2017/11/21

新聞を読んでいる人を見かけて「あ!新聞を読まなくちゃ!」と思っている自分がいます。

 

多分、政治や経済の記事を読みながら、世の中で起きていることを把握したい、と思っているのかもしれませんが、なぜか、本の広告欄とか、マンションや家を売り出しているチラシ広告などが真っ先に目に入ってきてしまいます。

 

チラシを見ながら「このチラシのデザインはどんな人がどんな思いを込めて作り上げているんだろう?」なんて考えていると、働き始めた頃のことを思い出すんです。

 

新聞なんか読む余裕が全くなかったあの頃。

 

人々が行き交う喧騒の中である感覚と共に私は歩いていました。

 

「働く」ということがどういうことなのかは、子供の頃から想像していたのですが、実際に働いてみると初めて冷たい炭酸飲料を飲んだ時のことを思い出すような、そんな感覚があったんです。

 

それまでは甘くて優しい飲み物が「一番美味しい」と思っていたのですが、炭酸飲料を飲んだ時のあのシュワシュワッという音と共に感じられるあの感じが「あ!大人になったかも!」と思ったあの瞬間。

 

あの光の中で飲んだあの時の感じが働き始めの私の中で思い出されていたんです。

 

人々の声が静かに響く中で、電話対応や書類の作成の仕方、そしてコピーの取り方などを覚えなければなりませんでした。

 

それをしながら「自分がしたかったのはこんな仕事なのか?」と思いながらも「これがいつか大きな仕事をするための一歩なのかもしれない」と何かを信じながら仕事をしていたんです。

 

時折「仕事ってこんなに簡単でいいのか?」と思うこともありました。

そしたと思ったら、仕事の重さを感じる時もあったんです。

 

あの時、自分は、なんであんなことを思って、あんな決断をしたんだろう、とあの時の自分のことを振り返るんです。

 

そうなんです。あの時の私の想いはどこにあったんだろう、って興味が湧いてきたんです。

あの時は、単純に思えたのですが、今こうして、振り返ってみるとあの思いには何か深いものがあったのかもしれない、って振り返りたくなったんです。

 

あの靴を履いて、あの服装をしていた当時の自分を思い返して、振り返ってみると面白い感覚が浮かんできました。

 

もしかしたら、あの時の自分が、思い浮かべていたのは、今の私よりもさらに年齢を重ねて、長い長い眠りにつく直前の私の姿だったのかもしれません。

 

長い眠りにつく前の私は、その働き始めた時の自分を見た時に、なんて声をかけるのだろう?ってあの時の私は、考えたのかもしれません。

 

長い眠りにつく前の私があの当時の私にかけてあげたかもしれない、その優しい言葉が私の中に響いてきたときに、一つの感覚が感じられるのかもしれません。そう、不思議と手に優しくて温かい感触が、私をある気持ちにさせてくれたんです。

 

その私の手に感じたのは、誰かの柔らかい手の感触だったのかもしれません。

 

その優しい手の感触と共に「あの時の自分のあの決断って今の私のためにあったのかもしれない」と感じられるような気がしたんです。

 

あの当時の人々の声が響く中で、私は、私のために何ができるのか。そして、今の私が何を求めているのか、そんなことがその時の私は、はっきりわかっていたのか、いなかったのか。

 

その当時感じられた手の感触と椅子の感覚。そして、今の椅子との座り心地の違いはどこにあるのか、と感じながら、今、私は座っている椅子の感覚を確かめることができます。

 

そして、この座っている椅子の感覚を確かめていると、フッと、小学校の時に座っていた、教室の木の椅子に座っていたあの感覚を思い出したりするのかもしれません。

 

教室に響く周りの子達の声が聞こえてきます。

 

そして、窓の外にはあの時、ぼーっと外を眺めていた風景が広がっています。

 

そんな幼い私が、周りの活気ある声の中で、ぼーっと外を眺めている時に、フッと感じたあの優しい手の感触を思い出したりするんです。

 

誰から握られたわけでもないのに、そう、誰かが優しく手を置いてくれたあの感覚って、いつ感じたんだろう? あの当時の自分は気がつくこともできなかったのかもしれません。

 

今、私は、その手の感触を感じながら「私の中で、一本の優しい線が繋がっているかも」と気がつくのかもしれません。

 

そう、手と手が重なった時に、私の中で閉じていた蕾が開かれるように、花びらの一枚一枚が広がって、そこから優美が香りが広がっていくのかもしれません。

 

その優しい手の感触と共に。

 

そして、私は、私の体に流れていく爽やかな空気を感じていきます。

 

 

ひとーつ!爽やかな空気が頭に流れていきます!

 

 

ふたーつ!頭がだんだんと軽くなっていきます!

 

 

みっつ!大きく深呼吸をして、頭がスッキリ目覚めます!

 

お金持のスクリプト(怒りを脳に帯電バージョン)でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2017/12/16


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR