2018/02/06

ルサンチマンは「弱者が強者に対して、憤り、怨恨、憎悪、非難の感情を持つこと」でキェルケゴール(デンマークの思想家)が想定した哲学上の概念で、ニーチェ(哲学者)がこの言葉を「道徳の系譜」の中で再定義している(カタカナがいっぱい並んでおる〜!)。

 

昨日の「蜘蛛の糸」の話では、一体感を失った弱者が餓鬼と化して「自分は何をやってもいいんじゃ〜!」と酷いことをしてしまう様のこと。

 

芸能リポーターが有名芸能人の私生活を暴いて仕事を奪ってしまっても「こっちは貧乏なんだからそれぐらいやっても当たり前だろ〜!」というのがそれ。「そんな暴かれるようなことをするのが悪いんじゃ〜!」と罪意識が全くなくなる。

 

でも、正直、私もこの状態に陥ってしまう時がある。

「弱者なんだから、何をやってもいいだろ!」という感覚。

 

なぜなら、幼少期から貧乏な生活を強いられてきて、学校ではいじめられ、勉強もできず、みっともない格好で生活していて、誰からも見向きもされなかった。

 

そんな子供時代の感覚に戻ってしまって「弱者!」になって「みんな強者なんだから何をやってもいいだろ!」的な感覚になってしまう。

 

この感覚って、まさに一本の細い「一体感」の糸を奪われそうになって嫉妬の発作を起こして餓鬼とかしてしまった自分の姿鬼

 

「弱者!」という状態で「怯え!」が根底にあります。

脳の「恐怖」を感じる部位は、扁桃体です。扁桃体って「怒り!」を感じる部位でもあるから、怯えれば怯えるほど「怒りが増幅するぞ〜!」という感じになります(イメージとしては怯えている小さい子犬はよく吠えます犬)。

 

周囲の嫉妬の発作などを脳のネットワークで受けてしまうと「電気ショック!」という感じで扁桃体が刺激されて「ビビビッ!」となってしまう(理科のカエルの実験で解剖したカエルの足に電気を流したら「ピクピク動いている〜!」という感じで、電気で扁桃体がピクピク!痙攣して発作が止まらないぞ〜!となるイメージ)。

 

一度、弱者の発作を起こして餓鬼と化したら止まらない(「走り出したら、止まらないぜ!土曜の夜の天使だ〜!」は古いか!)。

 

破壊的、暴力的になってしまって「危ない人だ〜!」に変身しちゃいます。

 

これって発作だから、自分でコントロールすることができません!!

 

でも、 別にいいじゃん!破壊したって!と思う気持ちもあります。

自分が被害を受けなければ何をやったっていいじゃない!というのがルサンチマンの発作の状態。

 

「倫理的にまずい!」とか「道徳的におかしい!」なんて言ったって発作を起こしている人の脳には通用しないんです。

 

多分、最も私が恐れることは、弱者になることで「マタイの法則」が適応されちゃうこと。

 

   「持っている人はさらに与えられて豊かになるが、

 

     持っていない人は持っているものまで取り上げられる」

 

が、それです。

 

単純に考えてみると、嫉妬の発作を起こした脳だと一体感は感じられません(そりゃそうだ!)。

一体感が感じられなければ、ますます嫉妬の発作を起こして、ということを繰り返してしまうから「餓鬼のままじゃ〜!」となってしまうんです。

 

脳的に考えても、脳の発作って連続させちゃうと「止まらな〜い!」となって、その発作を起こしたままの人格が定着しちゃったりすることがあるんです(こわ〜い!)。

 

「一体感」の中に豊かな富と知識が隠されています。

 

そこから、どんどん遠ざかっていく〜!という恐怖。

 

単純にしたら「富と知識が相手によって奪われる!」になってしまいます。

 

それがさらに発作を起こさせて「悪循環じゃ〜!」という私がいるんです。

 

(つづく)

 

 

アマゾンの「リミットレス!あなたを縛るリミッターを外す簡単なワーク」(飛鳥新書)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

心とつながりを持つということ、と書いてくださってありがとうございます。「僕の心はかなり食い気味に答えてくれる」というのは面白いです〜!私の心もです!「質問の途中からかい!」とか「心よ!」で答えちゃってるよ!という感じになったりする時があります(どんだけせっかちやねん!)。「過去の自分が今の自分を祝福」っていいですね〜!すごいです!!リミットレス〜!心が教えてくれた暗示の言葉は面白いです。なんだか、その暗示ってわかる〜!確かに私は「大丈夫!」って言ってました。心よ!伝言をありがとう!!書いてくださってありがとうございます。感謝!!

 

無限に浸る喜び、と書いてくださってありがとうございます。こんなに厚い本なのに1日で読んでしまいましたか!!すごい!!お師匠さんの催眠が未だに効いているから、お師匠さんのことを書き出すと、途端に私は催眠状態に入ってしまって、当時に「タイムスリップ!」してしまうんですよね。TOMOKOさんさすがです。本当に力むんじゃなくて、淡々とした自然な世界にリミットレスは宿るような気がしています。あん時の言葉を唱えていたら、その反対の「他人の中の無限」が出てきたのはすごいですね。無意識とつながっていますね。人の心配が一切必要ないリミットレスの世界ですね。やっぱり心の答えって「質問を思い浮かべて言い終わるか終わらないかのタイミング」なんですね。心が教えてくれることって本当に面白いです。理にかなっているから、すごいです(私の理解している「理」ですけど)。科実家さんの「余裕だべ!」はみなさん結構気に入られて使われているみたいですね。あれはいいです!どんどんインストールされてどんどんリミットレス〜!という感じですね。これからが楽しみです。書いてくださってありがとうございます。感謝!!

 

アマゾンの「いちいち悩まなくなる口ぐせリセット」(大和書房)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

シンプルで平易な文、広く受け入れられそうです、と書いてくださってありがとうございます。確かに、この口癖の本って「グサグサくる口ぐせ」がいっぱいですよね。私も書いていて「う〜!」とダメージを受けてしまって「なかなか書き進めない〜!」と苦しんでいました。リセットの23はわかります〜!リミットレスからまたこちらの本を読み返してくださったのはすごいです。確かに!!わかる!!真面目に取り組まなくてもいいのかも〜!オホホホホ〜!これからが楽しみです!いつも応援してくださってありがとうございます。感謝!!

 

大嶋 信頼

 

 

 

 

 

 


2018/02/20


新着記事

カレンダー

<< February 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

アーカイブ

プロフィール

検索

著書のご紹介

mobile

qrcode

others

PR