2018/02/13

心のバグを外してしまうと「自分の思い通りに世界が回っている〜!」となるんですよ。

 

前回のお話の続きで言えば「正しい or 間違っている」で判断する“万能感”というのが、心のバグの可能性。

 

人前で話をするときに「正しい or 間違っている」を考えてしまったら「間違ったらどうしよう?」と緊張しちゃうでしょ。

 

緊張しちゃったら「思うように喋れな〜い!」という現象が起きます(よくよく考えてみたらこの現象って不思議ですね)。

 

「緊張しないようにしなければ」と思うのも「緊張したら失敗しちゃうから」というのがあるから「余計に緊張しちゃうぞ〜!」となるわけなんです。

 

あの愉快な出版社の方が持ってきたこの「心のバグをなくしたら」というのはものすごく素晴らしいアイディアで「確かに、心のバグがなくなれば無敵になれるかも!」と思うんです。

 

完璧に心のバグをなくした方はブッダでしょうね〜!

 

多分、バグを完璧になくしてしまうと「世界が自分を中心に回っている!」という現象が起きちゃうんです。

 

バグが取り除かれてしまうと「これまでの歴史の出来事、そして周りに存在している人たちや、世の中に存在しているもの全てが自分のために用意されたもの」ということが見えてきます。

 

ある一つの風景を自分に見せてくれるためのバイナリーコードである、という真実が見えてきます。

 

「万能感」が自分の心の中に入っていると「世の中は思い通りにいかないカオスじゃ〜!」とグルグルになってしまいます(カオスは混沌としている様で、グチャグチャな感じをここでは表現しています)。

 

「正しい or 間違っている」とか「良い or 悪い」の判断は一切私にはつけられなくて「私にわかることは快か不快か」だけ。

 

これまでの経験や知識から私たちは「正しい or 間違っている」を判断しちゃう癖がついていますが「それを止めちゃおう!」としちゃえば「世の中全ての仕組みが見えてきて、自分のために世界が動いている〜!」というすごいことになっちゃう(ブッダはいいな〜!)。

 

愉快な出版社の方は「そんなの簡単にできるでしょ!」とおっしゃっております。

 

上司の言うことも聞けなくて「上司のやつムカつく〜!」と言っている人がどうしてそんなことがわかるのでしょうか?とみなさんは疑問に思われるかもしれません。

 

でも、実は真逆の世界にいる人の方が、真実が簡単に見えたりするんですよね(パラレルワールドの理論なのですが、説明が長くなってしまうので割愛させていただきます)。

 

すでに、あの愉快な出版社の方のおかげで「万能感」が心のバグであって、それが「快 or 不快」のバイナリーコードのデータを壊してしまって「絶望しか見えな〜い!」となっている、ということが見えてきました。

 

このバグを簡単に処理できる方法がある!と愉快な出版社の方は思っていらっしゃるんです。

 

その脳とつながっていると面白いことが見えてきました。

 

うそ!本当に簡単な方法があるんだ!!とちょっとびっくり!!

 

アメリカにいたとき、私は1000kmぐらいのドライブは平気でしちゃっていました。

 

長時間のドライブで眠くなってしまうので、同乗者と一緒に「バグを探せ!ゲーム」をやります。

 

やり方は簡単!Bugはフォルクスワーゲンのビートルの愛称です。

 

道を走っていて、バグを見つけたら「バグみっけ!」と言って、相手の肩を「パーンチ!」するんです(ガキでしょ〜!)。

 

相手に叩かれないように一生懸命になってバグを探すから「眠気が覚める!」となります。

 

どうやら、それと同じ要領で「心のバグを探せ!」をやれば良いみたいなんです。

 

普段の生活で自分を見ながら「正しい or 間違っている」の万能感を探すだけで「どんどんバグが取れていく〜!」となって「自分のための無限の世界が広がっている〜!」が見えてくる。

 

人のことを考えて「あの人は大丈夫かな?」と心配になったら「あ!万能感みっけ!」とするだけでOK!

 

やり方は簡単!

 

「快 or 不快」以外は全て「万能感」に通じています。

 

最初のうちは、結構頻繁に「あ!万能感みっけ!」を自分の中で繰り返すことになりますが、だんだん少なくなってきて「あれ?自分のために世界が回るようになってきたんですけど!」となるから面白い。

 

イエスは生まれつき心のバグがない人でした。

 

そんなイエスが「目をさましていなさい。私があなた方に言うこの言葉は、全ての人々に言うのである」と言っていました。

 

「目をさましていなさい!」って、あ!「バグゲームのこと?」とちょっと嬉しくなってしまいました。

 

運転中眠くなったら「バグゲーム!」で「あ!万能感みっけ!」とやっていると「眠くない!」となって真実がの世界が見えてくる。

 

そう、全ては自分のために世の中が回っている素晴らしい風景が見えるように変わっていきます。

 

万能感というバグが作り出す悪夢から覚めて。

 

(つづく)

 

アマゾンの「リミットレス!あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク」(飛鳥新書)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

自分が邪魔をしている、と書いてくださってありがとうございます。「いいえ、あります」のエピソードはすごいですね〜!これって本当にすごい現象だと思います。私たちの思考に必ず「恒常性」の機能が付いている、という証拠にもなりますね。「もう信じてるじゃない」の言葉を読んだときに目が熱くなりました。心とこうしてしつこいぐらいコミュニケーションを取っていくと、心は不思議なことを通して、私たちの万能感を打ち砕いてくれるんですよね。これってすごいことです!!ネコさんの心は最強です!!これからが楽しみです。いつも応援してくださってありがとうございます。いつも一緒ですね。感謝!!

 

目の前にある光、と書いてくださってありがとうございます。「これも、これも私と同じだ〜」というのはめちゃくちゃ嬉しいです。確かにこの本はいいですよねー!読みやすい!やっぱり心って無敵ですよね。「ちょっと(自分を)好きになれたかも」と思えたら心に聞きやすくなった、というのは素敵ですねー!私の場合は、心に聞いていったら、ものすごく嫌いだった自分のことが好きになってきました。自分が好きになると、人間関係が変わっていきますね。そして、光の方向へと。すごいです!!どんどん自由になって光り輝いていきますね!美しい〜!書いてくださってありがとうございます。感謝!!

 

アマゾンの「いちいち悩まなくなる口ぐせリセット」(大和書房)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

今の私にぴったりの心のレメディをいただきました、と書いてくださってありがとうございます。「本当は、心の中では相手にダメ出し」のくだりはすごいです。そうなんですよね。「嫌われてもいいや」で良かったんですね。この口癖のリセットは本当にすごいですね。確かに「相手をなんとかしてあげなきゃ!」がなくなりますね(って誰が書いてるねん!いまさらかい!)。いつも素敵な感想を書いてくださってありがとうございます。感謝!!

 

アマゾンの「無意識さんに任せればうまくいく」(PHP文庫)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

過食の原因見つけたかも!と書いてくださってありがとうございます。このお話は深いですね〜!前にもちょっと書きましたけど、私が頻繁に見ていた夢で、自分が泳いでいる下には、巨大な恐竜がたくさん泳いでいて「やばい〜!食われる〜!」と焦っているやつ。あの恐竜って、みなさんのリソースだったのかも?ということがわかったら、その夢を見なくなりました。無意識さんの世界ってものすごいことになっているんですよね。無意識さんに任せればうまくいく、って面白いタイトルですね。いつも応援してくださってありがとうございます。感謝!!

 

大嶋 信頼

 

 

 

 

 

 


2018/08/20


新着記事

カレンダー

<< August 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

プロフィール

検索

著書のご紹介

mobile

qrcode

others

PR