2019/07/17

「無意識」を使っていると楽しくなってきます。

 

「無意識を使うってどんなこと?」と疑問に思うのが意識。

 

頭で理解して、意志を持って行動するのが「意識」になります。

 

「掃除をしなければいけない」、「片付けをしなければ」、「たまった洋服を捨てたり、売ったりしなければ」と意識では考えています。

 

そして考えれば考えるほど「やらなきゃいけないのはわかっているんだけど、なかなかできないのよね」という感じになってしまう。

 

「そんなの考えていないでさっさとやればいいじゃない!」と意識的な人は勝手なことを言います。

 

でも、本人は「頭ではやらなければいけないことはわかっているのに、それができない!」という感じになってしまう。

 

仕事だってそう。

 

頭では「これをやったほうがいいんだろうな」とわかるのですが、日々の雑務に追われてしまって「あーあ、疲れた」となってしまって「全然キャリアアップにつながることができない!」となってしまう。

 

「いや、私は、考えられることは全てやっているんです!でも、ちっとも周りの人から認められないし、状況が変わらないんです!」ということになってしまう。

 

意識は「正しい or 間違っている」、「うまくいっている or ちっとも上手くいかない」、「良い or 悪い」、「肯定的 or 否定的」などの相反する二つを行ったり来たりしていて、常に「悪い方に意識が向いてしまう!」となって「気分はダークサイド」から抜け出そうとしてもなかなか抜け出すことができなくなっている。

 

この意識が生み出す善と悪みたいな戦いから抜け出そうと思っても、抜け出すことができず、常に引き戻されちゃう。

 

意識的な人が「無意識を使う」ということを考えてしまった時に、「正しい or 間違っている」と同じように「(無意識を)使える or 使えない」の二極化にしてしまうから「ちっとも無意識なんか使えない!」という具合になってしまう。

 

無意識を使う、ということを意識してしまった時点で「使えない」とか「意味がない」という判断になる。

 

こんな風に書いてみると「真面目な人ほど無意識を使うことが難しいのでは?」となってしまう。

 

真面目に考えれば考えるほど、意識的になってしまうから「無意識がみんなと同じように使えなくてちっとも楽しくない!」という判断になってしまうから。

 

人の考えはその人の現実の世界を作り出しています。

 

そして、意識は自分の限界を作り出す大切なもの。

 

「できない」とか「わからない」や「自分にはちっともいいことがない!」という具合に自分の世界の限界を設定しています。

 

ほとんどの人が、その限界の中で生きているのが「楽しい」となります。

 

だから、無意識なんか必要としない。

 

そんな絵に描いた餅のようなことを言って、変な人、という扱いになるのが意識の世界。

 

人生にはできることとできないことがあるんだから、それをちゃんと受け止めて自分が与えられた世界で生きればいい、というのが意識的な世界。

 

私もそれの何がいけないの?と思うわけです。

 

そして、その意識的な世界で苦しんでいる人たちって「無意識の力」にどこかで触れてしまった人たち、なんでしょうね。

 

私の場合「見ない、聞かない、反省しない」の本の一番最初に書いていましたが「一家で崖から車でダイビングだ!」と父親が一世一代のスタントに挑戦しようとした時なのかもしれません。

 

常識的に考えたら「チーン!」とお亡くなりになっているはずなのですが「え?生きちゃった!」という感じ。

 

意識の世界で苦しんでいる人たちって、簡単に書いてしまえば「よく生きてきたね!」という人たち。

 

意識的な世界で楽しんで生きている人には、この「よく生きてきたね!」という感覚がわからない。

 

自分の意識の力で生き抜いたのではないのが「よく生きてきたね!」というやつです。

 

本当だったら、肉体や魂が「チーン」となっていたはずなのに、なぜか生きている、という方は「それって自分の意思じゃないよね!」ということで「無意識の力」に触れてしまった人、となります。

 

その「無意識の力」に触れてしまった人は、意識的な世界で楽しんで生きている人と交われなくなる。

 

意識的な人と通じ合えなくなるのは、無意識の力に触れてしまったから。

 

でも、みんなが意識的な世界で満足して生きているから「自分がおかしいのかも?」という感じで悩み苦しむ。

 

みんなと交われないのだったらと、この「無意識の力」を使って生きようとすると「あ〜!意識的な人たちが足を引っ張ってくる〜!」と意識的な世界に引き戻されてしまう。

 

この引き戻されるときに「もう嫌〜!」という感じの苦しみがあるから「無意識の力」なんて使えないし、使いたくもない、という感覚にさせられてしまうんです。

 

息を殺して、意識的な世界でみんなにバレないように静かに暮らしていたほうが楽なような感覚にさせられます。

 

そうしていても、意識的な世界では違和感があるし、やっぱり無意識的な世界に憧れてしまう、という方は無意識の力を使うことをお勧めします。

 

「でも、意識的な人たちに足を引っ張られるんじゃないの?」と不安になりますよね。

 

足を引っ張られないで無意識の力を使う方法があるんです。

 

それが日常の自分の全ての行動をルーチン化しちゃう!です。

 

ルーチンって、前にも書きましたが「決まり切った手続きや仕事のこと(ウィキペディアから)」です。

 

ルーチンになると「考えないで業務をこなす」という感じになります。

 

この「考える」ということに「意識」が宿りますから「考えない」にすると、意識が排除されて無意識が働く〜!という感じになるわけです。

 

ルーチンをこなしているわけですから、外から見たら「無意識の力を使おうとしているわけではない」という感じに写ります。だから、足を引っ張られない!

 

ルーチンをこなしているだけなのに、考えないで淡々と行動していると「無意識さんが起動!」という感じで「これまでとは違った展開が見えてきた!」というのと同時に、展開が変わってきます。

 

無意識が起動されると「閉ざされていた扉が開いた!」となって「おー!これは面白い!」という展開が起きます。

 

そして、意識的な人たちが足を引っ張る不快感が襲ってきても「ルーチンをこなす」に戻れば「おー!不快感が消える!」というのは、それが一見、意識的な生き方のように見えて、意識の世界に順応しているように見えるから。

 

でも、実際は、ルーチンという感じで淡々とこなすことで「無意識の力が起動!」となって、どんどん無意識の世界へと飛び出していく。

 

そんな時に発生する問題が「孤独感」なんです。

 

意識的な人たちから見放されるような孤独。

意識的な人たちは、みんなで仲良く楽しそうに生きているから。

 

その孤独って、意識的な人たちの孤独が伝わってきているだけなのですが「自分が孤独」となってしまうと「意識的な世界で生きていたほうが楽なのかも?」となって引き戻されるような感覚になるんです。

 

私にとって「孤独」が一番の足かせで自由に飛べない理由でした。

 

でも「孤独の本」を淡々とスクリプトを使って書くことで「あ!孤独から自由になれたかも!」となりました。

 

催眠のスクリプトって便利だから、読むだけでそれが知らず知らずのうちに無意識に働きかけて「あ!いつの間にか自分の中の孤独が変わった!」となっていた(足かせがすでになかった!)。

自分の催眠スクリプトで催眠に掛かって、孤独の呪縛から解放されるなんてとてもおかしな話ですが、それが無意識の力。

 

自分の意識で自分の孤独を克服しよう、と長年努力をして失敗して、惨めな思いをして人に迎合して、さらに惨めになる、ということを繰り返してきました。

 

編集者から与えられた項目を淡々と書く、というルーチンをすることで「無意識の力が起動!」していつの間にか孤独の催眠スクリプトを書いていて、あの孤独の苦しみから解放されていた。

 

無意識の力って本当に面白いんです。

 

それが、日常のどんなことでも「ルーチン」と思いながら淡々とこなすことで「無意識さん起動!」となって面白い展開になる。

 

実は、今朝は「簡単に楽しいことだけを書こう!」と毎朝のルーチンとして淡々と書こうとしていたんです。

 

淡々と書き始めていたら「無意識さん起動!」という感じになっていて「おい!今日はさっぱりとした優しいことを書くんじゃなかったの?」と自分でも書いていることにびっくり。

 

「朝から、ちょっとヘビーな内容じゃないの?」とか「ちょっと内容的に難しいんじゃない!」と無意識に突っ込みながらも淡々と書き進めてきたら「なんと!こんな展開だったんだ!」とびっくり。

 

「毎朝ブログを書く」というルーチンを時間を決めて、それを淡々とこなしているだけで無意識が起動して私が予測していなかった展開になっていました。

 

これって、学生時代とか研究所にいた時に細かいデータを処理していた時と一緒の感覚なんです。

 

淡々とルーチンでただデータを処理しているだけなのに「あ!新しい展開が見えてきた!」と自動的にステップアップしていく。

 

日々の掃除、片付け、事務処理、メールの返信、などをルーチン化してしまって、淡々とこなす、ということをやっていると「無意識の力が起動!」して面白いことになっていきます。

 

(つづく)

 

見ない、聞かない、反省しないーなぜかうまくいく人の秘密(SIBAA BOOKS)のアマゾンのレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

謎が解けた、と書いてくださってありがとうございます。この「何をどう切り替えても、どうして、こうしたら、こう言われるのか?こういうリアクションが来るのか?ちんぷんかんぷんで、万策尽きた」というのわかるな〜。常識的に考えてもわからなくて、周りの人にちっとも理解してもらえない。「あなたがおかしい」となってしまうから本当に厄介。謎が解けたのはめちゃめちゃ嬉しいです。私もちょっと前に、あるグループに入ったらそれを体験しました。なんだか嬉しいことを書いてくださって本当にありがたいです。繰り返し読むことでルーチン化して無意識さんが起動して、違う展開、そして癒しを見せてくれます。さすがです。

 

感謝!!

 

大嶋 信頼

 

 

 

 

 

 



新着記事

カレンダー

<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

プロフィール

検索

オンライン講座

著書のご紹介

mobile

qrcode

others