2017/08/08

皆さんのおかげで原稿が終わりました〜!

 

昨日あれから全力で原稿用紙15枚文を書き上げ「終わった〜!」となりました(もちろん「すぐに不安になってしまう」すばる舎のリミットレスの呪文を唱えてですけど。じゃなきゃ2時間で15枚は無理だわ!あの呪文は本当にすごいかも!でも、禁断の呪文を使って書いたのでちょっとインチキをしてしまった後ろめたい気持ちもあります)。

 

2冊分の原稿の大まかな部分が完成で「やった〜!」でした。

 

今月中にあと2冊を仕上げなければ!

 

あの「すぐに不安になってしまう」が一瞬で消える方法(すばる舎)の呪文はすごいですね。

「今日中には仕上げられないかも〜!」と弱気になっていても、7回ワンセットを3セット唱えたら、何も考えずに無心に2時間連続で書けちゃって、出勤時間には終えてましたからね!!

 

あの呪文すげ〜!と思いながら出勤して仕事をしていたら、ある方が、ご主人の故郷であるカナダに帰省して日本に帰っていらっしゃって「すごいんです!」と嬉しい報告をしてくださいました。

 

ご主人も奥様も時差ボケになって「眠れな〜い!」ってなっていました。

奥さんの方は朝の3時ごろに目が覚めちゃって「眠れな〜い!」となっていたら、隣にいたご主人が「僕なんて5時間ぐらいずっと眠れてない!」と苦しんでいらっしゃった。

 

そこで奥さんが「こりゃまずい!」と思って「すぐに不安になってしまう」に書いてある“血糖値”の呪文を英訳して「これを7回唱えてみ!」とご主人にお伝えしたら、ご主人は5分後に寝息を立てていたんです!いつの間にか眠っていた、ってすげ〜!

 

でも、眠れない時に“血糖値”ってよく思いつきましたね!!あの本には“血糖値”の呪文は「頭が騒がしくなったら」という場面で書いてあったと思うのに、眠れない時に使うなんて「やるな〜!」すごいです。

 

英語でも効くんだ〜!というのはちょっと嬉しいです。

 

唱えるだけって本当に便利ですね。

 

その方のお話でご主人の両親と兄弟の家族と一緒に湖畔のコテージで宿泊した時に、自分もみんなと一緒に楽しんでいるつもりだったのに、ご主人のお母さんから「〇〇ちゃんは、一人だけ楽しんでいない!楽しまなきゃダメよ!」と言われて「え?楽しんでいるのに!」と嫌な気分になってしまったんです。

 

でも、嫌な気分になったら〜!その時は「小さなことで感情を揺さぶられるあなたへ」(PHP)に書いてある「嫌な気分を入れてくださった方にお返しする呪文!」を唱えちゃいます。

 

すると、なんと、その方はすっきりして、次の日も元気だったのに、その方以外の家族がみんな体調不良になって「ダウン!1!・2!・3!カンカンカン〜!」になってしまったんです(ひえ〜!)。

 

蟻の世界の2・6・2では、働く2割の蟻のストレスを、下の2割が受け取って動けなくなって、ストレスのはけ口となります。

ストレスは上から下へと流れてくるので、弱い立場の人が「ひえ〜!」ってなってしまうんです。

 

「だったら、流されてくるストレスをお返ししちゃえばいいじゃない!」ってお返ししちゃったら「あれ〜!みんなそんなことで倒れちゃうの〜?」っていうような感じ。「私なんていつもそんなの抱えさせられてきたのよ〜!」というような感じ。

 

私なんか、ずっと人のストレスを請け負わなければいけない、って思っていました。

 

でも、この呪文を唱えてみると「あ!人のストレスを返しちゃって、自由に元気になっていいんだ〜!」と思えるんです。

 

ストレスをお返しして足枷が外れてみると「今までどんだけハンディーキャップを負って動いてきたんだ!」と思うぐらいフットワークが軽く、好きなことが自由にできるようにじわじわとなっていくんです。

 

面白いですよね!

 

編集者の方の脳を使って本を書いていくと、アンダーグラウンドの2割の世界から、徐々に這い出すことができて「あ〜!一般人の感覚ってこんなに自由なんだ!」という体験ができるんです。

 

そして、さらに上を目指しちゃうんです。

 

そう!嫉妬のない世界へと駆け上がっていくんです。

 

楽しみ〜!

 

アマゾンで「小さなことで感情をゆさぶられるあなたへ」(PHP研究所)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

すべて読んでいます、って書いてくださってありがとうございます。唱えるのは適当で大丈夫です。どちらでも効果は同じみたいなので、唱えやすい方をお勧めします。書いてくださってありがとうございます。

 

ぶっ飛んだ切り口、って書いてくださってありがとうございます。なに?この方?やってらっしゃることがものすごく的確なんですけど!!凄すぎる!!って多分、相当苦しかったんでしょうね。本当に大変な思いをされてきたんでしょうね。でも、びっくりです。ぶっ飛んだ著書をリクエストしてくださり、ありがとうございます。青山ライフさんにお渡した原稿はどうなるのでしょうかね?これまで通り、あまり編集しないとぶっ飛んだ本が出来上がります。もし、青山ライフさんが次に出す本がぶっ飛んでいなかったら、皆さんのリクエスト通り、ぶっ飛んだ原稿を書かせていただきます。それもストットル全開で(みんな、ドン引き〜!あはは〜!ってやつを)。でも、書いてくださった回復の流れは凄いです!!!ありがとうございます。

 

色んなテーマを網羅、と書いてくださってありがとうございます。実践してみて「気持ちの切り替えがいくらか早くなり、精神的な負担が少し軽くなった」と書いてくださってありがとうございます。嬉しいです。サザエさん症候群というんですか!!知らなかった。私も以前は、休みになると休み明けの出勤時のことを考えてしまって「休みなのに憂鬱」になっていました。私の場合、休みに入って原稿を書くために引きこもっていると「外に出るのが怖い!」となってしまうから「何でだろう?」と思っていました。最近の研究で「mDia(エムディア)」というタンパクが脳神経で増えると「不安!」が増幅するかも?というのがあります。そこから考えると、人と会わなければ、私の脳内でそのタンパクが増えちゃって「不安」がどんどん膨れ上がっちゃう、という感じ。これは予測なのですが、ジョギングなどの運動を始めるようになってから、この症状がほとんどなくなったということから、運動をすることで、その脳神経のタンパクを分解する酵素が増えて「引きこもっても分解しちゃうから大丈夫だぞ!」となっている気がします。以前のようには憂鬱にはなりません。独立行政法人理化学研究所の研究では「葛藤を処理する脳基盤の発達に脳内タンパク質「X11L」が関与、と発表しています。X11Lというタンパクが欠損しちゃうと「会社を休みたいけどどうしたらいいの?」という葛藤下で消極的になるのは変わらなくて、積極性だけが低下しちゃう、という状態になってしまいます。要するに意欲や社会性がX11Lが足りないとうまく機能しない、というお話みたいです。この場合は、運動して効果があるのかどうか?はわかりません。運動によってX11Lのタンパクが増えるかどうか?とっても興味深いです。私の方でも研究してみます。

 

悩みを解決してくれた、と書いてくださってありがとうございます。これまでの書かれていた本のエッセンスがギュッとつまった感じとの感想をありがとうございます。そうなんです!ちょいワル編集者から搾り取られました。でも、それで足かせが外れたのでしたら本当にうれしいです。いつも応援してくださってありがとうございます。感謝!!

 

アマゾンで「ちいさなことにイライラしなくなる本」(マガジンハウス)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

ちっちゃなことが起きて、のセルフレジのエピソードは凄いですね!!きっぱり言えててすごいです!!怒りって、本当に自分を守ってくれるものなんですね。そして、嫌な気分を一掃してくれたって素晴らしい。そうなんですよね!唱えてちゃって、私たちが嫌な感情を請け負わなければ、自然とすべてが必要な方向へと流れていくんですよね。怒って、私たちが「何とかしなければ!」と思っていると、一向にそんなことが起きないのに、手を放した時に、すべてが良きになされるんですね。すごいです。レビューを思い切って書いてくださってありがとう!!感謝!です!

 

「小さな怒り」の蓄積が、と書いてくださってありがとうございます。この本の編集をしたちょいワル編集者ってすごいんです!!恥ずかしい話、私なんて書くまで「何?小さい怒りって?」と気が付かなかったですから、こんなこと。読んでくださって、この精密さに気が付いてくださったのはうれしいです。すごいです。解消されない「思うようにならない自分に対する怒り」というのは鋭いです。それがあるということは、もしかしたら、究極の姿を目指しているのかもしれない、と思うんです。それはブッダと同じ姿で、すべての執着から解放された自分かもしれません。だから、怒りながら、ちょっとずつ色んな執着させられているモノから解放されていくのかも?なんて思ったりします。私は怒るたびにいろんなものを失ってきた過去があります。それがいけないことと思っていたけど違ったんですね。怒りって本当に面白いんです。本当にありがとうございます。

 

日々感じる不安の陰には、と書いてくださってありがとうございます。汗でご自身を分析なさっていることってものすごく深いです。人から侵入されることの不快感から「汗をかいて防衛してる」というのは非常に興味深いです。侵入されても自分の魂には影響が全く無い、ということがわかれば汗は必要なくなるのかも?という可能性も見えてきますね。本当に自分のことって知らないことが多すぎますね。

 

(つづく)

 

いつも応援してくださってありがとうございます。

 

感謝!!

 

大嶋 信頼お礼

 

 

 


2017/12/16


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR