2017/08/01

あるお父さんが「息子にイラっとするんです!」とおっしゃっていました。

 

一緒にスーパー銭湯に行った直後に「また、お風呂に入りに行こうよ!、また、お風呂に入りに行こうよ〜!」と何度もなんども言います。

 

「〇〇君!スーパー銭湯に行ってきたばかりじゃないか!」とお父さんはイラっとしてしまうんです。

 

すると息子さんは「あ!お父さんは、またイラっとした!大人気ない!」と指摘するので、お父さんはさらにイラっとしてしまいます(ケースは加工してあります)。

 

お父さんは単純に「子供のわがまま!」と解釈をしてしまいます。

 

お風呂に入って気持ちよかったから「また行きたい!」って言っているんだろ!と思ってしまうんです。

 

「そんなに子供のわがままで親は振り回されていられませんから!」とイラっとしてしまうんです。

 

「ちいさなことにイライラしなくなる本」(マガジンハウス)の「怒り発見器!」を使って「息子は本当はなぜお風呂に行きたがるのか?」ということを調べてみると面白いことがわかります。

 

調べてみると「え?息子は、地域経済の活性化のために銭湯に行きたい!って言っているんだ!」というのがわかったりするんです。

 

「へ〜!小学校のお子さんがそんなことを考えているんだ〜!」と面白くなってきます。

 

なんども、何度も息子さんがお父さんにしつこく「銭湯に行こうよ!」と繰り返し言っていたのは「お父さんは僕の本当の目的をわかってくれていない!」からだったりするんです。

 

お父さんが、これを受け取って「地域経済の活性化に貢献したいんだね!」と息子さんにフィードバックしてあげると息子さんの「銭湯に行きたい!」のテンションが「ヒュ〜ン⤵」と下がります。

 

わがままだからじゃなくて「わかってもらえない!」から繰り返していた、という面白い現象なんです。

 

私たちの“怒り”もそうなんです。

 

「あいつ、むかつく〜!キッー!」と繰り返し出てくる、という時は「怒りの本当の理由をわかってあげられていないから!」だったりするんです。

 

一度処理されたと思っていた怒りが「また戻ってきた〜!」という時は、その怒りの本質をちゃんと受け止められていないから。

 

「あいつのあの行動にムカついたから怒っていて当然でしょ!」と単純に処理してしまうのは「息子のわがままでしょ!」と判断してしまうお父さんと一緒になります。

 

息子さんが「銭湯に行こうよ!」とこちらが息子さんの深い意図を理解するまで、しつこく繰り返したように、怒りもしつこく繰り返し浮かんできてしまうんです。

 

「なんであいつにムカついたんだ?」と頭で分析して「あ!母親に認めてもらえなかったことが原因なのかな?」とちょっと“あいつ”以外の原因が見つけられちゃうと「ちょっと怒りが散った感じで楽になったかも!」となります。

でも、ちょっと時間が経つと「また、怒りが戻ってきた!」ということになってしまうんです。

 

「怒り発見器!」を使うと、普段、人が意識できない怒りの原因を探ることができちゃったりします。

「え?私って、そんなことで怒っていたの?」とびっくり。思っていたのとは全然違う答えが導き出されてきたりするんです。

 

そして、本当の原因がわかれば「な〜んだ!」という風な具合でスッキリしちゃった!

 

そんなことになったら、面白いな〜!と思っています。

 

怒りから解放されて自由になるって楽しいんです。

 

 

 

 


2017/08/23


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< August 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR