2017/11/29

怒りから解放されて行って、豊かなお金持ちになって行くクライアントさんを見ながら「いいな〜!」と正直思うんです。

 

怒りから解放されると、本当に自由になって行くわけですから。

 

すると、周りが必ず嫉妬して「あー!自由になった人の足を引っ張っている!」というのが見えて来ます。

 

ここが厄介ですよね。

 

多分、ここでブログを読んでくださる方は「嫉妬のない世界を見たい!」と思っていらっしゃるのだと思います。

 

そんな世界を作りたいですよね。

 

ある方の場合は、怒りから解放されて自由になって行けば行くほど「上司が仕事を回してくれなくなった〜!」となるんです。

 

ある方の場合は、自由になってお金持ちになって来たら「意地悪をして来るやないけ〜!」となるんです。

 

ここら辺がカウンセリングの矛盾なんですよね。

 

自由になって行ったら、みんなと仲良くなれると思っていたのに〜!

 

置いていかれそうな人たちが、一生懸命に不快なことを言ったりやったりして「足を引っ張るようになったやんけ〜!」と。

 

以前は、この周りからのおかしいな反応で「自分は周りの人に受け入れてもらえないダメな人間なんだ」と自分に対しての誇りが持てなくなっていました。

 

自分に対しての自信が持てなくなると「周りの人が反応しなくなった」ということで「自信がないままがいい」と無意識で思ってしまうのかもしれませんね。

そして「自分は自信がないんです」というのがいつのまにか定着しちゃいます。

 

怒りから解放されて、様々な執着を捨てられて、真実を追求するようになると「みんなが私から離れて行くやんけ〜!」となります。

 

多分、そこで周りから影響を受けないで、追求し続けたら「ステップアップ!」となり、自分にとって必要ない人が自分から離れていき、そして自分にとって本当に必要な人だけが寄って来る、という現象が起きるんです。

 

そのためには「自信が必要!」となりますが、自信って周りからの「いいね!」に左右されてしまうから難しい。

 

ある高校生の子が家に引きこもって、漫画とかゲームをやり続けていました。

 

そしたら、今度は突然、哲学書を読み漁り「きゃ〜!私よりも哲学の知識があるかも〜!」という脅威になります。

 

この高校生の場合「勉強をすることに意味を感じない!」となります。

なぜなら、勉強すればするほど、周囲からの嫉妬を受けて、潰されて「自分は極貧生活を送るしかないんだ」とわかっているから(鋭い!)。

 

これまで散々周りの子からやられて来て、痛い目にあっているから「自信がない!」となっていたんですよね。

 

私も彼の知識を目の前にした時に脅威を感じるぐらいだから、父親からも嫉妬されて潰されているだろうな!と思うんです。

 

そんな高校生が、それまでの怒りから解放されて行くと「あ!少し勉強したくなって来た!」となり「ちょっと極めて見たい!」となって「やった〜!」と喜んでいました。

 

そこで、私が高校生にチェックします。

 

「なんのために勉強をするんですか?」と尋ねてみると「勉強によって自分の内面を見つめて真実を極めるためです!」と迷いもなくおっしゃった。

 

「あか〜ん!」

 

高尚なことを言えばいうほど、真実に近ければ近いほど嫉妬されるやんけ〜!というツッコミはカウンセリング中は入れません。

 

冷静に「その目標を周りの同年代の子や先生に伝えた時にどんな反応をしますか?」と高校生に尋ねて見た。

 

すると冷静な高校生は「みんなから嫌悪されて勉強をやる気がなくなっていきます」と答えた(わかっているやないか〜!)。

 

そこで私が「稼げるようになって真っ赤なフェラーリに乗るために勉強をしています」という回答を周りにしたらどうなりますか?と尋ねて見た。

 

すると高校生の表情が急に明るくなって「周りからは受け入れられるようになります!」と嬉しそうに答えた。

 

「下世話な目標をダミーで掲げていた方が、周りからの圧力が少なくなるんですね!」と高校生はおっしゃって、嬉しそうに帰っていかれた。

 

どうやら、高校生にはようやくお金持になる道が見えたみたいなんです。

 

真っ赤なフェラーリ〜!


2017/12/16


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR