2018/10/11

公園に咲いていたバラです。

かすかに香ってくるバラの香りが素敵でした。

 

あ!そういえば!!

 

「お金の不安」から今すぐ抜け出す方法(総合法令出版)が発売になりました!!!

これ、書くの大変でした!

これを書いた後に「頭がウニ〜!」になっていた(頭がウニとは、頭が疲れて働かない状態を指します)。

歯磨き粉のチューブを搾り出すだけ絞り出して「もうない!」という状態からさらに「もう一回ぶん絞り出す!」という感じで書き上げた感じ(ナンノコッチャ!)。

編集者の無茶振りに応えて、応えて「どんだけ無茶振りをするの〜!」という構成案でした(まあ、終わってみれば楽しかったんですけどね)。

 

多分、みなさんは「総合法令出版」ってどんな出版社やねん!と思われるかもしれません。

実は昔、企業で企画書を書いている時に「企画書を上手く書く本」を出していたのがこの「総合法令出版」でした(題名は忘れちゃったけど)。出版企画を持ってこられたのは女性で、確かに何本も他の本の企画を抱えていたので「う〜ん?」となっていたけど「企画書の時にこの出版社にはお世話になったからな!」と思って「書きます!」と引き受けちゃいました。

 

今年は「お金持ち!」で攻めちゃいます!!

 

カードがだんだん揃ってきましたからね。

「嫉妬」とか「やる気」とか「スルースキル」や「自己肯定感」などから「豊かなお金持ち!」のコースへ一直線!!という流れがあるのかもしれませんね。

 

今、ここで書いているのがその流れで「自分の知能を知って、それなりに生きる!」ということを書いていますが、それが「お金持ちへの道」なんです。

 

心に「私の知能指数を教えてくれる?」と聞いてみて「え?ほんまかいな!」となりますね(ここで読んでくださってる方は)。

 

そして、自分の周りにいる人たちの知能を聞いてみると「え!な〜んだ!」という感じ「やっぱりな!」と。

 

私は「謙虚に生きなければいけない!」と思っていたから「みんな私よりも賢い!(知能が高い)」と思って「自分はダメだな」と蔑んでいたわけですね。

 

すると「ビビビッ!」と嫉妬の電気が飛んでくるのは、相手の脳に嫉妬の発作を起こさせちゃっているから。

 

嫉妬の条件は「自分よりも下の立場が、自分よりも優れたものを持っている」ということで起きちゃいます。

 

だから「心に聞いた知能指数」よりも「自分はバカなんです!」と振舞ってしまうと、嫉妬の条件が相手の脳内で満たされてしまって「ビビビッ!」となる。

 

心に聞いて相手の知能指数がわかる、ということは「脳のネットワークでこちらの知能も相手の無意識に筒抜け!」なんですね。

 

だから「潰してやる〜!」と竹の人たちが発作を起こして「ビビビッ!」と電気発作で脳のネットワークで電流を流してきて、それに感電した時に「もう絶望的だ!」という灰色の空のような気分になるわけですね。

 

相手の目的は「知的能力を潰せ!」だったりしますから、嫉妬の電流が脳の想像力の部位を感電させちゃって「想像力が全然働かなくなる!」という状態を作り出しちゃう。

 

せっかく電流が流されてくるのだったら、それを有効に使おう!というのが「嫉妬をエネルギーに変える」×7という呪文ですね。

 

エネルギーに変えて「快!」だけを選択して実行していくと「お金持ち!」のコースが見えてくるんです。

 

う〜!たくさん書きたい!

 

「お金の不安」から今すぐ抜け出す方法(総合法令出版)のアマゾンのレビューを早速書いてくださってありがとうございます。

お金持ちになるスクリプトですね。うまいな〜!最初に「上昇気流に乗りました!」というところから「怖いのは」という具合につながっていて、怖さを感じるということは「どんどん上空に上がって、お金持ちに近づいていく」というメタファーになっているんですね。って、説明しちゃダメでしょ!催眠的なスクリプトなんだから。素敵です!

 

「やる気が出ない」が一瞬で消える方法(幻冬舎新書)のアマゾンのレビューを書いてくださってありがとうございます。

追記でリスペクトのことを書いてくださってありがとうございます。リスペクトが通じていて嬉しいな〜!自分を曝け出す、というのは「尊敬」です。生身をさらけ出しているわけですから、傷つきます。でも、私が差し出しているのは苦しんで生きてこられたからなんですね。それを受け取ってくださる方が一人でもいればいい。「すごい恋愛ホルモン」がリスペクトの本と書いてくださったのもめちゃくちゃ嬉しいです。本当に環境によって全然違いますよね。だから嫉妬ってものすごく大切なテーマなんです。この体験談自体が素晴らしいスクリプトになっていて、読む方の心に浸透して生きますね。すごい!

本もブログも全部読んでくださってありがとうございます。私にとって、みなさんとのつながりが宝箱です。暗いトンネルがだいぶ明るくなったのは嬉しいな〜!真っ暗だ、というのは本当によくわかります。私に取ってはゴーリキーの「どん底」が現実でした。夢も希望もないんだけど「これが現実」という感覚が常にあって、あの本が手放せなかった時期があります。でも、それが嫉妬の電気によって作り出されていた幻想だったなんて、ちょっとショック。松竹梅の仕組みにちょっと気がついちゃいましたね。あはは!嬉しいです。

梅ジャムは美味しいです!は笑える〜!私は駄菓子屋にあった「梅ジャム」をイメージしていました。あれって、最近、製造が終了しちゃったんですよね。残念だな、ってもう小学生の頃から食べていないのですが「ある」というだけでどこか懐かしい感じがしていたのに。知能が梅になる、ということなのですが、私にとっては「駄菓子屋の梅ジャムだから精神年齢が幼い時代に戻ってしまう」という暗喩があそこにはあったんですね。レビューを初めて書いてくださってありがとうございます。語学のお話はすごいです!!心は本当にソロモンの叡智に等しいですね。ひゃ〜!感動。

 

スルースキル−”あえて鈍感”になって人生をラクにする方法(ワニブックス)のアマゾンのレビューを書いてくださってありがとうございます。

恋愛本で良い感じだったのに嫉妬本でリバウンドですみません。いや、本当に脳のネットワークってあるんだな〜!と思うんです。だって調子が良くなった瞬間に「どーん!」と問題を起こしてくれちゃうですから。それとか「ビビビッ!」で絶望感を流してくれたり。私もこんな風に書いていますけど、頭は大変なことになっていますから。ちょっと前まで「充電器に接続しなければ充電できない」となってましたが、最近では「置くだけで充電できる」に変わってきて、そのうちに宇宙衛星の太陽電池から充電できる、に変わっていくんだと思います。それと同じように「嫉妬に満ち満ちた人の破壊的な一言で脳が充電する!」から「脳のネットワークで接触していなくても脳が充電できる!」という感じ。私の脳では未来の技術じゃなくて現在もうすでにバリバリ起きちゃっている感じです。これは大変ですよね。でも、本当に心に聞くことでそれが簡単に解消されちゃうから怖い。すごいですね!!心に聞いて繋がるだけで乱れていたん脳内の電流が整ってエネルギーに変えられる。しかし、兄からのメールは受ける〜!あはは〜!脳のネットワークってあるんだな〜!

「自分がされて嫌なことは他人にしてはいけない」って本当に真面目な子供にはものすごい呪縛ですよね。私なんか「右の頬を叩かれたら左の頬も」といれられていたから「あ〜れ〜!」ですからね。スルースキルってそれらの植えつけられた常識を変えてくれて「美味しい人生」を生きられるようにしてくれますね。鈍感になるコツは嬉しいな〜!美味しい人生っていいですね〜!真面目な人生よりも「美味しい人生!」(って気に入っているでしょ!この言葉!あはは〜!)。美味しい暗示の言葉。

 

感謝!!

 

大嶋 信頼

 



新着記事

カレンダー

<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

アーカイブ

プロフィール

検索

著書のご紹介

mobile

qrcode

others