2017/07/27

久々に友人たちに会って「あれ?メンバーの一人が来ていないけど?」ということに気がつきます。

 

「あいつ、どうしたの?」と他の友達に聞くと「ピキーン!」と緊張した空気が張り詰めます。

 

そこで「あ〜!理由を聞いちゃいけないのね!」ということがわかります。

これって、面白いですよね!空気が張り詰める感じを身体で受け取って「あいつが街を出ることになった理由は口止めされている!」というのがわかるんですから。

 

「でも、知りたい!知りたい!なんで引っ越さなきゃいけなかったか理由を知りたい!」と好奇心がものすごく湧きます。

 

そこで、口を閉ざしている友達に「何?借金関係」と呟いても、私の身体はなんの変化も起きません。

 

「え?女性関係か!」と呟いたら、私の背中が急に張り詰めたような感覚になって「あ〜!女性関係なんだ!」ということがわかります。そして、それを裏付けるように、口を閉ざしている友人は落ち着きがなくなります。

 

女性関係の問題で引っ越さなきゃならないって、よっぽどのことをやったんだな!というのがわかって「あ〜!スッキリした!」と。

 

相手が言葉で答えたり、頷いたりしなくても、身体の緊張具合で答えがわかってしまう場合があります。

 

「ちいさなことにイライラしなくなる本」(マガジンハウス)で使われている「怒り発見器!」は、そんなテクニックをゲーム感覚で使えます。

 

電車の中で、ヨレヨレのスーツを着ているおじさんに注目をして「あの人は怒っている?」と手をぶらぶらして自分に問いかけます。でも、指はぶらぶらしたままで反応しません。「その前に座っているおばちゃんは怒っている?」と手を振っても指は反応しないので「あのおばちゃんも怒っていないんだ〜!」となります。そこで、ドアの横に立っているきれい系のお姉さんに注目して「あの女性は怒っている?」と頭の中で呟いて、手を振っていると「指が曲がった!」となります。あのお姉さんが怒っているんだ〜!ということがわかるんです。

 

脳のネットワークって、相手に注目を向けたら「繋がっちゃう!」となります。だから、ドアの横に立っていた、きれい系のお姉さんに注目を向けた時に、脳のネットワークで繋がって「怒っている?」と問いかけた時に、あの、友達に「女性関係?」と質問した時のように「ピキーン!」とした感じになって、それが指に伝わってくるんです。それが面白いんです。

 

真面目にやるよりも、ゲーム感覚で「あの人は怒っている?」と手を振って「当たり!」とやっていた方が簡単にコツがつかめるかもしれません。

「う〜ん?私は指の反応がわからない!」と真面目にやらないで、指の反応がなければ「相手は怒っていない!」としちゃって「より怒っている人を探しちゃお!」と注目を向ける相手を変えていったらいいです。

 

ブッダに言わせりゃ、人間は所詮“虚無”で何もないんだから、本質的には怒りなんかありゃしません。

だから、ものすごく怒っているように見える人に「怒り発見器!」を使って手を振っても「指の反応がない!」と言ったって「私の感度が悪いから!」と思う必要はありません。人間の本質の部分で“虚無”に注目を向けちゃうから「怒っているように見えるけど、怒りなんかない!」というところに当てている、と思ったらいいです。

 

だから、指の反応が無い人ほど「悟りに近い人!」になります。

 

人間全て”無”みたいな感じ。だから、指も一切反応しない!なんて具合です。

 

あ!そういえば、昨日の話に戻らなければ!!

 

女性が「同僚の男性から嫉妬されている!」ということを「怒り発見器!」を使って発見します。

 

でも「その嫉妬に対してどうしたらいいのよ!」となります。

 

そこでも「怒り発見器!」は使えるって書きました。

 

そうなんです「同僚の嫉妬に対して対処方法はある?」と手を振りながら質問をして「あ!指が反応した!」となったら対処方法があるんです。

 

そこで対処方法の候補を出していきます。

 

「怒り発見器!」は指の反応だから YES or NO の回答しかできません。

だから手を振りながら「同僚にガツンと”なめんじゃねえ!”って伝えるの?」というような質問を次から次へと考えていきます。

 

指が反応しなかったら「ガツンと伝えるのは違うんだ!」となります。

 

「謙虚な姿勢で同僚に接する」

 

「無視をする」

 

「相手にしない」

 

「メールでのやり取りのみにする」

 

「きちんと自分の気持ちを相手に伝えてみる」などと手を振っていると、不思議といろんな方法が浮かんできます。これは、手を振ることで言語野とミラーニューロン(相手の脳を真似る細胞)が活性化されるから。「どんどんアイディアが湧いてくる〜!」となります。その点、手を振るだけでも面白いんです。

 

ちなみに、上記の質問には指は全て無反応でしたから「違うんだ!」となるんです。

 

そこで、質問を絞ります。

 

「同僚に対してやること?」と質問しても指は反応しません。

 

そこで「自分一人でやること?」と質問したら「あ!指が曲がった!」となります。

 

自分一人で何かやることで、同僚からの嫉妬を受けなくなるんです(へ〜!)。

 

「頭の中で同僚と会話をして相手との誤解を解く!」(なんのこっちゃ!)

 

「頭の中で同僚に対しての怒りを吐き出す!」

 

「同僚に対しての不満を紙に書き出す!」

 

などの質問にも全て指は反応しなかったので「頭の中でやること?」それとも「具体的に自分自身で何か行動すること?」と質問してみると、自分で行動すること、で反応が出ます。

 

そこで「ジョギングをすれば嫉妬を受けなくなる?」と質問をしたりします。

 

そして、質問を繰り返していって「え?本を読めばいいの?」となります。

 

さらに「特定の本じゃないとダメ!」ということが指の反応でわかります。

 

そして、本のジャンルを絞っていき、やがてたどり着いたのが「孔子って、なんですか?」という話になりました。

 

その女性は孔子(春秋時代の中国の思想家、哲学者)を知りませんでした。

 

「でも、孔子って答えが導き出されたんだ!」とびっくりします。

 

そして、孔子の「論語」を読め!と「怒り発見器!」の指の反応が導いてくれたんです。

 

へ〜!

 

そして、早速、買って読んだら「あの本を読んだら同僚からの嫉妬がなくなりました〜!」となるから不思議〜!

 

その女性を私が見ても「本を読む前と、読んだ後の違いがわかる!」となります。

明らかに、落ち着きと美しさが増していたんです!!

 

なにこれ!「怒り発見器!」って面白い!ってなるんです。

 

アマゾンで「ちいさなことにイライラしなくなる本」(マガジンハウス)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

怒り発見器を気に入って使ってくださってありがとうございます。前にもちらっと書きましたが“心に聞く”は「支配されちゃう人たち」【青山ライフ】に書いてある三種類の人たちの「自分と同じ種類の人だけと繋がる!」となります。ブッダと同じ”虚無”の人だったら「ブッダと同じ属性の人みんなの知恵を借りちゃう!」というのが”心よ!”になります。”心”に聞いていくと、自分が本来求めている真実の道へと進んでいきます。怒り発見器!はすべての人とつながって!となっています。「甘いも酸いも」という感じですべてをつなげてしまったら、プラスマイナスゼロ、となります。言ってみればこの世の法則に準拠した答えを引き出してくれるんです。ですから“心”に聞くと、約束を「勘違いしているから」というのは「怒りで相手に執着させられないように!」という配慮があります。怒り発見器の場合は、担当者が「忘れている」と出たら「正の怒りで相手との信頼関係をしっかりと構築しなきゃ!ポキポキ!」となるんです。私のイメージではそんな感じです。だから答えを比べちゃうと混乱してしまいます。同じようで二つとも最終目的が違うんです。いつもありがとうございます。

 

アマゾンの「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法(すばる舎)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

会社が大変な状況を赤裸々に書いてくださってありがとうございます。あのお金持ちの呪文はいい子です!私もあれを唱えちゃうと不安が消えていっちゃうんです。あの呪文だけでも大丈夫じゃないか?と思うぐらい落ち着くから不思議です。謙虚な姿勢で優れた仕事をしていると“嫉妬”をされて「あれ?」という状態になってしまうことがあるんですよね。この嫉妬の壁を越えるといいんですよね!

呪文は「お客さんのハートをわしづかみ!」かな。読んでくださってありがとうございます。

 

ちょうどいいバランスの本、と書いてくださってありがとうございます。これまでの本を読んでくださってありがとうございます。最近「なぜ人は変化を恐れるのか?」ということがわかってきたような気がするんです。それは、嫉妬を恐れるから。自分が低くなっていた方が「嫉妬されない!」という勘違いをしちゃっているんですよね。低くすればするほど、嫉妬の攻撃が激しくなるのに、学習性無力症状態になっているからそれに気が付かないんです。だから、逆に嫉妬の「ビビビ!」の電気が流れて来ない方が「コワい!」となってしまう。私も「あれ?呪文なんだっけ?」と忘れてしまうのがあります。その呪文って「自分を大きく変えちゃう可能性があるから忘れてしまうのかも?」と思うんです。嫉妬を恐れて。でも、逆なんだよな!と最近は自分に言い聞かせています。嫉妬を越えた方が自由になれるんですよね。楽しみです。

 

スピノザさんは「深い!」です。「どんだけ〜!」

 

今日のおまけの遺伝子は〜!「孤独感!」です。

「何だかさびしいな〜!」とか「人に話をしたいな〜!」なんてことになったら「OXTR(オーエックスティーアール)の還元」と唱えてみます。「何だかソワソワして落ち着かない!」というときも孤独感を感じている可能性があるので、これを唱えてみましょう。すると「あれ?落ち着いて冷静に考えられるかも!」となるから面白いです。ちなみに「孤独感で食べ過ぎちゃう!」とか「食べるのが止められない!」という場合は「IL6(アイエルシックス)の還元」×7になります。

 

いつもありがとうございます。

 

いつも応援してくださってありがとうございます。

 

大嶋 信頼お礼


2017/12/16


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR