2017/05/08

連休中は、サーフィンだけしかやりませんでした〜!あはは〜!

 

「次の原稿の用意をしなければ!」と思っていたのですが、サーフィンをして「気持ちがいい〜!」と帰ってきたら、すぐに寝てしまって「あれ〜!また、朝になってる!」という繰り返し。

 

朝になって、サーフィンに行かなきゃ!と半分以上、修行の気分。

 

そんなことを続けていたら、今度は「筋肉痛で夜中に起きちゃう!」という状態になってしまいました(何をやっているのかな?もう!)。

 

全身が痛くなって「イタタタ!」と目が覚めて、そして、痛くてしばらく眠れなくて、うとうとして、そして朝になったら「あれ?そんなに痛くないかも?」と思って、また海に繰り出す、ということをやっていました。

 

でも、楽しかったんです。

こんなの久しぶりでした。

 

休みから明けてみたら早速「心って間違えるんですか?」という質問がありました。

 

ストレートな答えですと「間違いは人の言葉によって作られるもの」です(とんちみたいな答えですね)。

 

消えてしまったブログの最後に「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。」という有名な言葉を載せてありました。

 

キリスト教の聖書の中では、この世界のもの全てが言(ことば)で作られています。

 

「光あれ!と言ったら、光と闇とが分けられた」というところから初まります。

 

言葉はなんでも作り出すことができちゃうんです。

 

その言葉で“間違い”や“罪”そして“症状”をお創りになるのが“神”なんですね〜!

 

だから人は誰でも、神を演じられちゃうんです(これも謎かけみたいですね)。

 

先日、ものすごいことを体験しました。

 

学校で嫌な目にあって、学校に行けなくなった、という方がお母様といらっしゃいました。

 

その嫌な目にあった心の傷を治療して「嫌なことは思い出さなくなりました!」と仰っていただいたのに、その方は私の目や顔を見て話をしてくださいません(そんなに私はひどい顔なの〜!)。

 

私がそこに注目を向けたらお母様は嬉しそうでした。

「そうなんです!この子には対人恐怖の症状があるんです!」と言いたげな表情。

 

普通の専門家だったら「人が怖いんですね?」と質問しちゃうでしょうね〜!

そんな質問をしたら「この人はわかってない!」とその方は判断しちゃって「はい」と答えてそこから症状が変わらなくなってしまいます。

 

そこで”心”を通してその方に質問をします。

 

「どうして人の目を見るのを避けるのですか?」と(“怖いんですか?”では治療者側の勝手な決めつけになっちゃうから)。

 

すると、その方は「自分が相手の目を見て相手から嫌われてしまうのが不安だから」とおっしゃいます。

 

ここで治療者の「人が怖いから人の目を見ることができない」という仮説が一気に打ち崩されます(ガラガラガラ〜!)。

 

「自分が相手を見て相手から嫌われちゃう」というのは”自己視線恐怖症”という症状になります。

 

でも、”自己視線恐怖症”というのも治療者の勝手な決めつけになりがちなので、さらに“心”に聞きながら、遺伝子のコードを使って「その“嫌われてしまう”って何?」というのを探っていきます。

 

遺伝子のコードで「人の目を見ると発作を起こして頭が真っ白になって固まっちゃう!」というCASKというのがあります。

 

それを唱えていただいたら、確かに私の目を見ることができるようになったのですが、今度は目を見たまま、視線を逸らすことができなくなってしまいました。

 

私は、この時、私の頭の中で「ビビビ!」の発作が起きるのを感じて、学生の頃に「お前!ガン飛ばしてんじゃねえぞ!」と不良連中に絡まれた場面のことが思い出されました。

 

不良連中って、発作の持病持ちで、相手の目を見ちゃうと発作を起こして「おりゃ〜!」ってキレてしまいます。本人たちは、発作を起こして怒るので、怒った場面の記憶が発作によってスッポリ抜けちゃうから「キレてなーい!」となります(これが面白い!)。

 

一見、自信がなさそうにビクビクしているような子に見えるのですが、その眼力はすごかったんです。

 

確かに、この眼力で相手のことを見ちゃったら「喧嘩売ってんのか〜!」となっちゃってトラブルになるから見られなかったのね!ということがやっとここで理解できるんです。

 

不良少年と同じような脳内の発作の遺伝子コードを唱えてもらったら「あれ?目を見ても大丈夫になった!」となるから面白いんです。

 

私の目を見てもらっても、凝視することがなくちゃんと視線を合わせて、そして逸らして、また合わせてということが自然とできるようになり、視線が合っても私の脳内で発作が起きなくなります。

 

もし、初めに「この子は対人恐怖があるんだ!」と決めつけてしまったら“対人恐怖症”という症状を勝手に私が創ってしまうことになります。

 

“自己視線恐怖症”という言葉にしても同じです。

 

「わからない!」が一番面白くて、自分が言を使って神を演じなければ「全て時にかなって“美しい”」ということがクリアに見えてくるんです(“美しい”は有名な本の伝道者の書3章11節からです)。

 

“心に聞く”をやって見ると、他の人とはちょっと違った美しい世界が見えるんです。

 

それがものすごく楽しい。

 

やめられない!止まらない!

 

あはは〜!

 

 

 

 

 

 

 


2017/07/24


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR