2017/07/25

ある男性が「人前で緊張する〜!」ということでカウンセリングに来てくださっていて「あ!ちょっと人前でも楽になりました〜!」とおっしゃってくださいました。

 

でも、しばらくしたら「少人数だったら大丈夫なのですが、大勢の人がいる会議の場だと、心臓がどきどきいってしまうんです!」と困っていらっしゃった。

 

まあ、普通のカウンセラーだったら「人前で恥をかいちゃうかも!」というのが怖くてどきどきしちゃうのかも?という症状を想像します。

 

それか「人がたくさんいて空気が薄い〜!苦しい〜!」ってな具合でドキドキしちゃうなんていうのもあります。

 

「人前で完璧に話さなきゃ!」というのでもどきどきしますが、それは”恥”と関連しているかもしれないし、なんてことをたくさん考えてみます。

 

普通のカウンセリングだった、そのドキドキして苦しくなってしまった場面のことを繰り返しお話ししていただき、感情や症状を繰り返し出していくことで「あ!少し不快感に慣れて来たかも〜!」という方法があります。

 

または「なんで私は、ドキドキするのが怖いんだろう?」ということから「失敗したら“この世の終わり”みたいに考えているから」なんてことが出て来て「なるほど!そんな風に思っていたから、人前に出るのが怖かったんだ!」と納得します。そして「失敗したら、何度でも修正できるじゃない!」という考え方に変えてみると「あ!楽になった!」という具合になるんです。

 

そんな治療法も面白いのですが、今は「遺伝子コードを唱えてみましょう!」ということをやってみます。

 

たくさん人がいる会議の場面を思い浮かべてください!とお願いします。

すると「どきどきする〜!」となります。

 

そこで“人前での恥が怖くなる〜!”という遺伝子コードで「OPRK1(オパークワン)の還元」を7回唱えていただいて「もう一度会議の場面」を想像してもらいます。

 

「まだ、ドキドキする〜!」となりますので、念のため他の”恥”に関連する「HTRA2(えいちてぃーあーるえーつー)の還元」とか「SNCA(エスエヌシーエー)の還元」なども試していただきます。

 

でも「まだドキドキする〜!」となるから「恥はあまり関係ないのかも!」となります。

 

そこで「閉所恐怖症〜!」に関連する遺伝子を試してみて「これもドキドキする〜!」だったので「これも却下!」でした。

 

「完璧にやらなきゃ!」という完璧主義の遺伝子とか、トラウマなんかも試してみて「やっぱりドキドキします!」とことごとく撃沈されてしまいます。

 

あ!もしかしたら「男性の更年期?」と思って「LHCGR(えるえいちしーじーあーる)の還元」とか「GNRH1(じーえぬあーるえいちわん)の還元」を唱えていただいたら「あ!ドキドキがなくなった!」ということになります。

 

え〜?うそ〜!そんなの聞いてないよ〜!

 

要するに、会議の場にはおじさんしかいなくて、その男性は、大勢のおじさんたちが集まって、そのおじさん臭が漂う中に入ると「ドキドキする〜!」となっていたのは、おじさん臭によって、性腺刺激ホルモン(男性ホルモンなんかを分泌するためのホルモン)が不安定になり「おりゃ〜!」と心拍数が上がってしまったためって考えられちゃいます。

 

おじさん臭が薄ければホルモンは刺激されないんですけど、密閉された会議の場では、イライラしているおじさんたちは、オスのホルモン(テストステロン)がバリバリに出ちゃっているから、その臭いに刺激されて「ホルモンの分泌が不安定になった〜!」という現象で「ドキドキする!」なんてことが起こっていた、と考えられちゃうんです。

 

びっくり!

 

こんな風に、探していくと興味深いのですが、結構途中は焦ります。

「なんなの〜?この原因は〜!」ってな具合で。

私の心臓がどきどきしちゃいます。

 

「ちいさなことにイライラしなくなる本」(マガジンハウス)の中に書いてある「怒り発見器!」を使って、手をブラブラすると、こんな面倒な手順を踏まなくても簡単に原因がわかっちゃって、その対処方法まで、探ることができるようになるんです。

 

(つづく)

 

アマゾンで「小さなことで感情をゆさぶられるあなたへ」(PHP研究所)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

セラピストや経営者、管理職の人にもためになる、と書いてくださってありがとうございます。鋭い!そうなんです。このカウンセリングの仕事をやっていて、一番大切なのは、苦しくなったときに「この苦しみは自分のじゃないのかも!」と疑って、そこから抜け出すことだったりするんです。それを何度も繰り返していると「あー!すべての苦しみや辛さは幻想かも!」って思えてくるんです。だから、スケジュールを目いっぱい詰めて、様々な苦しみをクライアントさんと一緒に体験する必要があったりするんです。この本を書いていて「本当に苦しみは自分のじゃない!」と改めて気が付けて、さらに自由になれた気がするんです。なんだかとっても嬉しいです。いつも応援してくださってありがとうございます。お金持ちの本は書いてみたいです!!楽しみ!

 

お酒がを飲みたい気持ちが消えた!って書いてくださってとっても嬉しかったです。不安感って、意外と周囲から入れられているんですよね。VRのゴーグル(眼鏡をかけると仮想現実の世界が広がる優れものです)の例はものすごくわかりやすいですね〜!外したら本当に凪が広がっているんですよね!うれしいです!!広がってくれて、この世が変わったら、と思ってくださって、本当にうれしいです。変わっていきますよ〜!楽しみです!!

 

アマゾンで「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法(すばる舎)にもレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

豊かさの享受って書いてくださってありがとうございます。お金持ちの呪文の考察が鋭いですね!!そうなんです、お金持ちの脳のネットワークを使って、というところが多分ポイントとしては重要なんだろうな、ということに気が付かされました。すごいです!

後、呪文が効かない!と万能感の発作にとらわれてしまっている時の対処方法は秀逸です。目からうろこです。私もぜひ、試してみたいと思いました。ありがとうございます。

 

アマゾンで「ちいさなことにイライラしなくなる本」(マガジンハウス)のレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

『怒り発見器!』スゲー!って書いてくださってありがとうございます。施設で働いて、自分の怒りが利用者さんから受け取っちゃっていた怒りだった、と分かったのは凄いです。やりますね!この怒り発見器の面白い使い方を私はたくさん紹介したいです。確かに、コミュニケーションが取れない方と一緒にこれを使うと本当に興味深いんです。ありがとうございます。

 

アマゾンで「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法(すばる舎)にもレビューを書いてくださってありがとうございます。

 

バレエ大好きさん、ありがとうございます。

心に「うまく聞けない!」というときは、意識的になっている可能性があります。その場合は「心よ!誰が邪魔しているの?」と浮かんだのを一人一人「心よ!〇〇さんの邪魔を排除して!」とお願いしながらやっていきます。「もう邪魔は無い!」というところまでやってみます。後、心の声、て言っていますが、自分の自答自問と変わりありません。「何を食べようかな?」と考えた時に「パッタイ!」なんて浮かぶのと同じになります(パッタイはタイの料理です。そんなの浮かばんか!)。もちろん一匹狼の遺伝子がオンになっている可能性もあるので、その場合は「APOEの還元」か「MAPTの還元」もしくは「TRPV1の還元」になります。もしかしたら「OPRM1(オパームワン)の還元」かいいのかも!試していただければ幸いです。

 

いつも応援してくださってありがとうございます。

 

感謝!!

 

嫉妬を推進力にしてどんどん自由になっていく〜!という「TPH1の還元」は結構いいかも!

 

大嶋 信頼お礼

 

 


2017/12/16


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR