2020/07/17

今日も雨空なので雲の写真になります。

 

空を見れば「また曇っている!」と毎日同じ空のような気がしますが、こうして写真に撮ってみると「曇り空でも雲の形が違う」ということがわかります。

 

時間とともに雲って流れていくから「同じ空はない」なんですよね。

 

ここがポイント!!

 

昨日、目を閉じた時にまぶたの裏に映し出された別次元の世界を眺める、ということを書いていました。

 

あれも曇り空と同じで「目を閉じるたびに浮かんでくるものが違う」となっている訳ですね(本当は)。

 

でも、多くの人は「いや、目を閉じたら真っ暗でなにも見えないだけじゃん!」という常識に縛られている

 

曇り空は一緒」と同じです。

 

目を閉じても眼球は常に動いているし、まぶたの裏の血管には血流がある。

 

神経って「刺激されないと神経が興奮しないから痛みや触られた感覚を感じられない」となっています。

でも、視神経の場合は他の神経と違って「常に神経が興奮している」となっているから、目を閉じていても脳に電気信号を送っている。

 

だから脳では何らかのイメージを認識しているはずなのに「目を閉じたら真っ暗」という常識に普通の人は縛られて「なにも見えません!」となる訳ですね。

 

お金持ちは一般人の常識には縛られません。

 

だから、目を閉じても視神経が興奮して送ってくる信号をちゃんと受け止めて「あ!水の流れがぼんやり見える」という感じで、常識よりも「自分が感じていること」を優先できちゃう。

 

そう、私たちのオリジナリティ(独創性)とクリエイティビティ(新しいものを生む想像力)の才能は”常識”によって封印されてしまっている。

 

常識によって封印されてしまっている才能を引き出すトレーニングが「まぶたの裏に映し出された別次元の世界を眺める」ですね。

 

まぶたを閉じた時に、視神経の興奮によって脳に送られてくるイメージを素直に受け取って、それを観察することで、常識によって封印されてしまったオリジナリティとクリエイティビティの才能を再び自分のものとすることができて、お金持ちの方向に流れていきます。

 

そう、目を閉じたらただ真っ暗なだけ、という一般的な常識から解放されると「私がお金持ちになるなんて無理」という常識からも解放されて、一筋の光が見えてきます

 

このまぶたを閉じた時にまぶたの裏に映し出された別次元の世界を眺める、でお金持ちになるトレーニングって、「人の話を聞く」ということにつながっています。

 

お金持ちの人の特徴は「人の話を最後まで聞く」ということができます。

 

そうでない人たちは「話を聞かないでも相手の考えていることがすぐにわかってしまう」という“早わかり”の特徴があります。

 

何で早わかりになってしまうかというと「空を見たら曇っているのは当たり前」という常識があるから。

 

「雲の流れを見たって無駄だし何も特にもならない」となるから「人の話を聞いたって、もうわかってることなんだから無駄」と話を聞けなくなってしまう。

 

お金持ちの特徴って「まぶたを閉じるたびに、そこに写し出される風景がランダムに変わる」となるんです。

 

「まぶたを閉じたら真っ暗」という常識に縛られないで、自分の感覚を信じることができる。

 

だから、逆に言ってしまうと「お金持ちの人って移り気で、言っていることがコロコロ変わる!」という特徴があったりするんです。

 

でも、だからこそ、人の話を聞いて「同じ話はない」という感じで、同じ話をしているようで、相手の話から新しい光るものを見出すことができる

 

お金持ちによって光るものを見出された相手は「この人はすごい!」となるわけです。

 

だから、豊かなお金持ちは魅力的で豊かな人脈で溢れている。

 

その人脈がさらにお金を生み出してくれるようになります。

 

まぶたを閉じたら真っ暗と一般常識に縛られて、封印された「人の話を最後まで聞く」という才能を「まぶたを閉じた時に映し出される別次元の世界を眺める」で解き放つことができます。

 

人の話を聞いている時に「まぶたの裏に映し出された別次元の世界」が頭の浮かんできて「あれ!人の話を最後まで聞くのが楽しくなった!」になります。

 

「まぶたの裏に映し出された別次元の世界」を話を聞いている時に思い浮かべてみると、「お!人の話を正しいor間違っているで判断しなくなって柔軟に話が聞けている!」とお金持ちの感覚が蘇ってきます。

 

そう、人の話を聞く才能は常識によって封印されています。

 

それが解き放たれた時に、お金持ちの世界が目の前に広がってくるんです。

 

(つづく)

 



新着記事

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

アーカイブ

プロフィール

検索

SNS

オンライン講座

著書のご紹介

mobile

qrcode

others