2017/10/03

「ずるい人」が周りからいなくなる本(青春出版社)を色んなところで紹介してくださってありがとうございます!!

 

ものすごい勢いで広がっています!!

 

みなさんの力ってすごい!!

 

アマゾンでレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

暴力的に荒々しくも美しい大自然の絶景、って書いてくださってありがとうございます。この方の文章を読んでいたら、ラベルのボレロの曲が頭に流れてきました。踊っていたのはジョルジュ・ドンさんです!(ってなんのこっちゃ!)。読ませていただいていて何だか、あのボレロのダンスの意味がちょっと分かった気がしました。そして、どんな時でもどんなところにいても、どんなに嫉妬されても美しく舞うことができる。そんな姿が浮かんできたんです。バレエって、美しく踊るためには基礎がものすごく大切なんですよね。そして、美しく舞うイメージも。多くのバレエダンサーって周囲の嫉妬で怪我をしたりして潰れていくんですよね。でも、その嫉妬の状況を「関係の更新」しちゃったときに、世界がガラッと変わってセンターで踊る美しいダンサーになるんでしょうね。そんなダンスが見えるよう。何だかこれからが楽しみです。いつも応援してくださってありがとうございます。感謝!!

 

人は変われるのか、と書いてくださってありがとうございます。悔しさをわかってくださってものすごくうれしいです!というか、ものすごく大変だったんですね。読んでいて私も「キ〜!」となってしまいました。私も同じところにいて、まったく同じようなことを偉い先生から言われ続けてきました。でも、それが嫉妬からなんて、なんとなく気が付いていたけど「私の思い込み」とずっと信じていました。違ったんですね〜!この本を書いていて、私は確信しちゃいましたから。だって、この方のエピソードを読んでいても「あ〜!嫉妬されて潰されていたのね!」ってわかるんですから。Aタイプで「ずるい!」と反応しちゃうのは”潜在抑制機能障害”のモデルでアレルギー体質の方の為の遺伝子コードとなっているために「本当に効くんかよ?」という疑問が私の中にもあります。ただ、私があのコードの中の「アング」を唱えていて、道端の汚物に目がいかなくなった、ということと、電車に乗っていてずるい人を見なくなった、という実感はあります。アレルギーが減ったという実感ほど「変わった!」というものじゃなくて地味な感じなのですが、確実にストレスは減っていて興味深かったです。ケースを見ていると「アング」だけはクライアントさんが気に入って継続して唱えてくださっていて「あ!周りの人にぶらされなくなっている!」ということを観察できることから「これは凄い!」と思っていて、本当にアレルギー体質と人間関係って関係があるんだ!とびっくりします。この方が「関係の更新」をしたらすごいことになりそうですね。いつも応援してくださってありがとうございます。感謝!!

 

関係の更新しまくり、と書いてくださってありがとうございます。自分が変化すると人間関係が変わっていきますよね!自由に変わっていくと周りがざわつくんです。先日も、お兄ちゃんが本を読んで変わってきたら、引きこもっていた妹が急に出てきて暴れ出した!というケースがあって「ヒエ〜!」となりました。でも「妹が嫉妬したんだ!」ということですべてがつながって見えてきて、それに気が付いたおにいちゃんが「関係の更新」をしてさらに自由になった、というのを見て「すげ〜!」と思っていました。今までの本で一番深く効いた、と書いてくださってありがとうございます。確かに表紙は可愛いのですが、中身は激しいですよね。「運がいい人を見るとずるい」となるタイプの遺伝子は確かに小脳に関連するものなんです。もう一つの特徴は「算数障害」です。意識的には計算ができても、無意識の部分で「計算が苦手」となっていると「運がいい」の確率の計算を怠ってしまうから「ずるい!」となる仕組みです。算数障害があると「ずるい!」で決断力が鈍って損をして「なんでほかの人ばっかり!」とずるい!の連続発作が起きてしまう、という仕組みになります。ちなみにリーキーガットの遺伝子は今のところ2だけみたいなんですよね。でも、間違いから発見したアングが一番聞くから興味深いです。3月から読んでいただいて、すごい変化ですね!!めちゃくちゃうれしいです!日本が元気になる予感が!書いてくださってありがとうございます。

 

関係の更新は凄い!と書いてくださってありがとうございます。カウンセリングを受けていらっしゃる方は、最新の遺伝子コードを使っているから「物足りないかも?」と心配していました。でも、あの流れからの「関係の更新」なんですよね。編集者の方とつながってくださっている皆さんの脳をお借りして書き進めて行ったら、私も予測できなかったあの展開。すごいです!!「関係の更新」のエピソードを読んでいて鳥肌が立ってしまいました。書いてよかった!皆さんの脳と繋がっていてよかった!あきらめなくてよかった!本当にありがとうございます。ずっと応援してくださっていてありがとうございます。感謝です!!

 

ゆるいイラストだが中身は濃い、と書いてくださってありがとうございます。「こんなことまで書いちゃって」とこれまでの流れからここにたどり着くまでのことを知っていただいて、この価値をわかってくださるのはありがたいです。確かにこの本を最初に読める人ってずるい!と思います。「ずるい!」と思っちゃったから私も唱えよ!「関係の更新」でたくさん強者が増えたら日本は凄いことになると思います!!楽しみです。いつも応援してくださってありがとうございます。感謝!!

 

メモを取りながらじっくり読みました、と書いてくださってありがとうございます。イジメのからくりが腑に落ちた、と書いてくださったのはものすごくうれしいです。そうなんですよね。「ずるい!」の反応は一つじゃなくていろんなパターンがあるって、私もこの本を書いていて気が付きました。普段、診断するときは多軸診断といって、一つの症状に対して、複数の診断名が付き、それぞれの診断名から立体的に症状を見ていきます。色んな観点から見ていくと、平面的じゃなくて、立体的に物事が見えてきて「なんだ!こんなことだったんだ!」と楽になれるんですね。「過去の自分と一緒に唱える」の喜びを気が付いてしまいましたか。うれしいです。8月からってすごいです。書いてくださってありがとうございます。感謝!!

 

違和感の正体を知ることができたかも、と書いてくださってありがとうございます。「ずるい!」と感じていなくて「なんで自分が?」というのはよくわかります。自分ばかり損をする、ってわかるな〜!すべてを背負っちゃってますから。ずっとそれでしたから。「自分が損をしなくなる本です!」と書いてくださったのはうれしいです。違和感の正体がわかってうれしいです。いつも応援してくださってありがとうございます。感謝!!

 

みなさん!!ありがとうございます。感謝!!

 

大嶋 信頼

 


2017/12/16


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR