2020/07/14

「催眠療法を使ってお金持ちになる」は魅力的。

 

「え?催眠で人をコントロールしてお金を稼いじゃうの?」

 

お師匠さんの催眠は何かをコントロールするのではなくて「催眠で無意識の力が使えるようになってお金持ち」という方法。

 

「無意識の力って?」

 

無意識の力って、とっても面白い力が使えて、私たちの常識の世界を超えて、本当に求めているものを与えてくれる。

 

「催眠ガール」(清流出版)の高校生の主人公が使っている方法。

 

それは、ただ単純に駅から友達の家までの道を歩いていて「あ!中華屋さんがある!」、「幼稚園の庭で園児が遊んでいる声が聞こえてくる」、「道路を通る大型トラックの風を感じる」という具合に”客観的な情報”だけを頭の中で何度も繰り返してみる。

 

「中華屋さん!」、「幼稚園の庭で園児が遊んでいる声」、「道路を通る大型トラックの風」という具合に”自分や他人の気持ち”を一切排除した情報が”客観的な情報”になります。

 

これらの情報を頭の中でイメージしながら、何度かリピートしていると「あ!無意識の力が起動した!」となって、その道を歩いている友達の状況が手に取るようにわかる。

 

「催眠ガール」の主人公は、友達の状況が見えてきたら、その友達が無意識の力が使えるように、催眠のスクリプト(物語)を書いてしまう。

 

そして、その、物語を聞いた友達は無意識の力を使って自由に羽ばたいていく。

 

なんで、こんなことを書いているのかというと、昨日、電化製品の50ページもあるマニュアルを読まなきゃいけなくて「面倒くさい!」と思っていて、苦手意識バリバリだったんです。

 

いや、本当にマニュアルが苦手で「こんなの無理〜」と思っていて、実際に読んでみて「書いてあることが複雑で全然わからない」と思っていたんです。

 

そんな時に「あ!無意識の力を使おう」と「催眠ガール」の主人公のように、理解しようとしないで、ただマニュアルに書いてある”客観的なデータ”だけを繰り返し頭の中で読み上げる。

 

すると「あ!そういうことか!」とその電化製品の気持ちが理解できて、弱点まで見えてきて、さらに電化製品の寿命まで感じ取ってしまった。

 

理解しようとしないで、ただ、そこに書かれている情報だけをぐるぐると頭の中で何度も繰り返し読んでみると「おー!無意識が起動してマニュアルに書いてないことまで見えてきた!」となるから無意識の力って面白い。

 

まさに「催眠ガール」の主人公が使っていた方法。

 

子供の頃に、これを知っていたら。

テストで赤点をとることはなかったはず。

 

テストの質問を私は一度しか読まない。

そして「わからない!」とか「わかった!」と瞬間的に判断してしまっていた

これが「意識」なんですね。

 

「わかる」とか「わからない」を横に置いて、そこに書いてある文章を何度も繰り返し読んでみると「あ!無意識の力が起動した!」とさっきまで見えなかったことが見えてくる。わからなかったことがわかるようになってくる!と面白いことになります。

 

客観的なデータをただ眺めているだけで「無意識さん起動!」となって、それまで見えなかったことが見えて、わからなかったことがわかってくる。

 

この無意識さんの力を試す面白い方法を最近使っています(試すってどうなのよ!無意識さんに失礼やないか〜い!)。

 

YouTubeの画面を開くと、たくさんのユーチューバの動画が並んでいますね。

 

「こんな動画ですよ」と内容を紹介するサムネイルの画面がいっぱい並んでいます。

 

“客観的なデータ”が無意識を起動する、ということになっています。

 

客観的なデータは「数字」や「名前」ですね。

 

名前、タイトル、そして再生回数、そして何ヶ月前に動画がアップされたか、だけを頭の中でリピートして動画はクリックしません。

 

たくさん動画が並んでいるから、名前、タイトル、そして再生回数、そして何ヶ月前という具合に、たくさんの客観的なデータを頭の中で読み上げていきます。

 

「面白そう」とか「興味があるな」は全く必要なくて「数字」、「アップされた時期」と「名前」そして「タイトル」ですね。

 

途中で「この人は有名だから」とか「この人は努力をしてるからこの数字」と分析したり、評価したくなりますが、それをしないで「客観的なデータだけを眺める」をしているとあ!無意識の力が起動した!」となります。

 

無意識の力が起動すると、面白いことが起きるんです。

 

豊かなお金持ちになる人って、この力を使っているんだ!ということがわかるようになってくるかも。

 

(つづく)

 

いつも人のことばかり考えて凹んでしまうあなたが「ま、いっか」と思える本(永岡書店)のアマゾンのレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

参考になりました、と書いてくださってありがとうございます。「支配されちゃう人たち」の頃から読んでくださっているんですね。他人と会話のリズムやテンションがかみ合わないってわかる〜〜〜。人といるとソワソワしたり、イライラされたりして、ってあるある!!一緒に居る相手が緊張して、落ち着かなそうに距離をとられるって、毎度のことだけど「ショック!」を受けちゃう。おー!この本の中の呪文が効いたのはうれしいです!(^^)!お互いに近づきやすくなったって、すごい。ロイテリ菌のお話もすごいです。本当にあるんですよね。腸内細菌と対人関係って。人間って本当に面白いです。他人と会話が噛み合わない、に対しては「ビフィドバクテリウム・ラクティスBB-12」か「DCDC2の還元」かもしれません。DCDC2は算数障害の遺伝子で、話の深さの計算違いがポイントになります。

 

言葉ってすごい、と書いてくださってありがとうございます。全ては性格だから、気にし過ぎてしまうのは仕方がない、とあきらめていた、ってわかる〜。いや、私もいくら努力しても治らなかったからあきらめるしかなかったです。人のために、人に迷惑を掛けないように、って「うん!うん!」あるある。何が正解かわからなくて不安で、みんなが私をチェックしている、と怖がりながらって本当にそうですよね。『主〇は私』ってこの流れで書いてくださるとものすごいこの言葉に光がさす感じ。気持ちが〜、頑張らなきゃできなかったことが〜、ってとっても嬉しい。怒りっぽかったのが、はびっくり(◎_◎;)。ご主人からのLINEも素敵。うれしいな〜。

 

殺意が消えた、と書いてくださってありがとうございます。人体実験の人、お久しぶりです。いつもありがとうございます。「相手の気持ちを考えろ」とか「相手の立場になって」とか私も言われてた〜。ものすごく考えていて、それ以外していなかったのに。わかるな〜。本当に他人の気持ちや考えが自分の感覚として入って来ちゃうんですよね。それが一般人には理解されないで「考えていない」といわれるのがものすごく辛い。「中〇ライン」いいですよね。やった〜〜!殺意が出ない〜〜。「Max56す」は最初は意味が分からなったけど、そういうことね!思わず笑ってしまいました。”陣”は深いですね。人間のエナジーをコマの回転、攻撃を殺意の風吹きと捉えれば、という発想がすごい。無意識が働いている〜〜。催眠のスクリプトでこの本は書いてあるので書いてくださって、本当にうれしいです。

 

感謝!!

 

大嶋 信頼

 

 

 

 



新着記事

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

アーカイブ

プロフィール

検索

SNS

オンライン講座

著書のご紹介

mobile

qrcode

others