2017/03/17

ある方は「友達の会話の中に入っていけない」ということで悩んでいらっしゃいました。

 

そこにいるんだけど、自分だけ会話の中に入っていけないんです。

みんなは楽しそうに話しているのだけど、自分だけ取り残されてしまって、ただ愛想笑いをしているだけでものすごく惨めで寂しい気持ちになってしまいます(うん!うん!わかる!それ!)。

 

これまでコミュニケーションのセミナーとかアサーティブトレーニング(アサーティブって積極性のこと)なども受けてきたのですが、その時は「ちょっといいかも!」と思えるのですが、また、友達の中にいるとどうしても元に戻ってしまいます。

 

いろんなテクニックとか勉強してみたけど、難しいから身につかないしすぐに忘れちゃって素の自分に戻っちゃうんです。

 

だったら、ただ、頭の中で「見て!」、「聞いて!」そして「感じて!」を友達と会話する中で唱えてみましょう!ということになります。

 

「え?そんなこと頭の中で唱えていたら余計に会話の中に入っていけません?」と呆気にとられていらっしゃいました。

 

だったら、ここで試してみましょう!と私が日常生活のことを話している間に、その方には「見て!」1.2.3.4「聞いて!」1.2.3.4そして「感じて!」1.2.3.4と頭の中でやってもらうことにしました(お師匠さんのところの催眠セミナーのロールプレーを思い出しますね〜!お師匠さんはこんな方法は使いませんでしたけどね!)。

 

わたしは「いや〜!最近、料理に凝っていてさ!サラダなんか作るのに結構時間かけたりするんだよね!」と突然友達に話すように話し始めました。

ちょっとその方はびっくりしたみたいですけど、私の目を見ていたから「見て!」1.2.3.4をやっていたのだと思います。

 

「サラダってさ〜!結構シンプルだけど奥が深いんだよね!」かける油によって全然味が違うし、塩加減によっても全く美味しさが違ってきちゃうんだよね!

 

「でも、一番好きなのはシンプルにシャキッとしたレタスにオリーブオイルと岩塩だったりするの!」といったときに、私の頭の中で急にブレーキがかかるのがわかります。

 

「え?何が起きているの?」と普段の自分を演じている自分でもちょっとびっくりします。

 

あんなにテンション高く話していたのに、突然、そのテンションがスロ〜!になっていく様が自分でもわかるんです。

 

相手の方はただ笑顔で聞いているだけ、でも「聞いて!」1.2.3.4をやっているんでしょう。

 

「お!余計なことが言えなくなってきたぞ!」とちょっと自分の中でも焦ります。

 

でも、もうちょっと抵抗しなきゃ面白くないよね!と思って「やっぱり、サラダって、新鮮な方が美味しいですよね」と続けます。

 

「最近では、わざわざ道の駅まで朝一番でドライブしてサラダの野菜を買いに行くんです」。

 

「サラダの野菜を買いに行くだけでドライブなんて、無駄じゃん!って思われそうだけど、その道中も結構楽しくて、そして到着した時に新鮮な野菜を選ぶのがものすごく楽しいんです!」と語りながら、その道中のイメージ、そして、野菜を手に取っている場面などが頭に浮かんできてしまっていて「これって催眠状態じゃん!」とびっくりします。

 

「なに!この私がこの方に催眠に入れられちゃった!」とちょっと悔しくなります。

それも、自分でくだらない話をしているだけのつもりだったのが、どんどん、私の中から不安や抵抗がなくなっていきます。

 

「裁かれていない、この自由」を感じながら「これが無意識さんの世界!」という柔らかい感覚を感じつつ私は話を続けていきます。

 

そして、話を続ければ続けるほど、私は自由でいる喜びを感じていったんです。

 

そして、私はその方に「すごいです!」としか言えませんでした。

 

その方は「え?何を感じられたんですか?」聞かれたので、私の頭に浮かんだ情景とか、どんどん話をする抵抗や不安が取り去られていった過程などをお話ししていると「え〜!私もおんなじ風景を見ていました〜!」とおっしゃっていただき更にびっくり。

 

最初は「私のために一生懸命に話してくださっている、と思っていたのですが、途中から、私と一緒に自由になっていっているんだ〜!」ということが感じられたんです!

 

ただ「見て!」、「聞いて!」そして「感じて!」を頭の中で繰り返していただけなのに。

 

「話の内容なんて一生懸命に聞く必要がないんですね!」と爽やかな顔をしてその方は帰って行かれました(聞いていなかったんか~い!あはは〜!)。

 

そうなんです、話なんていうのはただの道具にしか過ぎなくて、一番大切なのは無意識さんでつながり合うことなんですね!と私も爽やかな気持ちで家に帰ることができたんです。

 

美味しいサラダを楽しみにしながら。

 

 

 

 


2017/03/23


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR