2019/02/08

「最近のブログのネタが難しすぎる!」と言われてショックを受けます。

 

私の場合、ショックを受けるって「ガ〜ン!」となるのですが、頭を固いもので叩かれたような感じになり、そしてお腹が痛くなってしまいます。

 

なんでしょう、頭の血流が下がっていく感じになり「前向きにものを考えられなくなる!」とうつ気分。

 

「そんな!大げさな!」と思うでしょ。

 

でも、本当にそんな一言で私は頭にも身体にもダメージを受けてしまって「なんだかやる気がなくなってきた」とテンションがダダ下がり。

 

「もうどうでもいいや!」と投げ出したくなる。

 

この状態がものすごく興味深い。

 

何もしていないのに、肉体的な疲労感を感じて、何もやる気が起きなくなる。

 

一生懸命に「人の言ったことなんか気にしなければいい!」と思っているけど「頭から離れない!」と苦しみ悶える。

 

あんた、ナイーブすぎなんだよ!と言われるとさらに傷ついて「ガーン!」とショック状態から立ち直れなくて「余計なものを食べ過ぎちゃう!」となって「なかなか寝付けない!」と寝られない布団の中で苦しみ悶える。

 

人の言葉って、すごいですよね。

 

脳にダメージを与え、そして肉体的にもダメージを残すことができる。

 

このダメージってなかなか人にわかってもらえない。

 

一般の人にこんなことを打ち明けても「あんた、考えすぎなんだよ!」という感じで「物事の捉え方の問題」にされてしまう。

 

そんな風に処理できたら幸せだな〜!

 

人の言ったことなんか全然気にしない!自分には関係ないもん!という感じで。

 

私は、それがいつの間にかできるようになっていた。

 

それは、お師匠さんの催眠スクリプトのおかげでした。

 

あの催眠のお師匠さんは、ただ訳のわからない物語を「ムニャムニャと話していて」最初は「なんだこのくだらない話は?」と聞いているのですが、だんだん「あれ?いつの間にか夢の中にいるぞ!」となって「はい!起きてください!」という感じでお師匠さんに起こされる。

 

「わけがわからんぞ!」と首を傾げながら帰るのですが、気がついたら「あれ?人の言ったことがそんなに気にならない!」となっているから不思議である。

 

私は、催眠のお師匠さんのスクリプトが大好きで、私が書く本は全て催眠的なスクリプトを練りこんでいて、その原稿を書いている私が催眠に入ってしまって「あ!どんどん自分が進化している!」となっている。

 

もちろん、このブログも同じで「わかるようでわからない」そして「わからないようでわかる」というお師匠さんの催眠スクリプトをお手本に書かせていただいている。

 

だから「難しくてよくわからない!」というのを聞くと「おー!効いているぞ!」となるわけですね。

 

「わからない」というタネが無意識の中に蒔かれて、そして、それがいつか芽吹いて「おー!」というものに成長していく。

 

いつの間にかみなさんの願いが叶っていて、淡々と皆さんが求めている方向に進んでいく。

 

その姿がとっても美しい。

 

私は、お師匠さんの所に通っている時に「あの人はお師匠さんの催眠ですごく変わっているのに、自分はちっとも変わっていない!」と思っていました。

 

そう!私はみんなのように頭が良くないし、優れたものなんか何にも持っていない、とお師匠さんのオフィスから帰る時にいじけてた。

 

缶が落ちていたら蹴飛ばしている感じ(最近は落ちていませんね!すごいぞ日本!)。

 

そんな私の足は、いつの間にかジョギングシューズを履いてジョギングコースをたくさんの人と一緒に走っている。

 

はー!はー!ぜー!ぜー!と息をしながら。

 

そして、こうして懲りもせずにブログを書き進める。

 

皆さんの脳につながりながら、いつの間にか自分の知恵じゃなくて皆さんの知恵をお借りしながら、こうして楽しく書き続けられる喜び。

 

そうなんです「後のものが先になり、先のものが後になる」ってあの人がおっしゃっていたけど「本当なんだな!」と私はたくさんの人たちの背中を見ながら思っています。

 

いつの間にか追い抜かれていくその心地よさ。

 

周回遅れでも、一瞬、その人たちの前を走る爽快感。

 

一生懸命に走っているけど、また追い抜かれるその悔しさの中に、私はなぜか心地よい希望を見出しているんです。

 

みなさんと一緒に走り続ける喜びを。

 

(つづく)

 

 



新着記事

カレンダー

<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

プロフィール

検索

オンライン講座

著書のご紹介

mobile

qrcode

others