2017/03/09

ある方が「片付けをやらなくっちゃ!」と思って部屋を見回した時に「発作!」が起きます(怠惰で発作〜!ビビビ!)。

 

「やらなくっちゃ!」のキーワードですぐに発作が起きて「頭が働かない!」となるのは、「やるぞ〜!」って気合を入れてくれる脳の前の方から「お前ってだらしがないな〜!」と自分にダメ出しをする脳の横の部位に血流が過多になっちゃうから。

 

脳の前の方に血流が低くなってダメ出しをしちゃうから「集中できない!」となって、発作が引き起こす催眠状態で落ちている雑誌をだらだらと読んじゃいます(あれ〜!)。

そして、あっという間に時間が過ぎていきます。

 

そこで〜!無意識さん発動〜!

 

方法は簡単!

 

「ちゃんと片付けなきゃ〜!」と思ったら。

 

ただ、自分の頭の中で「見て!」そして「聞いて!」さらに「感じて!」と唱えるだけでいいんです!(ひゃ〜!)

 

「見て!」そして「聞いて!」さらに「感じて!」とちょっと間隔をあけながら唱えていきます。

 

言葉の間隔のタイミングは4拍子。

 

ほら!「見て!」1.2.3.4そして「聞いて!」1.2.3.4さらに「感じて!」1.2.3.4と唱えてみます。

 

これを繰り返していると「あれもやらなければ」とか「これもやらなければ」と頭の中にバーッと浮かんでいた思考が晴れていき「何も考えられない!」という状態になり、やがて「お!捨ててる!捨ててる!」とごみを捨て始めます。

 

それまで捨てることができなかった雑誌などをまとめて、捨てるために積み上げて縛っているじゃないですか!(ヒエ〜!)

 

何も考えないで行動は進んでいきます。

 

捨てるためにどかした雑誌が置いてあった場所に埃が溜まっているのが気になったのか、いらないタオルを雑巾にして畳んで濡らして、絞って、そして、床や棚を拭き始めます。

 

何も考えないで、灰色になった雑巾をまた洗って、絞って、そしてモニターの上とか部屋の隅とか細かい部分も拭いていると、どんどん自分の心が洗われるような感じになっていきます。

 

今度は、着ていない洋服やしばらく使っていないものをどんどんゴミ袋に入れて捨てる準備を始めます。

それまでは「これは燃えるごみ?燃えないごみ?」なんてゴミの仕分けを考えるのが面倒だったのです(地域によってはこれが無いところもありますね)。

それが、考えないで二つの袋に自動的に仕分けをしていきます。

 

無意識さんって手際が良い〜!

 

スッキリしたクローゼットがそこにあり、引き出しも無駄なものが無くなって、すっきりしたところをまた干してあった雑巾を持ち出して拭き始めます。

 

捨てるために詰めたゴミ袋が玄関にいくつもあって「スッキリした!」となります。

 

 

「片付けなきゃ!」とか「捨てなきゃ!」と考えていてもちっともできなかったのが、

 

「見て!」そして「聞いて!」さらに「感じて!」と唱えて”無意識さん発動〜!ってしてみると考えないで自動的にできちゃうんです!

 

「見て!」そして「聞いて!」さらに「感じて!」と唱えることで、脳に運動したときのように、まんべんなく血流を流しちゃって〜!私を動かさなくさせてしまう”発作”を起こさせな〜い!

発作が起きている状態が”催眠状態”で「怠惰な動物園のサルにな〜る!」の暗示でずっと他人のノミを探してるような感じになってしまいます(動物園のおサルさん!ごめんなさい!)。

 

「見て!」そして「聞いて!」さらに「感じて!」と唱えるとその催眠が解かれて本来の私の姿に戻ります。

 

それが「無意識さ〜ん!」状態!なんです。

 

え〜?本来の自分に戻るだけだったら魅力が無いじゃん!と思うでしょ!

 

でも、本来の自分は本当は凄いんです。

 

有名な本に「神は自分のかたちに人を創造された」とあります。

 

催眠から解かれて”無意識さん”である本来の姿に戻ったら”人”って「すげ〜!」んです。

 

ここで鋭い人だったら気が付くでしょう。

「だったら、”万能感”ってなんなの?」って。

 

(つづく)

 


2017/03/23


著書のご紹介

新着記事

カレンダー

<< March 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

アーカイブ

プロフィール

検索

mobile

qrcode

others

PR