情がそれまでと違った状態になります。

頭がいいんだから、仲良しを演じればいいのに、それが全くできなくなってしまうのが“嫉妬での発作”の可能性を疑うんです。

”発作”と呼んでいるのは「自分の意志の力でコントロールできない状態で、脳の電気の過活動からそれが起きるのでは?」と考えるからです。

 

これがとっても面白いのですが、この“嫉妬”の発作が起きる時って「相手の方が自分よりも上!」と無意識で反応した時に起きます。

一般の人が見たら、入学した中学、そして知能、体型などどれを取っても「あんたの方が上じゃん!」と見えるのですが、どうやら潜在的な能力は途中から入ってきた女優さんの方が上なんだ!とちょっとびっくりします。そんなふうに全然見えないのに“嫉妬の発作”を起こすってことは、友達のあの子は潜在的に相当高いものを持っているんだ!ということが予測できるんです。

 

あの優秀な子役の女優さんを見た視聴者は「あ!あの子の性格の悪いところが露呈した!」と思われるかもしれませんが、それは違います。発作だから、自分の意志とは全く違ったところで反応しちゃうんです。

 

問題は、嫉妬される子の方だったりします。

 

カウンセリングの中である女性が「私は人に対して攻撃的になっちゃうんです!」と悩んでいらっしゃいました。

でも、この女性が“攻撃的”になる前に、嫉妬されて攻撃されるから「反撃しちゃうぞ!」という形で反応しているだけだったりするんです。

 

このようなケースの場合「母親から嫉妬される」ということから問題が始まります。

要するに“嫉妬の発作”って相手の表面的な容姿や能力を見て「何こいつ!」と嫉妬しているわけじゃなくて、潜在的なもので”嫉妬”が起きるような気がしていて、それは無意識で反応しちゃうので親子間でも子供が上の場合(潜在的な能力)は発作が自然に起きちゃうんです。

 

いい子になると、母親が「ビビビ!」と発作を起こして、子供を「ビビビ!」と攻撃します。

好ましい言動をしたりすると、母親は発作を起こして、自動的に子供を攻撃しちゃうんですけど、発作なので母親にはその自覚がありません。すると、学習関連、容姿の手入れなど好ましい行動をした時に「ビビビ!」と攻撃される電気刺激を受けちゃうので、学習性無力症の犬のように「ち〜ん!何もできね!」という状態になって「自分はダメだ!」という状態が作り出されます。

 

社会的に認められるような肯定的な行動が一切、封印されちゃって「ダメ人間!」状態になるんですけど、潜在的には能力が高いので、周囲の男性や女性から嫉妬の発作で「ビビビ!」と攻撃されちゃいます。

 

その時に「なんでこんなダメな私をいじめるんだ!」ということで「あんたのやっていることは間違っている!」と狂犬状態になって「がるるる〜!」と反撃してしまうんです。

 

学習性無力症だったら反撃しないのでは?と思われるかもしれませんが、このケースの場合は「逃げる!」とか「自分を守る!」や「自分の能力を発揮する!」ということに対して完全に無気力になるだけなんです。

 

行動心理学の“条件付け”の説明を詳しくすれば、もうちょっと面白くなるのですが、難しいのではしょります。

 

 

何が言いたいのか?というと、ここで「美しくなる〜!」というテーマで書いていても、突然「無理〜!」とか「唱えたくない!」と思ってしまうのは、自動的に“嫉妬の発作”で攻撃されるのを恐れるから。

虐待を受ける子供に二つのパターンがあって、一つは「殺されないようにものすごく可愛い子になる!」で、もう一つは「妬まれて攻撃されないようにだらしなく醜い子になる」というものです。

 

美しくなる!ということに潜在的な”恐怖”があるのは、嫉妬発作でこれまで攻撃されてきた可能性があるから。

これは男性でも女性でも同じです。

 

男性の場合も「なんであの人わざわざあんなダサい服を着ているの?」というのは“嫉妬”されないため。

問題は、そんなことやったって、嫉妬で発作は潜在的な能力に反応しちゃって防げないから「僕はダサいから攻撃される!」と間違った解釈になって、どんどん底辺へと落とし込まれてしまうんです。

 

あ!なんだか暗い話になっちゃった!

 

嫉妬発作は、あなたの高い潜在的な能力に反応しているだけ。

それは何をしても起きちゃうので「めんどうくさいから飛び抜けちゃいましょ!」というのが言いたいこと。

 

お!そういえば、昨日書いていた「知的な想像力で美しくなる!」の遺伝子コードは「DNAJA3(ディーナジャスリー)の還元」×7になります。学習性無力症で想像力の遺伝子のスイッチがオフになった状態を元に戻すコマンドです(ここでの遺伝子のスイッチのオンオフはイメージしやすいように書いているだけで、本当はもっと仕組みは複雑です)。

 

どんどん本来の姿に戻っていって美しくなる〜!

 

 

 

 

 


2017/06/09

知的な想像力に満ち溢れて「どんどん美しくなる〜!」となって人を魅了しちゃいましょ!

 

知的な想像力が欠如しちゃっている状態は、単純に「不安で楽しいことが何にも考えられなくなる〜!」という状態。

 

引きこもりのタンパク質であるmDiaを増やされちゃったマウスは、迷路の中の一箇所から固まって動けなくなってしまいます。

mDiaが正常なマウスは迷路の中をどんどん探索しちゃう〜!となります。

 

一箇所でじっとしているマウスよりも、ちょこまか楽しそうに探索しているマウスの方が多分、マウスの世界では魅力的に見えちゃうはず。

 

人間の世界でも同じことが言えると思います。

 

「不安で何もできな〜い!」となっているよりも、知的好奇心が旺盛な人の方が魅力的に見えるはず。

そして、人から「あの人魅力的!」と思ってもらったら、脳内で“魅力的な人”のイメージが作られていき、外見がどんどん美しく魅力的になる〜!という仕組み。

 

この仕組みってちょっと難しいんですけど、人って自分のことは鏡で見るしか自分の姿を見ることができません。

でも、自分の姿ってこんなもんだろうな!というのはあり「自画像を描いてください!」と言われたら、なんとなくこんな顔だろうな、というのは頭に浮かんできます。

 

この自分の姿のイメージって、鏡で見ること以外は、ミラーニューロンでやり取りをしているのでは?と私は考えるんです。

相手が自分を見たときに、その見たイメージが脳のネットワークで私の脳内に伝わってきて「私ってこんな姿をしているんだ!」ということが脳で認識されて、そしてその姿が脳内でマッピングされていきます。その相手から伝わってきたイメージで作り出す、自分の顔や体のマッピングで自分の体が変形していく、と考えると面白いんです(確かこのことは「ミラーニューロンがあなたを救う」【青山ライフ出版】に書いてあったような気がします)。

 

カップルカウンセリングでいがみ合っている男女がものすごく老け顔で「ひゃ〜!大変だ〜!」という状態になっています。

でも、カウンセリングでお互いのイメージが変わってくると「あれ?女性の方が若返った!(ビュ〜ティ〜!)」となり「男性はダンティーになってきた!」とびっくりします。

あんなにボロボロだった容姿があんなに変わるなんて!お互いのイメージって怖い!って思ったんです。

 

カウンセリングの中ではイメージのコントロールはしやすいのですが、自分一人だと「ちょっと難しい!」となるので「遺伝子のコードで学習性無力症から自由になって知的で美しくなってしまいましょう!」というのがポイントなのです。

 

学習性無力症の遺伝子は「BDNF(びーでぃーえぬえふ)の還元」×7になります。このBDNFの特徴は「本当は知的好奇心が旺盛なはずなのに!すぐに疲れちゃって長続きせず、ダメだ〜!ってなっちゃうんです!」というタイプの方。三日坊主タイプで無気力になってしまう人向け。

「TPH2(ティーピーエイチツー)の還元」×7も学習性無力症で「自分なんかどうせ!」といじけちゃうタイプの無力症に効果的。

「私は人の中になんで上手く入れないんだろう?」と自分にダメ出しをしちゃって無気力になってしまうタイプは「MAPTの還元」×7になります。

これらは「親から一生懸命に努力してるのに愛されな〜い!」となって、これらの遺伝子のスイッチが入ってしまうと「私はダメだ〜!」と知的好奇心が働かなくなったり、知的好奇心がマッチのように燃えてすぐに消えちゃう、というパターンを繰り返してしまう人になります。

唱えていくと「あれ?人の中に入っていくのが怖くなくて面倒臭くないかも!」となるから面白いんです。

 

ちなみに引きこもっちゃってmDiaが脳内で増えちゃって「外に出るのが不安!」という方のために「PAX6(パックスシックス)の還元」×7が効きます。

 

唱えると外に出たり、人の中に入るのが億劫じゃなくなるから興味深いんですよね。

そして、知的好奇心も高まったり、好奇心の火が消えにくくなったり、ということが起これば「どんどん他人からのイメージが変わっていく!」となるんです。

 

あとは、直接、想像力を豊かにしちゃう!という裏技もあります。

 

(つづく)

 

 


2017/06/08

今日の「美しくなる〜!」は知的に美しく輝く!がテーマ。

 

「美しい!」って基準が難しいのですが、多分、他人を魅了して引き寄せられるようになったらいいんでしょうね(美しい人が引き寄せられるということ)。

 

美しく光り輝く人に、引き寄せられていく〜!みたいな現象。

 

「親から愛されない!」なんていうネグレクトの“心の傷”を負ってしまうと「学習性無力症」になってしまうことがあります。

まあ、言って見れば「何をやってもダメ!」という感じ。

親から愛されるために「いい子」を演じるのですが、どうやっても「あんた何やってるの!」と怒鳴りつけられて「ビビビッ!」とビビリの発作を刺激されちゃうと「何をやってもダメなんだ!」と努力することをやめてしまうのです。

 

過去の心理学の実験で、犬をケージに入れて、その中に電気を流して感電させて、泣いても喚いても、ということを続けていくと、やがて抵抗しなくなって、そして、ケージを外してもそこから出なくなってしまいます(いや〜!重い話になっちゃった!)。

 

家族からひどい目に遭っているのに「なんで家から出ないの?」というのはこれと同じ、と思うことがあります。

その地域から出ないなども。

そこから出ちゃえばいいのに!と言われても本人は怖くて動くことができなくなっちゃうんです。

 

実はこれも、そうなる人とならない人の差があります。

たとえば、夫からひどい扱いを受けたら「きゃ〜!変な人〜!」とすぐに逃げられる人、逃げられない人、がいるでしょ。

これは、いくつかの原因が考えられちゃって、一つは、両親との関係で愛情が得られない学習性無力症に入れられちゃった、という可能性。だから、ひどい目に会えば会うほど「動けない!」となってしまう現象。

もう一つは、学習性無力症の遺伝子(25個)のうち「何個持っているのか?」というのとで「逃げる?逃げられない?」が決まっちゃうのかも?

 

最近の研究では、家に引きこもって他者とあまり接しないでいると脳内でmDiaというタンパクが増えちゃって「人に会うのが怖いかも〜!」となってしまう可能性が見えてきました。

私も、一週間、家で誰も会わずに引きこもって「じ~っ」としていたら「外に出るのが怖い!」って本気で怖くなったんです。

コンビニに行くのすら怖くなって、レジのお姉さんの顔すら見られない状態に。

「お〜!これなんだ!mDiaって!すげ〜!」とちょっと感動(そんなの増やしてどうするねん!)。

 

怖くなればなるほど、外に出なくなるからmDiaが脳内で増えちゃいます。

そうすると学習性無力症と同じように「何をやっても無理〜!」という状態になってしまうのかも?

 

何が言いたいかというと「学習性無力症」と同じになってしまうと、想像力がどんどん欠如していってしまいます。

不快なことばかり思い出して、怖いことムカつくことばかりは想像できちゃうのですが、知的想像力がどんどん欠如してしまうから、ますます「人と何を話したらいいのかわからない!」となってしまうんです。

 

(つづく)

 

 

 

 

 


2017/06/07

「遺伝子のコードを唱えて変わるなんて、変!」と一般の人は思ってしまうから、「すぐに不安になってしまう」が一瞬で消える方法(すばる舎)では、遺伝子のコードを日本語に翻訳して載せてあります。

 

「自分の能力の”限界”を超えちゃおう!」というのが“リミットレス”の遺伝子なのですが、結構試してみて面白かったんです。

 

それを日本語に翻訳した呪文は、効果抜群!

 

昨日も「やっと書き終わって、あ〜!大変だった!」と思っていた原稿に編集の方から「女子高生でもわかるようにちょっと説明をA4の紙で2枚ぐらい出してください!後、呪文の有効な使い方のリストをください!(10個以上あったと思います)明日まで!」とメールが来て「ひえ〜!無茶振りだ〜!」となります。

 

女子高生でもわかる、って言われても、書き終わった原稿だから内容忘れちゃったし、もう一度読んでから書かなきゃいけないじゃない!キーッ!となっていました。

 

コンピューターの前に座っても全然書けなくって「いや〜!」となっている時に、あ!そういえば、あの呪文があったんだ!とちょっとリミットレスの呪文に病みつきになっている私。

 

唱えてみると、考えなしに「チャカチャカ」とキーボートを打っている私がいます。

 

テーマは「怒り」だったのですが、猫の縄張りを使って、怒りの説明を書いていて「なるほど!これは面白い!」とまるで他人が書いているのを読んでいるかのような感じ。

 

リストの方も、全く考えないでチャカチャカ打ってしまっている私がいました(編集者の方がこれを読んでいませんように!)。

 

そして、あっという間に終わらせて、メールで送って「あ〜!スッキリした!」と思った時に我に返って「え〜?終わらせちゃったよ!」となります。

 

なにあの呪文!

 

最初から唱えればいいのに、ウルトラマンじゃないけど、結構負けてから最後の最後で「ジュワッ!」と言いながら一撃必殺の光線を出すかのように唱えちゃうのよね!

 

今度から、唱えるの習慣にしよ!と固く決心をするんですけど、忘れちゃうのよね!不思議〜!

 

みなさんのおかげで、どんどん面白い発見ができます。

 

楽しみ〜!

 

美しくなる!で、今日はダイエット〜!

 

「食べちゃう!」というのは愛情が、ということで「OXTの還元」×7か「OXTRの還元」×7がいいかも?

 

幼少期の時に母親から温かく抱きしめられていないと「甘いもの〜!」が愛情の象徴になってしまったりすると「甘いものを食べるのがやめられな〜い!」となるのは、いくら食べても「本当に求めているのは愛情じゃ〜!」となるから。

OXTはそれを満たしてくれるから「甘いものがそんなにいらないかも!」となります。

 

他に“痩せる”で「いくらでも食べられちゃう!」とか「量を結構食べちゃうんですけど!」という方には「INSの還元」×7とか「PTSの還元」×7が効くかも!

 

ちなみに「夜寝る前に食べたくなっちゃう!」とか「食べないと眠れない」や入眠困難がある!なんていう方は「OXTの還元」か「INSの還元」が効くかも!

 

いまのところINSはかなりいい感じで入眠困難に効いています。

 

ちなみに「発作的に食べたくなっちゃう〜!」もINSがいいのかもしれませんが「SCN9Aの還元」も有効です。

 

いっぱいあるでしょ!遺伝子って奥が深いんです。

 

楽しみ〜です!

 

どんどん美しくなる〜! どんどんうつくしくなる〜!

 

 


2017/06/06

8歳のお師匠様は、テレビも見ないのに、どうして私が行っている海岸に地方の人がたくさん来ているってわかったんでしょう?

 

そこが面白いんですよ〜!

だって、師匠はサーフィンなんかにも興味がないし、別にアウトドア派でもありません(8歳ではアウトドア派もないか!)。

私が住んでいるところだって知らないし「なんで〜?」となるのですが「みんな脳はネットワークで繋がっている〜!」と思うと理解できるような気がするんです。

 

脳と脳がネットワークで繋がっていて、お師匠さんは私の脳を使って海岸を見ています。

そして、車のナンバーを確かめ、さらに私が接触した人たちの脳にも繋がって「なんだ!みんな地方から来ているんじゃん!」というのがわかっちゃうんです。

 

8歳の師匠にあれだけ自信を持って「みんな地方から来ているから、地元のサーファーとか関係ないんじゃないですか?」と言われてしまうと悔しいを通り越して「ち〜ん!」になります。

 

さらに私のビビリの遺伝子を見事に的中させて「あれ?ビビらな〜い!」となるから面白いんです。

 

これまでだったら、人がたくさんいる中に行くのが億劫だな〜!怖い人がいたら嫌だな〜!なんって思っていたのが「あれ?何にも考えないでいけて行けてる!」となります。

 

「何回も通って慣れたからでしょ!」と思われるかもしれません。

確かにそれはあるのかもしれません。

でも、ビビリの遺伝子を持っている方だったらわかると思います。

慣れないんです!何年たっても。

 

妙な緊張感があって、妙な人を引き寄せちゃうんです。

そして、大変な目にあっちゃうから「ひえ〜!そんなの怖い〜!」と近づきたくなくなってしまうんです。

 

ビビリの遺伝子である「SCN1Aの還元」を唱えていたら、面白かったのは「外国人にビビらない!」ということが起きたんです。

 

朝、ジョギングをしていると外国の方がたくさん走っていらっしゃるんです。

そして、外国の方を抜かすたび、抜かされるたびに「ひえ〜!」とビビリが私の頭の中で発動しているのがわかります。

妙に緊張しちゃうのよね!「話しかけられたらどうしよう?」って。

 

あれ?あなた、海外生活が長くなかったっけ?と言われますが、いや、海外でもビビリは発動しっぱなしでしたから!

 

別に8歳のお師匠様がくださったSCN1Aを唱えていることを意識していなかったのですが、最近、走っていて「あ!そういえば、走っていて外国の方を意識しなくなった!」と思ったんです。そして「話しかけられたらどうしよう?」って頭の中で変なシミュレーションをしなくなっていたんです。「別に!」という感じで。

 

全く意識していなくて変化が起こって「なんで変化したのかな?」と振り返って見て「あ!師匠から教えてもらった遺伝子を唱えたからだ!」とつながってびっくり!

本当に自分の変化って自分で気が付きにくいんですよね〜!

8歳のお師匠さま!ありがとうございます!

 

今日は、美しくなるシリーズで「モテて美しくなる〜!」という危険な遺伝子を紹介いたしま〜す!

フェロモンに関係する遺伝子で「TRPC2(ティーアールピーシーツー)の還元」×7になります。

これは、お風呂に入っている時に7回ワンセットを7セット唱えます。

毎日唱えるといいそうです。

 

どんどんうつくしくなる〜!

 

でも、やっぱり若返りの遺伝子である「 PARP1の還元」×7はすごいです!!

 

ちょっと感動。

 

さらに美しくなる〜!


2017/06/05

学生の頃に「宿題が終わっていないから遊びに行けない!」という不自由な思いをたくさんしました。

 

レポートがあったり、それが終わったらテストなんて「思うように遊びに行けないじゃないか〜!」と「自由じゃない!」ということを常に感じていました。

 

まあ、そんなことを言っていたら、大人からみれば「何を甘ったれたことを言っているんだ!」となるのでしょう。

 

でも、大人になった私は、昨日も「原稿があって遊びに行けないじゃない!自由じゃない!私に自由を〜!」なんて叫んでいました。

 

こう見ると、学生時代から成長していないのよね。

 

原稿をほったらかしにして遊びに行ってもいいのですが、そうなるとどんどんしわ寄せが来て「夏休みに遊べない〜!」となります。

 

淡々と進めなければ行けないのですが「遊びに行きたくて集中できない〜!」となって無駄に時間だけが過ぎちゃうんです。

 

「この無駄な時間が〜!自由じゃない〜!」と思っていたら、ふっと「あ!リミットレスの呪文を唱えちゃえばいいんだ!」とひらめきます。

「すぐに不安になってしまう」が一瞬で消える方法(すばる舎)の原稿を依頼された時に、林副編集長から「自分の能力の限界を超えるリミットレスの呪文もこの本に入れましょ!」と無茶振りをされて「え〜!不安とリミットレスって関係ないような気がするけど?」と思いながらも、書き進めていたら「なるほど!」となって、呪文を自分で唱えてみたら「あれ!本当に唱えると原稿がスラスラ書けるかも!」となってちょっとびっくり。確かに、「やらなきゃ!」という重荷から解放されるから不安から一瞬に解放される、というの繋がっているんだ!と林副編集長ってすげ〜!となったんです。

 

唱えると自分で原稿を書いている気がしなくって、いつのまにか「あれ?終わっちゃってる!内容も自分が書いたんじゃないみたい!」とびっくりしました。

 

そんな感動があったのに、時間が経つとすっかり忘れてて「あ!そういえば!」となります。

 

唱えちゃうと「あ!ノルマが終わっちゃった!」となって、急いで海に繰り出します。

 

この時、感じたことって「自分の力でやらなきゃ!」と思っていると「できない!」となって「自由じゃない!」という感覚にとらわれちゃうんですよね。私は。

まさに、そこには限界があって、自由じゃないんです。

 

面白いんですけど、呪文を唱えちゃうとスラスラ書けちゃうけど「自分でやっている気がしない!」となるから「自分の力でやらなきゃ!」となって唱えなくなる自分がそこにいて。

 

唱えちゃって自分以外の力に任せて委ねた時に、限界を超えた「本当の自由」がそこにあるんだ!ということが見えるんです。

 

ちょっと関係ないような気がしますが、ビビりの遺伝子は、8歳のお師匠さんに教えていただいたのは「SCN1Aの還元」×7でした。

8歳のお師匠さんに「サーフィンに行く時に、地元のサーファーから嫌われて嫌がらせをされちゃうんじゃないかと不安なんです!」と相談したら、それは「SCN1Aの還元」でいけるでしょ!と教えていただきました。

 

その時ちょっとびっくりしたのは、お師匠様は「先生が行っていらっしゃる海ってみんな地方から来ているから、地元のサーファーとか関係ないんじゃないですか?」とおっしゃられました。「お〜!師匠!確かに皆さんの車のナンバーは県外です!」となります。

ちなみに8歳でのお師匠様は遠く離れたところからとっても速い電車を使っていらっしゃっていただいております。

 

話を戻しますが、単純にビビりだったんですよね!私は。

唱えたら「気にならなくなる〜!」から面白いです。

自分の力でそんなビビりは克服しなければ!と思っていたんですけど、それが逆にビビりを強化していたような気がします。

 

ゆだねることで自由になって行くような気がするんです。

 

 

 

 


2017/06/03

6月1日よりTSUTAYA三軒茶屋店にて「いつも誰かに振り回される」の特大ポスターを使って多面展開をやっていただいています!

 

いや〜!こわい!

 

そして、さらにすばる舎の林副編集長から日販上半期ベストセラーランキング、単行本ビジネス書部門10位にランクインしました〜!!!!と連絡をいただき「ひえ〜!」となっております。

 

これも、皆さんが応援してくださっているおかげです!!

 

本当にありがとうございます!!

 

私はめちゃくちゃ嬉しいですアセアセ

 

日本を元気にする計画、進行中です!!

 

これからも応援よろしくお願いいたします!!

 

 

嬉しいので、遺伝子の大放出〜!

 

昨日の美文字つづきで老眼の遺伝子〜!

 

「CHRNG(チャーング)の還元」×7

「GJD2(ジージェーディーツー)の還元」×7

「TOX(トックス)の還元」×7 で〜す!

 

いや〜!最近、スマホとかタブレットとか皆さん見ていて、細かい字を見るでしょ!すると老眼は急速に進むような気がするんですよね。もちろん若返りの遺伝子も効くのかもしれませんが、柔軟性に関連するCHRNGとかはやって見ると面白いかもしれません。

 

若い人のために「近眼の遺伝子〜!」。

 

「COL2A1(コルツーエーワン)の還元」×7

「CACNA1F(カクナワンエフ)の還元」×7

「CRYAA(くらいえーえー)の還元」×7

 

ちなみに私は「サーフィンの時に足が攣る」で「COL2A1の還元」を唱えていて「足が攣らなくなった〜!」となるから不思議なんですよね〜!なんじゃこりゃ!

しばらく唱えていてもう定着しちゃったんで、唱えなくても足を攣らなくなりました。

 

昨日、興味深かったのが、3週間前に「咳が止まらな〜い!」という女性がいらっしゃっていて“咳”関連の遺伝子で喘息とかアレルギーなど色々試して見たけど「ゲホ!ゲホ!ゲホ!」と止まらなくて「なんじゃこりゃ〜!」となっていた時に「あ!」と思いついて「TNFの還元」って唱えていただいたら「あれ?咳が出なくなった!」となりました。

 

なに〜!やっぱりトラウマなんだ〜!となるのはTNFはトラウマの遺伝子〜!と私は思っているから。

 

なんのトラウマがあるんだろう?と思ってお話を聞いて見たら、夫から、そして姑から「ひえ〜!」っていう感じで、その話をし始めたら「ゲホ!ゲホ!ゲホ!」と咳が出てくるから「やっぱり咳って怒りなんだ〜!」というのがわかるんです。

 

慌てて「はい!TNFの還元を唱えてください!」とお願いします。

 

3週間後に「どうなっているのだろう?」と思って「咳は?」とお尋ねして見たら「あれ?すっかり忘れてた!」でした。

全く咳は出ていなかったので、唱えることすら忘れていたみたい。

 

面白いですよね!

 

 

 



新着記事

カレンダー

<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

アーカイブ

プロフィール

検索

著書のご紹介

mobile

qrcode

others

PR