2018/01/12

「自分は、周りの人から冷遇されているから、ダメダメ人間になってしまっている!」というのがどこかにありました。

 

「ちゃんと自分のことを周りから理解されていない!」とか「みんなから受け入れられないから本来の自分らしさが発揮できない!」と思っていたんです。

 

でも、これって「自分の言い訳だろ〜!」と思うわけですよ!!

 

こんなことをインターネット上で書いたら「なんでも人のせいにするんじゃない!」とお叱りを受けちゃいます(あんた!今書いてるやろ!)。

 

「いや〜!大変なことが起こっていますよ〜!」

 

「人前で緊張しちゃう」とか「自分が思った通りに行動できない!」や「落ち着いていられない!」などの問題があったとすると、

 

専門家は

 

「遺伝的問題(発達障害など)の可能性が35%ぐらい」とか

 

「親からの虐待や受け入れられなかったことからの自己肯定感の低さの可能性が25%」や

 

「身体的問題(血糖値や性腺刺激ホルモンなどの内分泌など)が30%」と考えます。

 

後は、本人が言っている通りに「周りから不当な扱いを受けている可能性10%ぐらい」というようなことを考えるんでしょうね(もちろん他にもたくさんの可能性を考えるのですがサンプルまでに)。

 

最近、「嫉妬の本」を出しましょう!と言われて、編集者から「嫉妬の発作をブロックする方法を考えて!」と言われて、編集者の脳を借りて「なるほど!この手があったか!」と簡単な手法が生み出されます。

 

自分で使ってみて「へ〜!こんな風に効くんだ!」と効果を確かめたところで皆さんに使っていただいたんです。

 

すると「え?」ということが起きます。

 

ご本人がおっしゃっていた「周りが冷遇するから!」というのが本当だったんだ!

だから、これまで症状が変わらなかった!

 

嫉妬の発作をブロックするようになったら「今までとは全然違うんですけど〜!」となるから「やばい!」と焦ります。

 

普通、「周りの人たちが私を冷遇するから」というのは「被害妄想でしょ!」とされてしまって相手にされないのですが、「いや!本当にありますから!!」という感じ。

 

こんなに顕著に違ってくると「嫉妬の発作ってすごいんだな!」と改めて思います。

 

そして、やっぱり脳のネットワークって存在するんだな〜!と改めて実感するんです。

 

脳のネットワークを通じて嫉妬の発作が飛んできて「ビビビッ!」と電気ショックを与えられちゃうから「怖くて動けない!」と一歩踏み出せなくなるわけですから。

 

前向きに動こう、考えようとすると「ビビビッ!」と「電気ショック!」というのが飛んでくるから、それを避けて「インターネットを見るのがやめられない!」という面白い条件付けができちゃうんです(非生産的なことをしていないと電気ショックが飛んでくる体)。

 

今、私自身の常識が変わろうとしてきてます。

 

この「常識が変わる」が無意識さんの世界であって「リミットレス」の感覚なんですね(リミットレスって「え〜!性能の限界が無いじゃん!」という状態のことを言います)。

 

もう一つの「リミットレスになる方法」が心に聞くです。

 

昨日も「やりたくないことをやることで無意識がそこに宿る」と書いていました。

 

「心に聞く」をやってみるとまさに「やりたくないことをやる」ということの連続だったりするんです。

 

「お腹が空いたな〜!」と思ってコンビニに入って「こころよ!何を食べたらいいの?」と聞いても「何にもいらない!」と答えが返ってきて「ショック!」となります。「ちぇ!何にも普通の人のように食べられないのかよ!」とうなだれながら店から出てきます。

 

朝起きた時に、なぜか気分が落ち込んでいて「こころよ!今日は疲れているみたいだから文章は書かなくていいよね!」と聞いてみると「いいえ、書きます!」と言われて「え〜!」となります。

「心よ!何を書くの?」と聞いてみると「明るくて楽しいこと!」と言われて「だから、気分が下がっているんですって!」と思うんですが「明るくて楽しいこと!」と言われて、書き始めてみると「お〜!こんな風になっていたんだ!」とまさに、私の意識の常識を超えた無意識さんの世界に触れることができます。

 

休みの日も「心よ!今日は疲れているから海に行かなくていいよね!」と聞いてみると「いや、行きます!」と言われて「え〜!」となります。何度も「心よ!まじで?」と確認しても「行きます!」と言われて、私は毎日海に通うことになり「ひえ〜!」となっていました。

 

でも、そこで、私の意識の常識を超えた不思議な世界が見えるから面白い。

 

心に聞いて、やりたくないことをやっていると、どんどん私の目の前の世界が開けてきて「確かにリミットレス」なのかも!とすごいことになっていくんです(でも、心よ!無茶をやらせ過ぎ〜!)。

 

(つづく)

 

アマゾンの「無意識さんに任せればうまくいく」(PHP文庫)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

つかめたかな、と書いてくださってありがとうございます。なんだか、最初の一文はものすごく嬉しかったです。あの「あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ」は、本来、無意識さんの本の解説本みたいになっているはずだったんです。青山ライフの社長に「遺伝子」ってタイトルをつけたらみんなが手に取ってくれなくなるからやめましょうよ!って言ったのに「も〜!」という感じ。タイトルがあれだから内容を勘違いして取られちゃうんです。すみません、愚痴を言ってしまって。「(意識は)今までずっと私を守ってきてくれたんだな」という気づきが素敵です。「アナと雪の女王」の洞察は深いです!!あの映画の最後のあのシーンが浮かんでくるようです。本当に日常が催眠状態なんですよね。すごいです。最後のまとめが最高です!!いつも応援してくださってありがとうございます。感謝!!

 

 

欲しかった言葉、と書いてくださってありがとうございます。レビューが一つのスクリプトになっていますね。この方は、只者ではないな。読んでいて、お師匠さんのスクリプトを思い出していました。お師匠さんの現代催眠の講座をたくさんの方が受けて、そしてお師匠さんに習ってスクリプトを書いていました。短いスクリプトが無意識さんに働きかけて、知らず知らずのうちに、意識と無意識を統合されて自由になっていく。そんなスクリプトとまた会いたくて、無意識さんの本を書いたんです。そして、それを読んでくださった方が、素敵なスクリプトを紡ぎ出す時に、私の中から熱いものが込み上げてくる感覚を感じていました。書いてくださってありがとうございます。感謝!!

 

大嶋 信頼

 

 


2018/07/14


新着記事

カレンダー

<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

アーカイブ

プロフィール

検索

著書のご紹介

mobile

qrcode

others

PR