2019/01/09

無意識で生きると楽チン。

 

意識で生きていた時は「なんで私ばっかり不幸な目にあうの?」という連続でした。

そして、なにをするにも「ビビビッ!」と感電しちゃって「動けない!」と次の行動ができなくなる。

 

食器を片付けなきゃ!とシンクに溜まった食器を洗おうと思うんだけど「やるのかったるいな!」と意識的に考えてしまったら、そこから芋づる式に「いつも、そうして放置していてどんどん汚いものが溜まっていく!」と浮かんできて「あ!そういえば机の中も汚くなっていたから整理しなきゃ」とか「頼まれた書類もできていないじゃないか」と自分を責めてしまう。

 

すると、そこから「自分の人生はこうしてやらなければいけないことを先延ばしにしてなにも成し遂げていない」というのが浮かんできて絶望的になり「何もかもが嫌になった」という感覚になってしまう。

 

昨日も書いていたが「ビビビッ!」って感電している状態で「痛いのに手が離せない!」のと同じで「不快なのに、その思考が止められない」ということで「ビビビッ!」と感電し続けて固まってしまっている。

 

考えないでさっさと立って食器を洗っちゃえば次の動きができるのに「考えちゃう」という意識状態で感電してしまって「やらなきゃいけないことがちっともできない!」となっていた。

 

これまでの多くの専門家は「考え方の問題」とか「脳の血流の問題」などとこの現象を分析していた。

 

私はこれを「発作」と呼んでいて「自分だけがちゃんとできていない」というところの”自分だけ”で孤独が刺激されてそれで発作が起きてしまって「感電して動けない!」となってしまう、と考える。

 

この対極にあるのが「無意識」になります。

考えないで動けちゃって、次から次へといろんな面白いアイディアが浮かんでくる。

 

私が、この休みの期間に体験した無意識は「これって私の脳だけで動いているんじゃないな!」という感覚だったんです。

 

こうして呼んでくださる皆さんと繋がっていてるから、新しい発見が次から次へと生まれる。

多分、一人の力で書いていたら「どん詰まり〜!」となって何にも新しいものが生まれない、となっていたはず。

 

それが「何かが違う!」と感じたあの感覚。

それが無意識さん。

 

この「自分一人の力じゃない!」と感じたのはやっぱり脳のネットワークが存在している、ということになります。

 

そして、意識的に生きていて「ビビビッ!」の発作を起こしている時も脳のネットワークにつながっているのですが、無意識の時となにが違うのか?という話になります。

 

お!これを書いちゃうのか?!

 

ストレートに書いてしまうと「私だけが孤独の発作を起こしている」というのと「私と一緒にみんなも孤独の発作を起こしている」との差なんです。

 

意識的な「私だけが孤独の発作を起こしている」というのは「なんで私だけが!」という思考パターン。

このタイプの孤独の発作は脳のネットワークを通じて大量の「ビビビッ!」の電流が流されてきて「感電しちゃって動けない!」となる。

 

無意識的な「みんなも一緒に孤独の発作を起こしている」というのは「みんな孤独」という思考パターン。

すると、脳のネットワーク上のみんなが発作を起こして発電している電気を「エネルギーとして使える!」となる。

 

ちょっと話がそれるかもしれませんが、電流ってマイナスの電気を持つ電子が原子から飛び出して移動することで発生します。マイナスの性質を持つ電子は、プラスに引き寄せられるんですが、これが電流になります。

 

これと同じで、人の怒りのエネルギーも「あいつは間違っている」というマイナスから「私が正しい」ということで生み出されます。意識的な判断は「正しい」or「間違っている」が基本になります。電気の仕組みを基準にすると「間違っている!」というのが最初に発生してそこから「私の方が本当は正しいのに!」で怒りのエネルギーが発生する。マイナスが最初でプラスに移動するのが電流。

 

この意識的な「間違っている」or「正しい」で判断していると脳内が「どんどん帯電していく!」となるんですが、脳のネットワークがなければ「自家発電をしてるだけ!」という状態になるだけ。でも、脳のネットワークにつながっていると電圧は水と同じで高いところから低いところに流れるから「どかーん!」とカミナリが落ちるように脳のネットワーク内で帯電していた気が一気に自分のところにビビビッ!と流されてきて「感電しちゃった!」となるわけです。

 

意識的な生活をしていて「間違っている」or「正しい」の判断を繰り返していると脳内でどんどんストレスという電気が溜まってきて、それが脳のネットワークの雷を呼び寄せてしまう、という仕組み。それに感電して「ビビビッ!」で動けなくなる。体がだるくて動かせない、という状態に。「なんか疲れやすいぞ!」と意欲が低下する。「イライラする!」と次から次へとチャンスを破壊させられちゃう。

 

無意識で生きる仕組みとは。

 

(つづく)

 

 

 



新着記事

カレンダー

<< March 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

アーカイブ

プロフィール

検索

著書のご紹介

mobile

qrcode

others