2020/07/07

お金持ちになる」と思った時の頭の中で起こる反応が面白いです。

 

「お金持ちになる」と思った時に

 

「私には無理〜」

 

「面倒くさい」

 

「そんな元気はどこにもない」

 

「常識的に考えてそれはありえない」と浮かんできた方は「頭の中に人間関係のしがらみがいっぱい〜」になっています。

 

生きるエネルギーが低いというか、気力がない、という感じになっているのは「人間関係のしがらみでエネルギーが堰き止められている〜」から。

そして、そこから自分が決して抜け出せないような感覚になってしまうのが「しがらみ」のなせる技。

 

しがらみを断ち切るためにブッダもイエスも旅を続けていた。

 

全てを捨てて、旅をし続けることで「しがらみから自由〜」になるから心が豊かになる。

 

私は「しがらみから自由になる!」と思って引っ越したことがありました。

 

脳のネットワークって本当にあるみたいで「そこに住んでいる人たちの脳とつながってしがらみが〜」になるから「元気がちっとも出ない😞」となってしまった。

 

まあ、普通の人がこんな話を聞いたら「いや、それはあなたの気のせいですから」と理解できません。

 

本当に脳のネットワークってあるのよー!

 

そのネットワークのしがらみから自由になってみたら「お金持ちになる!」という発想が出てくるのは本来の自分のエネルギーが戻ってくるから。

 

転職なんかもそうですよね。

 

上司や同僚などの人間関係のしがらみから自由になる〜とやってみると「お金持ちになる!」という元気が湧いてくる。

 

ちなみに引っ越しも転職も「この環境が嫌〜!」と思ってやるのもありですけど、もっといい方法は「私にふさわしい場所を探す」ですね。

 

自分がお金持ちになっていける場所を探す。

 

心がときめくような場所を探す。

 

すると、人間関係のしがらみから解放されてエネルギーで満ち満ちてくる

 

私の場合、このしがらみでエネルギーが奪われている、という指標は「ため息の数」です。

 

ため息の数だけしがらみがいっぱい。

 

ため息の数が多ければ多いほど「引っ越ししたって、転職したってうまくいきっこない」となってしまうのは、たくさんのしがらみでエネルギーが奪われてしまっているから。

 

そんな時は、自分の力でしがらみから自由になろうなんて思わなくていい。

 

まあ、そもそも、そのしがらみから簡単に自由になることができたらイエスとかブッダになれるから。

 

普通の人間には無理〜!というのが現実。

 

そこで、ズルをして遺伝子コードでしがらみを切っちゃいます。

 

ため息が出たら「PYY(ぴーわいわい)の還元」を唱えてみる。

 

「あーあ」と残念な気分や、惨めな気持ちになったら「PYYの還元」を唱えてみる。

 

これは「内省」で「認めます」を唱えても同じ効果、いや、それ以上の効果があります。

 

「内省」で「認めます」を唱えるとしがらみだった人間関係が変わってしまうのよね。

 

ただ唱えるだけで、相手が変化していきます。

 

エネルギーを奪われる人間関係のしがらみが、エネルギーをお互いに高め合う人間関係に変わってしまうのが「内省」で「認めます」なんですね。

 

人間関係においては「ため息😩」、「舌打ち👅」そして「イラッ💢」でエネルギーがどんどん奪われる〜、になっているから「内省」で「認めます」を唱える。

 

唱えるだけで「自分の中のエネルギーが増していく〜」とお金持ちに。

 

さらに「相手もどんどん変わっていく〜」になるから不思議。

 

ちょっと面白いのが「内省」で「認めます」を唱えていた方が「あんなに下品だった旦那が上品になった!」ということが起きちゃう(「内省」はすごいっす!)。

 

「PYYの還元」や「内省」で「認めます」を唱えるタイミングは、相手に対して「ため息😩」、「舌打ち👅」そして「イラッ💢」っとしたくなった時です。

 

そうすると、面倒臭くなって先延ばししていたいろんなことに手がつけられる。

 

さらに「お金持ちになる」という意欲が湧いてきて、面白い展開になっていきます。

 

ちなみに「内省」で「認めます」は唱えるだけでいいですからね。

 

その「内省」の内容は頭の中で一切考える必要がなくて、呪文として唱えてみるだけ

 

「相手が悪いのになんで私が内省して認めなきゃいけないの!」と思うかもしれません。

 

それはですね!お金持ちになるためです。

 

理由は簡単!

 

お金持ちになって幸せになりたい!のためにただ唱えるだけ〜。

 

すると、これまでと違った人生の展開が起きてくる。

 

そんな時に「変わるのが怖い!」と思うかもしれません。

 

そんな時にも必ず「しがらみ」が絡みついているから「PYYの還元」か、「内省」で「認めます」を唱えてみる。

 

唱えてみると「変わるんじゃなくて本来の自分の居場所、姿に戻っていくだけ」ということに気がつきます。

 

そう、本来の居場所は豊かなお金持ちがたくさんいるところ。

 

そして、心が豊かになる場所が私の本当の居場所。

 

(つづく)

 



新着記事

カレンダー

<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

アーカイブ

プロフィール

検索

SNS

オンライン講座

著書のご紹介

mobile

qrcode

others